ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

通貨ペアの特徴を知ってバイナリーオプションの攻略に役立てよう!

通貨ペアの特徴1

バイナリーオプションで取引をする際に取引ルールや取引時間、取引金額と「High」「Low」を選択しますが、その他にも「通貨ペア」を選択する必要があります。

バイナリーオプションで取引をする時に通貨ペアの特徴を知っていれば取引を有利に進められる可能性が高くなっているのです。

ここではメインとなる各国の通貨の特徴やバイナリーオプション業者でよく使われるメジャーな通貨ペアの特徴について紹介していきますのでこれからバイナリーオプションで取引をするという方は参考にしてください。

通貨ペアとは

通貨ペアの特徴2

よくニュースやネットでも目にしますが「USD/JPYが昨日より〇〇銭の円高」などと書かれていますよね。あの意味は「米ドル(USD)の勝ちが下がり日本円の価値が高くなった」ということ。

そもそも通貨ペアとは交換する2国の通貨のことをいいます。例えばアメリカのドル(USD)と日本の円(JPY)を交換する際の通貨ペアは米ドル/日本円(USDJPY)です。

そして上記を文字にしたものを通貨ペア表示といい、業者ごとに日本語で表示される場合もあれば英語やイラストで表示される場合もあります。

また通貨ペアではどの通貨が右側にくるか左側に来るかというルールがあり、基本的に左側の通貨を主軸通貨、右側の通貨を決済通貨と言うのです。

現在の主軸通貨は米ドル(USD)ですが、英ポンド/米ドル(GBPUSD)のように主軸通貨である米ドルが決済通貨になっていることもありますが、これは以前の主軸通貨が英ポンド(GBP)だったため

他にも通貨ペアには昔から通貨の格付けというものがあり、英国連邦に加盟している国や地域の通貨、または英国を宗主国にしている国の通貨は左側に来るのです。

通貨は24時間常に売買されており、ドル円やユーロドルなどの通貨ペアにはそれぞれに値動きが緩やかであったり、激しい動きを見せるものなどの特徴があります。

どの通貨ペアで取引するかを選ぶ時に特徴を知っておけば自分の投資スタイルに合った銘柄取引できるでしょう。

海外業者は日本国内のバイナリーオプション業者よりも多くの銘柄を取り揃えているので、より柔軟なトレードができるようになっています。

投資を始めたばかりで相場分析に慣れていない人は、まず取引量の多いドル円と言った主要通貨ペアで経験を積み、朝や夕方などで値動きの特徴を掴んでからマイナー通貨ペアにも取り組んでみると良いでしょう。

通貨ペアの選び方-スイスフランショックから学ぼう

以前スイスフランが対ユーロで急騰したとき、ロスカットが間に合わずに大きな損失を出してしまったFXトレーダーの話が話題になりましたね。

スイスフランは主要通貨の一つですし、円と同じ様に安全資産として取引されていた通貨ですが、ドルや円に比べると取引量は少ない流動性の低い通貨ペアです。

スイスフランショックのような突然の大きな発表があると一瞬にして流動性が枯渇するリスクがあります。流動性がなくなるということは、需要と供給がなくなるということ。

売りたい買いたいと思っても取引自体ができなくなったり、非常に低い価格でしか買い手がいない状態になるかもしれません。

できるだけ流動性リスクを抑えるためにも通貨ペアは流動性の高いものを選ぶようにすると良いでしょう。

流動性が高い、低いとは?

流動性が高い…需要と供給が多い(取引量が多い)こと。
流動性が低い…需要と供給が低い(取引量が少ない)こと。

ちなみにFXなどではレバレッジをかけて損失を出してしまうと借金を抱えてしまう可能性も出てきますので、投資で借金をしたときの対策をご覧ください。

取引量の多い通貨と通貨ペアをそれぞれピックアップしたので、取引をする際に参考にして戦略を立てていってください。

【取引量の多い通貨】
1位米ドル(USD):87.6%
2位ユーロ(EUR):31.3%
3位日本円(JPY):21.6%
4位英ポンド(GBP):12.8%
5位豪ドル(AUD):6.9%

【取引量の多い通貨ペア】
1位EURUSD:23.05%
2位USDJPY:17.72%
3位GBPUSD:9.24%
4位AUDUSD:5.24%
5位USDCAD:4.29%

日本円(JPY)の特徴

日本円

日本円は米ドル、ユーロに次ぐ取引量があり、世界三大通貨の一角とされています。円は金融危機の中でも安全資産とみなされているので、リスク回避として円が買われる傾向にあるのです。

基本的に経済指標が発表されても大きく為替が動くことはありませんが、日本銀行の為替介入があったときは大きく為替が動くこともあります。

先程も記載したように日本円はリスク回避として買われる傾向にあるため、海外でテロや政治面で不安要素が高まれば円が買われるようになるのです。

特にアメリカとの関係性は密接で、アメリカの景気が良い場合や金利政策で利上げされるときなどは米ドル預金や米ドル投資が進むので円は売られUSDJPYでは上昇していきます。

