>  > ビットコインとは?リスクやメリットについて知ろう!
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

ビットコインとは?リスクやメリットについて知ろう!

ビットコイン_リスクとメリット

投資をしている人にとって今興味があるものと言えばビットコインではないでしょうか。ビットコインは仮想通貨の代表格とも言われています。

現在ビットコインは金を凌ぐ新たな投資対象として注目が集まっているのですが、ここではビットコインとは何か、リスクやメリットがどのようなものかを紹介していきたいと思います。

ビットコインって何?

ビットコイン_リスクとメリット

ビットコインを分かりやすく説明すると、インターネット上に存在する電子的な通貨です。通常のお金のように紙幣や貨幣など物としての形が存在しないため「仮想通貨」「デジタル通貨」と呼ばれることもあります。

ビットコインはインターネットでの買い物はもちろん、普段の買い物でもビットコインが使用可能な機器があれば普通のお金と同様に支払いに利用可能。最近ではビックカメラでビットコイン支払いが導入されましたね。

これだけ聞くと電子マネーと同じものだと思うかもしれませんが、ビットコインと電子マネーには大きな違いがあるのです。

まず電子マネーには発行元や管理先が存在するがビットコインには存在しないという点。例えば楽天Edyは楽天Edy株式会社が管理する電子マネーですがビットコインには管理先などがありません。

そしてビットコインは換金できるという点。多くの電子マネーでは一度チャージした場合、返金や換金することはできませんがビットコインは日本円で買い、その後日本円に換金できるという特徴を持っているのです。

ビットコインの特徴

ビットコイン_リスクとメリット

ビットコインの大きな特徴として挙げられるのが「発行元・管理元が存在せず、特定の国家や銀行に依存しない」という点と「発行量の上限が決まっている」という2点でしょう。

まず発行元・管理元が存在せず、特定の国家や銀行に依存しないという点は先ほども話題になったので気になっているという方もいるかもしれません。

通常のUSDやJPYと言った通貨では国家や銀行が発行元となり、その管理下で通貨を流通させています。しかしビットコインには円やドルと言った通貨と違って発行体と言えるものがなく、あらゆる政府・金融機関・企業などから独立しているのです。

特定の国家や銀行に依存しない通貨なので、世界的な経済危機などの有事の際にリスクヘッジになる投資先として注目されており、実際に2013年に起こったキプロスショックではビットコインの需要が高まり1ビットコイン5,000円以上に値上がりしました。

キプロスショックとは
2013年のユーロ圏によるキプロスへの金融支援において、支援の条件としてキプロスの全預金に最大9.9%の課税を導入することをキプロス政府とユーロ圏側が合意したことに始まる金融危機のこと。

発行元、管理元がいなくてどうやって発行や管理がなされているのかと思いますが、ビットコインではその仕組みが画期的で今までの貨幣にない発行、管理方法がなされています。

そしてビットコインのもう一つの特徴が発行量の上限が決まっているという点。ビットコインは発行できる上限が約2100万ビットコインまでとシステムで決められています。

そのため他の貨幣のように大量に発行されてインフレを引き起こすということがありません。ビットコインが流通すればするほど他の通貨と比較して価値を高めることが出来るという点も投資対象として注目が集まっている要因です。

ビットコインの購入方法

ビットコイン_リスクとメリット

ビットコインを購入するには現在取引所を利用して購入するのが最も一般的な方法となっています。取引所に登録して、取引所に入金を行ってからビットコインを購入します。

取引所によっては公共料金をビットコインで支払ったりできる所もあり、それぞれの取引所で様々な特徴があるので取引所に登録する際は取引所の特徴をチェックしておくと良いでしょう。

現在日本語対応しているビットコインの取引所は大手で12社ほどあります。日本で最も人気のある取引所はbitflyerという取引所です。

bitflyerはビックカメラでのビットコイン決済でも導入されているのでビットコインで買い物をするという方はこの取引所が良いかもしれませんね。

ビットコインの仕組みについて

ビットコイン_リスクとメリット

ビットコインがなぜここまで注目を集めているのか。その理由の一つが画期的なシステムの仕組みです。

特定の国家や銀行に依存しない通貨と言うことは、国家や銀行が通貨としての価値を保証していません。そのためなぜ通貨としての価値を持つのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、簡単に言うとビットコインが稼働しているシステムが信用されているからです。

ビットコインが稼働しているシステムは「取引履歴が全てどこかに記録として残っている」「取引履歴が誰にも改ざんすることが出来ない」「不正が発生しないように通貨が発行される」という機能の実現を多くの技術者が研究して生まれたシステムです。

上記を実現するためにビットコインが採用しているのが「ブロックチェーン技術」「プルーフオブワークシステム」「マイニング」という仕組み。以下ではこの3つの仕組みは簡単に説明していきたいと思います。

