ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

これだけは覚えておこう!バイナリーオプション取引に必要な専門用語集

これだけは覚えておこう!バイナリーオプション取引に必要な専門用語集

ここでは海外バイナリーオプションを行う上で最低限知っておいてほしい用語を選んで紹介しています。

中には知っておかないと不利な取引をしてしまう可能性がある用語も。特に初心者の方必見のコーナーです。

バイナリーオプションの取引に関する用語

まずはバイナリーオプションの取引に関する用語について見ていきましょう。どれも取引をする上で大事な用語なのでチェックしておきましょう

バイナリーオプション

短期取引のルール

バイナリーオプションとは二者択一の取引で取引を開始したレートから上がる(High)か下がる(Low)を予想する取引の手法。

ハイ・ロー取引

ハイアンドロー

バイナリーオプションは二者択一。その二択とはハイ(上がる)ロー(下がる)のどちらか。

ハイとは何分後かに上昇しているという選択、ローは何分後かに下降しているかという選択です。

ほぼすべての業者にハイ・ローのボタンが設置されているので基本中の基本となっています。

短期取引(60セカンド、ターボ)

短期取引は60セカンズ、ターボ、ショートと呼ばれることもあり、ルールとしてはハイ・ロー取引と同じでハイ(上がる)かロー(下がる)かを予想します。

ハイ・ロー取引が10分や15分なのに対して、短期取引はその名の通り30秒や1分、3分、5分といった短時間での取引です。

海外バイナリーオプションでのみ利用できる取引方法で、国内バイナリーではできないので注意が必要です。

チケット

チケットと言う感覚はあまりないでしょうが、バイナリーオプションをする場合、チケットと言われるものを買ってから取引を開始します。

チケットの単位はロットで表され、1ロット100円のチケットを10ロット(1,000円)買うような形で使われます。ちなみに海外業者ではチケットと言う概念やロットという概念はありません。

通貨ペア

通貨ペアとは取引対象の通貨のことです。USDJPY(米ドル/円)、EURUSD(ユーロ/米ドル)などのことをいいます。

通貨による違いもあれば、通貨ペアによる違いもありますので自分が予想しやすいような通貨ペアを選択することが攻略のカギとなります。

権利放棄(転売)

転売3

こちらは割と例外的な仕組みなので、全てのバイナリーオプション業者に共通しているものではありません。

内容としては損失が出ると判断した時に権利放棄をすることによってその時点で生産が可能になること。リスクを軽減させる場面でよく使われます。

権利放棄よりも“転売”と言われることの方が多いので、転売の方を知っているという方も多いでしょう。

ペイアウト/ペイアウト倍率

ペイアウトとはギャンブルなどでいうところの払戻しに当たります。予想が的中するとかけた金額にペイアウト率が換算され、払戻金になります。

ペイアウトは業者によってタイミング等が違ってくるので詳しい内容は業者内容を確認してみてください。

またペイアウト倍率とはバイナリーオプションで勝った時に支払われるペイアウトの倍率のことです。例えば1,000円で投資をした時のペイアウト倍率が1.8倍だと、1,800円のペイアウトが得られるということ。