逆にアメリカの景気が悪かったり金利政策で利下げされることなどがあるときは日本円が買われる傾向があるので、USDJPYでは下落していきます。

これはUSDJPYだけでなく、EURJPYやGBPJPYでも同じような動きになるのでニュースなどをチェックして取引をすると良いでしょう。

米国ドル(USD)の特徴

米ドル

米ドルは世界最大の記事通貨として君臨しており、バイナリーオプションでは米ドルとの通貨ペアで取引する傾向が強く、その特徴を知っておかなければ相場を読む上で不利になる可能性も。

米ドルを左右する直接的な要因はアメリカの政治や経済状況が良いか悪いかが挙げられます。そのため経済指標の結果によって価格が大きく変動する可能性があるのです。

その他にもアメリカと外国の首脳が重要な会談を行ったときの結果や4年に1度行われる大統領選、中間選挙などの結果でも大きく変動する可能性があります。

USDを大きく動かす経済指標
  • 米国非農業部門雇用者数(雇用統計)
  • 米国失業率(雇用統計)
  • 米国GDP
  • 米国FOMC(連邦公開市場委員会)の声明

英ポンド(GBP)の特徴

英ポンド

英ポンド(GBP)は値動きの激しい通貨で、米ドルが出てくるまで基軸通貨として君臨していましたが、近年は為替相場も不安定で一日での動きも激しくなっています。そのため当サイトでは初心者の方より上級者の方にオススメしています。

英ポンドの相場が安定しない理由としては、米ドルが基軸通貨になる前に主要基軸通貨として役割を担っていましたが、現在は経済力の低迷が尾を引き取引量が少なくなったためと言われているのです。

しかし英ポンドは金融立国としての立ち位置を失っていないイギリスは個人投資家が非常に多く、国内でポンドが取引される傾向にあります。

しかし2019年3月現在イギリスはEUからの離脱問題があり、金融立国としての地位を失う可能性も高いとも言われているので今後どうなるのかは注目しておきたいところ。

とは言え、個人投資家の動きの細部までは把握することができないので予想がしにくい場合は経済指標を狙って取引をするのも良いかもしれませんね。注目しておきたい経済指標は以下を参考にしてください。

GBPを大きく動かす経済指標
  • BOE(イングランド銀行)が発表する政策金利・金融政策
  • BOEとMPC(金融政策委員会)の発言と動向
  • 失業率

ユーロ(EUR)の特徴

ユーロ

ユーロ(EUR)は世界第二位の基軸通貨で、歴史は浅いものの先進国の情勢が値動きに影響を与える傾向にあるため、比較的予測がしやすい通貨と言えるでしょう。

幅広い層に人気の通貨ではありますが、当サイトでは特に初心者の方にオススメしたい通貨です。しかし最近のユーロは政治的な要因により影響を受けることが多い通貨となっています。

EUは政府的な役割を担う機関が存在しないことに加えて国が財政政策を行える権限は有しているため、ある程度加盟国同士の情勢には目を向けておきましょう。

加盟17カ国で共同使用しているため、基本的にはリスクもリターンも加盟国で共有しなければなりません。例えば2012年頃に起きたギリシャ危機や現在問題になっているイタリアの財政難問題です。

特にギリシャ危機の際にはユーロ全体の景気が悪くなり、ユーロが大幅に下落しました。このように一国に問題が出れば相場が大きく変わる可能性があります。

以前は取引量の多い通貨第二位ということで、米ドルが何かの不安要素で売られた際には避難場所としてユーロが購入され、ユーロ高になることもありました。

しかし現在はEU圏自体の経済状況が悪いことや様々な政治的不安により、ユーロで小さな有事があればユーロが売られる傾向にあります。

またEUの中でもドイツやフランスのような経済的に強い国の経済指標から影響を受ける傾向にあるので、EU全体の経済指標やドイツやフランスの経済指標に注目しておきましょう。

EURを大きく動かす経済指標
  • ECB(欧州中央銀行)が発表する政策金利・金融政策
  • ECB議長の発言と動向
  • ドイツ・フランスの失業率
  • EU圏の小売売上高

豪ドル(AUD)の特徴

豪ドル

豪ドルは高金利で政治・経済も安定していて、輸出取引先も活発という評判の良い通貨でFXでも人気の高い通貨でした。現在は金利も他の主要国通貨と同じ位ですので、資源国通貨としての側面が強くあります。

オーストラリアは鉄鉱石や石炭など豊富な資源を持っていますが、その採掘量は一定というわけではありません。そのため他の輸出や天然資源の採掘量の関係で為替にも影響が出ます。

またオーストラリアは中国を最大の貿易相手国としており、輸出全体の30%以上が中国向けですので、中国の経済が悪くなれば豪ドルも下落してしまうのです。

豪ドルで取引をするのであれば、中国の景気や資源の値動きにも注目しておいたほうが効率の良い投資ができるでしょう。

AUDを大きく動かす経済指標
  • RBA(オーストラリア準備銀行)が発表する政策金利・金融政策
  • RBA議長の発言と動向
  • 新規雇用者数
  • 失業率

