>  >  > 移動平均線でハイローオーストラリアは攻略できるか?
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

移動平均線でハイローオーストラリアは攻略できるか?

移動平均線とは

テクニカル分析の中でもローソク足と並びトレンド系指標の最たるものとして多くのトレーダーが利用している移動平均線。この指標は一定期間の相場の終値平均を割り出してグラフ化したものです。

移動平均線を発明したのは米国のチャート分析家である「J・E・グランビル」という人。移動平均額を株価動向の基調測定に導入したことが始まりです。日本には昭和30年代後半に伝わり、現在では相場の方向感をつかむ最も基本的なトレンド系指標として広く知れ渡っています。

移動平均線のシグナル

今回はこの移動平均線を使い、ハイローオーストラリアで取引を行ってみました。まずは移動平均線の基本的な見方を紹介します。

移動平均線の説明

移動平均線の基本的な見方は2本の線がどのようにクロスしているかを見るものです。短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ突き抜けたら「ゴールデンクロス(買いシグナル)」で短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へ突き抜けたら「デッドクロス(売りシグナル)」となります。

また移動平均線はその向きによっても相場がどちらの方向に動いているのかで上昇トレンドか下降トレンドか判断することが可能です。単純に短期移動平均線が上を向いていたら上昇相場、逆に下を向いていたら下降相場ということ。

ちなみに長期と短期の移動平均線が同じ方向を向いていたらトレンドが発生する確率が高いということがいえます。ただ移動平均線のクロスは「ダマシ」が発生しやすいことでも有名ですので注意が必要です。移動平均線のシグナルと注意したいダマシを以下にまとめておくので参考にしてください。

買いシグナル
・ゴールデンクロスが発生
・2本のラインが上を向いている

売りシグナル
・デッドクロスが発生
・2本のラインが下を向いている

クロスのダマシ
・長期の移動平均線がシグナルと逆
・クロスの時に傾きがない

移動平均線だけで攻略は難しい

今回取引を行った感想としては移動平均線にはやはり「ダマシ」が多いということ。今回は移動平均線以外を使わなかったので2勝1敗1分けと微妙な結果となってしまいました。

EURUSDで負けてしまった

1-1

まず最初に取引を行ったのはEURUSD。移動平均線を見れば「デッドクロス」が発生しており、「2本の移動平均線は下を向いて」います。これは下落する可能性が高いのではないでしょうか。

1-2

早速ハイローオーストラリアの取引画面に行き、「LOW」に10,000円のポジションを持って様子を見てみることに。

1-3

予想は外れてしまい、結果は10,000円の損失となってしまいました。今回は直前に大きく相場が下がったせいで上昇しようとしていたのかもしれませんね。

NZDUSDで勝った

2-1

まずは分析チャートを見てみましょう。そこには小さくではありますが「ゴールデンクロス」が発生しており、これまた小さくではありますが「2本の移動平均線は上を向いて」います。今回は一時的な上昇が発生するかもしれないと思い、急いで取引画面に移ることに。

2-2

今後上昇するかどうかはわかりませんが、「HIGH」に10,000円のポジションを取ってみます。そのままチャートの観察を行いましょう。

2-3

先ほど管理人が分析チャートを見て思ったのは「一時的な小さな上昇」だったのですが、いい意味で予想は外れました。取引が開始された直後は一瞬下落したもののその後上昇を続けて取引は終了。今回は18,000円の払戻しを受け取ることができました。

AUDUSDで引き分け

3-1

3回目はAUDUSDで取引を行いましょう。短期の移動平均線が長期の移動平均線に上から下へと突き抜けようとしています。しかも相場は未だに下落を続けている途中で下のですぐに取引画面へ。

3-2

「LOW」にポジションを取ろうとした直後にレートが下落していっています。なるべく早くにチケットを購入して上昇する前に取引を開始です。

3-3

結果は引き分けでした。最初は開始レート付近で相場は動かなかったのですが途中で上昇。その後は再び下落を続けたので安心して見ていました。しかし最後にレートが大きく上昇してきてしまい開始レートに届き引き分けという結果に。今回は投資金額ぶんが返ってきました。

GBPJPYでギリギリ勝った

4-1

最後はGBPJPYで「デッドクロス」が発生しているのを発見。あまり傾きはないようにも見えますが、上昇はしていないので下落すると判断しました。

4-2

ハイローオーストラリアの取引画面に向かい、「LOW」に10,000円のポジションを取ります。このままどうなったのか、チャートの観察をしてみましょう。

4-3

結果はギリギリ勝つことに成功。既に底値圏へきていたようで、上昇と下落を繰り返していました。しかし最後に再び小さく下落したところで取引時間は終了。18,000円の払戻しを受け取ることができました。

今回は2勝1敗1分けとギリギリの成績でしたが、ハイローオーストラリアのペイアウト率が高かったおかげで6,000円の利益を出すことができました。ハイローオーストラリアのペイアウト率を知りたいという方は以下のリンクを参考にしてください。
ハイローオーストラリアのペイアウト率がUPしています!

さまざまな使い方ができる移動平均線

今回紹介した移動平均線は「単純移動平均線」と呼ばれるもので初心者にも使いやすいのでオススメ。他にも移動平均線にはさまざまな使い方があるのでここでは簡単に説明します。

グランビルの法則
移動平均線と株価の乖離(かいり)の仕方や方向性を見ることで株価の先行きを判断するもの。これは移動平均線の発案者「J・E・グランビル」が移動平均線の使い方として発案したものです。
乖離(かいり)とは→そむく、離れること

高安移動平均線
この指標は終値ではなく、一定期間の高値と安値の移動平均をそのままチャートとして描画したもの。高値と安値の基準を視覚的に掴むことが可能になるのでレンジ相場かどうかの判断がしやすくなります。この線を抜いたときは強い買い(売り)サインとなります。

指数平滑移動平均線
この指標は単純移動平均線よりも直近の値動きをみるため、相場の動きに早く反応するという特徴があり、トレンドの転換を早めに把握することも可能。ダマシが少なく、MACDの基となっている指標です。

移動平均線はさまざまな使い方が可能。まずは今回紹介した「単純移動平均線」を上手く使いこなせるようにしてみましょう。今回利用したハイローオーストラリアには登録不要でデモ取引ができるのでぜひ試してみてください。

このページで紹介した業者

  • 最短30秒!2倍固定のリターン率で取引可能!
  • 銀行振込でも最短翌営業日に出金できるから安心!
  • ライセンス所持&賠償責任保険に加入だから安全性が高い!
  • 出金条件なしの5000円キャッシュバックあり!
  • クイック入金があるから24時間いつでも入金できる!

もっと詳しい情報を見る

無料登録はコチラ

ハイローオーストラリアの攻略法

ハイローオーストラリアの利用方法

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2017/08/21

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

オプションビット

オプションビット

サイトの特徴

オプションビットは独自のシグナルツールの「アルゴビット」が使える業者です。シンプルな操作方法で、しかも予想的中率も高いという便利な取引ツール。1日出金も可能という信頼性の高い業者でもあります。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
約1.75~5.50倍
評価された数
793件
口コミ件数
87件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
700件
口コミ件数
239件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
387件
口コミ件数
126件

高評価の理由を見る

登録はコチラ