ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

一目均衡表でバイナリーオプション取引の勝率を上げる

一目均衡表

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは「時間」に重きをおいて作られたテクニカル指標の一つで、5つの線を使って「トレンドの方向性」「下げ止まり(いつ頃上がるか)」「上げ止まり(いつ頃下がるか)」が一目でわかるようになっています。

複数の線で複合的に売り買いのタイミングを判断できることから多くのトレーダーが使用しており、ぜひ身につけたい分析方法と言えるでしょう。

一目均衡表を構成する5つの折れ線と雲

一目均衡表の5つの線

一目均衡表を表示すると上記の画像のようになります。ここでは一目均衡表を構成している5つの線と雲について紹介していきます。

基準線

過去26日間の高値と安値の中間値を表す線で、名前の通り一目均衡表を見る上で最も基準になる線であり、相場の方向性を示しているものです。

画像では黄色い線が基準線となっています。基準線の向きによって表される相場の方向性いついては以下の通りです。

基準線の向きによる相場の方向性
  • 基準線が上向き→上昇トレンド
  • 基準線が下向き→下降トレンド
  • 基準線が横ばい→レンジ相場

転換線

過去9日間の高値と安値の中間値を表す線となっており、画像では水色の線のことです。

この転換線が基準線の上にあれば上昇局面になっており、逆に下にあれば下落局面と言えます。

遅行スパン

当日の終値を26日前にさかのぼって記入した線のことで、ローソク足の上か下かにあるかで相場のトレンドが分かる用になっているのです。

遅行スパンの場所による相場の方向性
  • ローソク足よりも上にある→上昇トレンドになる可能性大
  • ローソク足よりも下にある→下降トレンドになる可能性大

雲(先行スパン1と先行スパン2)

一目均衡表には「雲」と呼ばれるものもありますが、この雲は先行スパン1と先行スパン2から構成されています。

先行スパン1が画像でいうオレンジ色の線で、転換線と基準線の中間値を26日先に記入した線のことです。

先行スパン2は画像でいうピンク色の線で、52日間の高値と安値の中間値を26日先に記入した線の事となっています。

この2つの先行スパンに挟まれた領域のことを「雲」といい、雲は飛行機(ローソク足チャート)が雲よりも上下どちらにあるかで「支持帯(上昇シグナル)」「抵抗帯(下降シグナル)」に分けられるのです。

バイナリーオプションでの一目均衡表の見方

それではバイナリーオプションで一目均衡表を見ながら攻略する方法について紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

基準線と転換線の交わるポイントを見極める

基準線と転換線の交わるポイントを見極める

まずは基準線と転換線の交わるポイントに付いてみていきましょう。

  • 転換線が基準線を上回っている→上昇トレンドになる可能性大
  • 転換線が基準線を下回っている→下降トレンドになる可能性大

遅行スパンとローソク足が交わるポイントを見極める

遅行スパンとローソク足が交わるポイントを見極める

遅行スパンとローソク足が交わるポイントを見ることでも上昇と下落のサインも分かるようになります。

  • 遅行スパンがローソク足の上にある→上昇トレンドになる可能性大
  • 遅行スパンがローソク足の下にある→下降トレンドになる可能性大

雲とローソク足で判断する

雲とローソク足で判断する

雲とローソク足の場所によっても相場が上と下のどちらの方向に動きやすいかということも分かるようになっているのです。

  • ローソク足が雲の上にある(支持帯)→上昇しやすい
  • ローソク足が雲の下にある(抵抗帯)→下落しやすい
雲を見るときのポイント

雲の厚みが厚いほどローソク足は雲の中に入りにくいので、雲に近づいた後は再び離れようとします。
逆に雲が薄いほど上昇(下落)してきたローソク足は簡単に雲を突き抜けて一気に下落(上昇)する傾向にあるのです。

取引チャンスになる!「三役好転」と「三役逆転」とは?

一目均衡表にはある一定の条件が揃ったときに比較的高い確率で予想できるポイントがあり、それを「三役好転」「三役逆転」といいます。

三役好転・三役逆転のポイント
  • ローソク足が雲の上(下)にある
  • 転換線が基準線を上(下)回る
  • 遅行スパンが26個前のローソク足を上(下)回る

上記が三役好転と三役逆転のポイントです。カッコ内が三役逆転になる場合のポイントとなっています。文字にするとわかりにくいですが、以下の画像をご覧ください。

取引チャンスになる!「三役好転」と「三役逆転」とは?

上記の画像は三役好転が発生しているときの相場です。この画像を見て頂ければ三役好転と三役逆転が発生すれば取引チャンスであるというのは分かるでしょう。

5つの線がどれも重ならない時

5つの線がどれも重なることなく上昇(下降)を続けている間、相場も上昇(下降)を続けると言われており、重要なポイントになります。

バイナリーオプションでの一目均衡表の注意点

一目均衡表は5つの線から作られていますが、これらを全て理解し、投資に活用することはプロでも難しいと言われています。

しかし複合的に判断できるということはそれだけバイナリーオプションで高い勝率をあげられる可能性があるので、是非身につけたいチャート分析です。

今回ご紹介した判断基準を目安にチャート分析に挑戦し、更に理解を深めたい場合は時間論、波動論、水準論など一目均衡表には他にも多くの要因があるので、これらの活用にも挑戦してみてください。

一目均衡表を使ってバイナリーオプションで取引した結果

当サイトでも何度か一目均衡表を使ってバイナリーオプション取引を行っています。以下のリンク先で取引を行っているので、ぜひ参考にしてください。

実際に取引に入る前にデモ取引を利用しよう

一目均衡表を使ってバイナリーオプションを攻略する際はまずデモ取引などで実践してみることをオススメします。

ハイローオーストラリア

デモ取引ができる業者としても最も知名度が高いのがハイローオーストラリアですね。ハイローオーストラリアでデモ取引をしたいという方は「【登録不要!】ハイローオーストラリアでデモ取引をする方法」をご覧ください。

他にデモ取引ができる業者を探しているという方は「バイナリーオプションでデモ取引ができる業者は?」で、デモ取引ができる業者を紹介しています。

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/08/20

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
852件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
510件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

THE BINARY

THE BINARY

サイトの特徴

ザ・バイナリーは最短30秒で2.05倍の取引ができるレンジ取引のあるので、一気に利益を出すことができる業者となっています。また最低入金額10,000円で最低投資額100円という少額で投資ができるのでオススメです!

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥100
ペイアウト率
1.8倍~2.1倍
評価された数
189件
口コミ件数
18件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  >  > 一目均衡表でバイナリーオプション取引の勝率を上げる