ブロックチェーン技術

ビットコイン_リスクとメリット

ブロックチェーンはブロックと呼ばれるデートの単位を一定時間ごとに生成して鎖のように連結していくことによりデータを保管するデータベースのことです。

ビットコインでは2009年に誕生してから全ての取引が記録されています。ブロックとは一定期間内の取引の塊を指し、台帳の1ページのようなものでチェーンはブロックが1つ1つ繋がっていることを表します。

例えば銀行の台帳は銀行と預金者しか使えませんが、ブロックチェーンではネットワーク参加者全員が使うことが出来るので誰かが不正をしていないかと言うのをみんなで監視できるのです。

そしてネットワークに参加している誰かのコンピュータが壊れても別のコンピュータが記録を持っているので記録が消滅することがありません。

このブロックチェーンと呼ばれる分散管理台帳技術が実質的に「改ざんもされず、消滅もしない」ということでビットコインへの信頼につながっています。

プルーフオブワークシステムとマイニング

ビットコイン_リスクとメリット

プルーフオブワークシステムと言うのは取引を記録する際に莫大な計算処理をしなければならないシステムのことで、上記のブロックチェーン技術と合わせてビットコインが改ざんされないように考え出されたシステムです。

ビットコインではP2P方式と言う分散システムの中で、各PCが多大な計算量を要する問題を出題しています。その問題の答えを「ブロック」という取引記録が書かれているデータの塊と一緒に保存しているのです。

こうすることで 取引記録を改ざんしようとした場合、莫大な計算をしなければならなくなってしまうため理論上改ざんできなくなるという仕組みが出来上がっています。

さらにこのプルーフオブワークシステムは各PCがビットコインを発行するための試験問題というような役割にもなっており、自分のPCでビットコインを発行したい場合はこのシステムで出される問題を他のどのPCよりも早く解く必要があります。

一番早くに問題を時、演算結果を提出したものがビットコインの取引記録保存のシステムに参画することができ、その報酬としてビットコインを少し貰うことが出来るのです。この「システムに参画して報酬としてビットコインを発行する」という行為をマイニング(採掘)と呼びます。

ビットコインのメリットとは?

ビットコイン_リスクとメリット

それでは次にビットコイン自体の貨幣のしてのメリットと投資商品としてのメリットを紹介していきたいと思います。まずビットコインのメリットを以下に挙げてみました。

・送金が速い、安い
・希少性が上昇し続ける
・換金性が高い
・国家破綻時の資産のリスクヘッジになる

送金が速い、安い

ビットコインでは特定の金融機関を通さずに送金できますし、他の通貨のように通貨変換することなく全世界でビットコインでやり取りが可能です。

そのため他の通貨よりも送金が速く、手数料も安くなることが多くなっています。グローバルな取引が主流になっている昨今ではビットコインのこのメリットが非常に注目されているのです。

希少性が上昇し続ける

ビットコインの特徴の項目で「発行上限が決まっている」という話をしましたが、その特徴によって限りある資源を全世界で売買することになるためビットコインが普及すればするほど価値が上昇していきます

この部分がビットコインの投資商品としての最大の魅力です。現在もまだまだ注目されているため今後も価値は上昇していくでしょう。

換金性が高い

現在ビットコインは世界中に取引所が存在し、他通貨との交換もスムーズに行われています。

取引も活発に行われており、FXのような為替取引と同様のスピードで他通貨との交換も行われているため必要な時に簡単に換金できる通貨です。

国家破綻時の資産のリスクヘッジになる

ビットコインの特徴で「特定の国家や銀行に依存しない」というものに起因するメリットです。大抵の通貨は発行元の国が金融危機、財政危機などに陥るとその国の通貨は価値が激減してしまうリスクがあります。

ビットコインの場合はそのようなある国の財政危機などに依存しないため世界経済に何かあった時のリスクヘッジ商品としての役割を帯びつつあります。

現在では日本円がリスクヘッジ商品として有名ですが、そのうち有事の際には日本円に代わってビットコインが買われるようになるという日が来るのかもしれませんね。

ビットコインのデメリットやリスクについて

ビットコイン_リスクとメリット

もちろんビットコインにもデメリットやリスクが存在するということをしっかりと理解しておく必要があります。以下のデメリット・リスクについて見てみましょう。

・システムがハッキングされる可能性
・取引所のリスク
・国の法律の適用が不透明
・ガバナンス問題
・スケーラビリティ問題

システムがハッキングされる可能性

ビットコインの仕組みの項目で述べたようにビットコインが通貨としての価値が認められているのは「取引記録が誰にも改ざん・削除されずに保存され続けるシステム」上に存在しているからです。