チャート

相場の動きをグラフにしたもので、為替取引には欠かせないもの。バイナリーオプション業者ではラインチャートが多いが、代表的なのはローソク足チャート。

相場の動きだけでなく、転換点を確認することも可能。チャートは大きく分けて時系列チャートと非時系列チャートがありますが、時系列チャートが一般的。

トレンド

為替相場の大まかな値動きの傾向のことで、一定の方向へ相場が動いている状態のことです。相場が右肩上がりで上昇していっているトレンドを「上昇トレンド」と言います。

相場が右肩下がりで下降していっているトレンドを「下降トレンド」と言い、トレンドが発生した場合はトレードチャンスと言われるのです。

レンジ

ボックス相場とも呼ばれ、トレンドのように上昇や下降を続けるのではなく、一定の価格幅で値動きする相場の事。

上がったり下がったりを定期的に繰り返すのが特徴で、為替相場の8割はレンジ相場だと言われています。

レンジ相場からあるタイミングでトレンドが発生すればレンジブレイクと言われるのです。

仲値決め

その日の為替レートになる価格のことで、午前10時に決定されます。5日と10日には特に分かりやすい値動きになることがあります。

バイナリーオプションの攻略/相場分析に関する用語

次にバイナリーオプションの攻略法や相場分析に関する用語について紹介していくので、参考にしてください。

ファンダメンタルズ分析

経済活動や国の健全性などを考慮し、値動きを分析すること。為替の場合は経済や金利、製品、賃金などの全般的な状況を確認して判断します。

バイナリーオプションでは特に経済指標に注目しておきましょう。その他にも各国の首脳会談やアメリカの大統領選挙なども当てはまります。

経済指標

経済を雇用や消費など様々な要因ごとに数値化したもの。重要度の高い経済指標が発表されるときは相場も大きく動くので経済指標の確認は欠かせません。

特に主軸通貨であるアメリカの経済指標(雇用統計やFOMC政策金利)などは大きく動くので、発表される日時をシッカリチェックしておきましょう。

テクニカル分析

株式や商品取引、為替などの取引市場の価格の動きをチャートを使って分析すること。ローソク足チャートや移動平均線などが該当します。

インジケーター

為替の値動きを数値化してチャートに表示したもの。為替売買の判断をするときの目安として使われ、様々なインジケーターがあります。

インジケーターにはトレンド系オシレーター系の2種類があります。

トレンド系指標

現在のトレンドに従って相場の動きを予測するもの。移動平均線やボリンジャーバンドなどがよく用いられます。

トレンド系指標は順張りでの取引の際に役立つので、トレンドが発生している時に精度が上がるでしょう。

順張り

取引手法の一つで、トレンドに沿って取引をする方法です。

例えば上昇トレンドになっているときなら「High」に取引をして、下降トレンドなになっているときなら「Low」で取引をするというような方法となっています。

ローソク足

ローソク足の基本の形と傾向について

ローソク足は江戸時代に日本で考案されたチャートの一つで、値動きを時系列に沿って表します。上昇を示す陽線と下落を示す陰線の2種類があるのです。

ローソク足を構成するのは始値・高値・安値・終値の4本値で、一定期間の値動きが一目で分かるため世界中で愛用されています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドのシグナルはこんな感じ

ボリンジャーバンドは移動平均を表す線と、その上下の値動きの幅を示す線を加えた指標のこと。統計学目線のインジケーターとなっており、「価格の大半がこの帯の中に収まる」という考え方をします。

ボリンジャーバンドが範囲内に収まる確率
  • ±1σに収まる確率…68.3%
  • ±2σに収まる確率…95.5%
  • ±3σに収まる確率…99.7%

ボリンジャーバンドのバンド幅は上記のようになっており、ローソク足がバンドを超える、もしくは触れた場合相場は反転するというように考えるのです。

移動平均線

移動平均線の説明

トレンド系指標の中でも最も人気が高く、メジャーなインジケーターと言われています。このインジケーターは一定間の相場の終値の平均を割り出してグラフ化したもの。

移動平均線を使って分析する際はゴールデンクロスとデッドクロスに注目しておきましょう。

移動平均線のシグナルについて
  • ゴールデンクロス(買い):短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜ける
  • デッドクロス(売り):短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜ける

このクロスが発生した場合はトレンドが発生する可能性がかなり高いので注目です。しかしレンジ相場のときは“ダマシ”が発生することもあるのでご注意ください。

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表とは時間に重きを置いて作られたトレンド系のインジケーターの一つで、基準線・転換線・遅行スパン・先行スパン1・先行スパン2の5つの線を使ってトレンドの方向性や下げ止まり、上げ止まりが一目で分かるようになっています。

一目均衡表のシグナルについて
  • 転換線が基準線を上回った…好転(上昇トレンド)
  • 転換線が基準線を下回った…逆転(下降トレンド)
  • 遅行スパンがローソク足よりも上になった…好転(上昇トレンド)
  • 遅行スパンがローソク足よりも下になった…逆転(下降トレンド)
  • ローソク足が雲の上にある…上昇トレンド傾向
  • ローソク足が雲の下にある…下降トレンド傾向