逆にいうとこの根本の信頼性である改ざんできないという部分の常識がひっくり返ると通貨としての価値を失う可能性もあるでしょう。

しかしビットコインを支えるブロックチェーン技術やプルーフオブワークシステムなどがあるため今のところは問題ないと思っても良いと管理人は思います。

取引所のリスク

ビットコイン自体のシステムがハッキングを受けたことはありませんが、ビットコインをやり取りする取引所がハッキングによってビットコインを抜き取られるというケースや取引所が破たんしてビットコインを引き出せなくなってしまうというケースは存在しているようです。

日本で一番有名な事件が「マウントゴックス騒動」でしょう。2014年の2月にマウントゴックス社が破たんしたというニュースが報道されました。この騒動では顧客が預けていたビットコインが消失して莫大な損失が発生した、システムのバグを利用したハッキングによって盗まれたと報道されています。

ビットコインのシステム自体には問題はないのですが、まだまだ普及したばかりで取引所の規制がまだ緩いということもあり、信用性に欠けるという問題があるため取引所を選ぶ際は注意が必要です。

国の法律の適用が不透明

ビットコインはまだできたばかりの通貨と言うことで世界各国の法規制が追い付いていないのが現状です。ビットコインを推進するためにビットコインに関して流通しやすいように法律を制定しようと動いている国もあればビットコインの取引自体を禁止しようとする国も存在します。

現在日本でもビットコインおよび仮想通貨に対して法整備を進めている最中です。日本が今後仮想通貨へどういう対応を示していくのかは2016年3月4日に「仮想通貨を財産的価値と定義する」旨の法案が閣議決定されたというニュースがありました。

簡単にいうとFXと同じような取引所に対しての整備が進んでいくということが言えます。また仮想通貨が税法上どうなるのかですが、2016年に仮想通貨で得た利益に関して確定申告した人の体験があったので簡単に記載しましょう。

確定申告した方の体験によると「仮想通貨を売却して日本円に換金した場合はその利益分を申告」「仮想通貨のまま年をまたがって保有している場合は来年以降に持ち越し」となったようです。

ガバナンス問題

ビットコインは発行元・管理元がいない通貨と言うことで、何か問題があった場合に問題を解決するための施策を行う責任者がいない、また意思決定をする際に意見がまとまらず統制がとれないという問題を抱えています。

一応ビットコインの今後の方向性や問題点に関して話し合うコミュニティとして「ビットコイン財団」という非営利団体が存在していますが、関係者はビットコインを大量に保有している「利害が絡む関係者」ばかりで意見がまとまらないという問題を抱えています。

今後もビットコインが普及するうえでは少なからず問題が発生することがあるでしょうから、このガバナンス問題は早急に解決すべき問題なのかもしれませんね。投資家の中にもこのガバナンス問題が一番の気がかりだという人もいるようです。

スケーラビリティ問題

ビットコインのシステム的な問題として以前から指摘されていることにビットコインの取引量が増大するとシステムが処理しきれないという問題があります。

ビットコインは現在一日で最大604,800取引までしか処理できないといわれています。今後ビットコインが普及するためには確実に解決しなければならない問題となりますが今のところこの問題は執着していないようです。

ビットコインの将来性

ビットコイン_リスクとメリット

今後ビットコインが値上がりを期待できる投資商品となるかどうかは「ビットコインが普及していくのか」にかかっていますが、今後の可能性としてはいくつかのパターンが考えられます。

世界中に普及し、日常的に使われるというパターンや仮想通貨自体が普及せずに終わってしまうというパターンもありますが、ビットコインの特徴やシステムを考えるとまだまだ普及していく可能性もあるでしょう。

ビットコインが普及していけば今現在のような急激な価格の乱高下は少なくなり、安定した投資商品となる可能性は高いと言えます。

ビットコインで取引ができる海外バイナリーオプション業者

オプションビット

現在バイナリーオプション業者でビットコインを資金として使うことはできませんが、オプションビットはビットコインで取引をすることが出来ます。

デジタルオプションで「BITCOIN/USD」という銘柄を選んでください。相場の動きが激しいためかペイアウト率はそこまで高いわけではありませんが、ビットコインの特徴をしっかりと使うことが出来れば利益を出すことも可能でしょう。

自動取引システムであるフォロートレードでもBITCOIN/USDを選択することが出来るので取引が難しいという方はフォロートレードで取引をしてもらうという手もあります。

ビットコインで取引をしてみたいという方はオプションビットに登録して利用してみてください!

オプションビットの公式サイト

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2017/07/20

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

オプションビット

オプションビット

サイトの特徴

オプションビットは独自のシグナルツールの「アルゴビット」が使える業者です。シンプルな操作方法で、しかも予想的中率も高いという便利な取引ツール。1日出金も可能という信頼性の高い業者でもあります。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
約1.75~5.50倍
評価された数
788件
口コミ件数
87件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
695件
口コミ件数
239件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
383件
口コミ件数
126件

高評価の理由を見る

登録はコチラ