一目均衡表のシグナルは難しいですが、マスターすることができれば相場分析も楽になると言われているので学んで損はありません。

オシレーター指標

現在の価格が買われ過ぎにあるのか、売られ過ぎにあるのかを見ることができるテクニカル分析の指標。

相場の反転を予測することができるので、逆張りという取引手法で使われることが多いです。

逆張り

取引手法の一つで、相場の反転を予測して取引をする方法です。

例えば相場が上がりすぎているのであれば「Low」に取引をして、下がりすぎているのであれば「High」に取引をするというような方法となっています。

MACD

MACDの見方

MACDはシグナル線・MACD線・0ラインの3つの要素によって成り立っています。

MACDのシグナルは移動平均線と同じ様にクロスを見ますが、その他にも0ラインより上にあれば上昇しやすい、下にあれば下落しやすいというような特徴もあるのです。

MACDのシグナルについて
  • ゴールデンクロス(買い):MACDがシグナルを下から上に抜ける
  • デッドクロス(売り):MACDがシグナルを上から下に抜ける

ストキャスティクス

ストキャスティクスのシグナルってこんな感じ

ストキャスティクスは相場の過熱感を調べるためのインジケーターで%Kと%Dの2つのラインで構成されています。

ストキャスティクスはストキャスティクスのある場所とクロスによって上がるか下がるかを判断しますが、ダマシが多いため注意が必要です。

ストキャスティクスのシグナルについて
  • %Kと%Dが80のラインを超えている…売りシグナル
  • %Kが%Dを上から下に突き抜けた…売りシグナル
  • %Kと%Dが20のラインより下にある…買いシグナル
  • %Kが%Dを下から上に突き抜けた…買いシグナル

RSI

RSIのシグナルはこんな感じ

RSIは相場の過熱感を調べるインジケーターで1本の線で表されているので特に難しい相場分析は必要ありません。

0~100の間でラインが移動しており、100に近づけば上がり過ぎを示していて、0に近づけば下がり過ぎを示しています。

RSIのシグナルについて
  • RSIが80のラインを超えている…売りシグナル
  • RSIが20のラインより下にある…買いシグナル

CCI

CCIのシグナルはこんな感じ

CCIは上がり過ぎと下がりすぎを示すインジケーターで見た目はRSIと似ていますが、CCIは反転するタイミングとトレンドが続くかどうかも分かります。

CCIには±100のレベルが表示されていますが、トレンドが続く場合はどこまでも伸び続けていくので注意が必要です。

CCIのシグナルについて
  • CCIが100を超えて戻ってきた…売りシグナル
  • CCIが100を超えて伸び続けている…上昇トレンド継続
  • CCIが-100を超えて戻ってきた…買いシグナル
  • CCIが-100を超えて伸び続けている…下降トレンド継続

マーチンゲール/逆マーチンゲール

負けを取り戻すために勝つまで掛け金を倍にし続ける方法。元々はカジノなどのギャンブルで利用されていました。

最初に1,000円で取引をして負けたら、2,000円で取引をする。更に負けたら4,000円で取引をするという方法です。

資金力があり、負け続けても大丈夫という強靭なメンタルが必要になるためあまりオススメされていない手法となっています。

逆マーチンゲールはその逆で、勝ったら負けるまで掛け金を倍にし続けるという方法です。こちらも資金力は大事ですが、マーチンゲール法に比べるとメンタル面で安心して取引できます。

ゴトー日の仲値トレード

5と10の着く日の仲値決めのこと。この日は円安ドル高になる傾向が高いため、チャンスと言われる。土日は取引できません。

しかし5と10の着く日の午前9時55分までは十分に利益を出せる可能性があるので、最初のうちは値動きを見ておくのも良いでしょう。

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/05/23

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
848件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
509件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

THE BINARY

THE BINARY

サイトの特徴

ザ・バイナリーは最短30秒で2.05倍の取引ができるレンジ取引のあるので、一気に利益を出すことができる業者となっています。また最低入金額10,000円で最低投資額100円という少額で投資ができるのでオススメです!

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥100
ペイアウト率
1.8倍~2.1倍
評価された数
182件
口コミ件数
18件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

 >  > これだけは覚えておこう!バイナリーオプション取引に必要な専門用語集