NZドル(NZD)の特徴

NZドル

あまりメジャーではありませんが、取扱銘柄の多いバイナリーオプション業者で扱われていることもあります。基本常に赤字に悩まされている国の通貨ということもあって取引量が少なく値動きも激しいのが特徴です。

またニュージーランドは貿易依存度が高く、最大相手国は中国で輸出の全体の約2割が中国向け。そのためNZドルも中国経済の動向に大きな影響を受けます。

しかしニュージーランドはオーストラリアのように原油や鉱物などの資源がなく、乳製品などの農産物の輸出が多いため農産物価格の影響を受けやすくなっているのです。

他にもNZドルは投資家リスク意識の変化を反映しやすくなっており、株高などでリスクオンになればNZドルは上がり、リスクオフになればNZドルは下がる可能性があるので、株価にも注意しておきましょう。

カナダドル(CAD)の特徴

カナダドル

カナダドルはオーストラリアなどに代表される資源国通貨です。またカナダはアメリカと隣国ということもあり、米ドルに類似した動きをします。

またカナダは堅実な経済運営が行われていることや金融システムが安定していることなどからも資源国通貨とは言え、安定した値動きになるのでしょう。

資源国通貨としては原油価格の動きにも注意しておいてください。原油価格が上昇すればカナダドルは上昇し、反対に原油価格が下落すればカナダドルも下落しいます。

バイナリーオプションではカナダドルを提供している業者は少ないですが、カナダドルで取引をする際は米ドルの動きと原油価格の動きをチェックしながら予想を行いましょう。

通貨ペアの特徴

上記では通貨に関しての特徴を紹介してきましたが、次は通貨ペアの特徴を紹介していきたいと思います。今回はバイナリーオプション業者で多く取り扱われている7種類の通貨ペアについて記載していくので参考にしてください。

USDJPY(米ドル/日本円)の特徴

ドル円の特徴

USDJPYは世界において取引量が2番目に多い通貨ペアで、他の通貨ペアの値動きにはほとんど左右されないのが特徴ですが、米国の政治経済には影響を受けやすくなっています。

そのためFRB総裁の発言やアメリカ大統領の制作発表などは常に注目しておくと良いでしょう。

またJPYは近年の金融危機の中で安全資産とみなされており、リスクの回避として円が買われる傾向にもあります。

そのため世界情勢にも影響を受けやすくなっているのでUSDJPYで取引をする際には世界のニュースにも気を配っておくと良いでしょう。

USDJPYは取引量が多いということもあり、数ある通貨ペアの中でも値動きが比較的緩やかであることなどから取引経験の少ない初心者にもオススメです。

EURUSD(ユーロ/米ドル)の特徴

ユロドルの特徴

米ドルとユーロは全体の3分の2の流通量を誇る2大通貨です。数ある通貨ペアの中でも最も取引量の多い銘柄で、米ドルが安くなるとユーロが買われるため、米ドルとユーロは相関関係にあると言われています。

また取引量が多いということはそれだけ多くの市場に参加している人の心理が現れる相場であると言えます。

世界でトップクラスの国のペアの通貨ですので景気の向上や悪化に敏感に反応するという特徴もあり、テクニカル分析で予測しやすい動きをするという特徴も持っているのです。

EURUSDで取引をするという方は夕方以降がオススメ。この時間帯はロンドン市場やNY市場が開場し始める時間帯なので、EURUSDの動きが活発になります。

EURJPY(ユーロ/日本円)の特徴

ユロ円の特徴

EURJPYはUSDJPYの次に日本人に馴染みのある通貨ペアでしょう。ユーロは米ドルと同じ様に経済指標やニュースが非常に豊富なため、経済動向的に読みやすい通貨ペアと言われています。

またEURJPYはUSDJPYと反対の動きをする傾向があると言われていますが、EURUSDの影響も受けることもあるのです。

そのためUSDJPYが上昇していてもEURUSDが下落していた場合はEURJPYは上昇しない可能性が高いということを覚えておくと良いでしょう。

またEURJPYで取引をする際にはEURの中でも最も経済力を持っているドイツの経済指標が大きな影響を及ぼすこともあるので、ドイツの経済指標についてもチェックしておくと良いでしょう。

GBPUSD(英ポンド/米ドル)の特徴

ポンドルの特徴

GBPUSDは世界で3番目に多い取引量を誇る通貨ペアでメジャーですが、ポンドは金融業が盛んで大きな金額でポンドを使ったトレードをする人が多いため1度の取引で多くの資金が動くこともあるので値動きが激しくなることもあります。

しかしこの値動きも激しさはバイナリーオプションだけでなく投資経験者に人気が高く、好んで取引をするという投資家もいるようで、バイナリーオプションの短期取引では選択されることもあります。

また日本時間の23時~1時までの時間帯はドルとポンドのし王であり、世界三大市場のうちの二つであるNY市場とロンドン市場が同時に開場している時間帯です。

1日の取引で最も取引量が多くなるのでその分トレンドが発生する可能性もあり、就寝前に少し取引を行うのも良いでしょう。

GBPJPY(英ポンド/日本円)の特徴

ポン円の特徴

GBPJPYは値動きの激しい通貨ペアとしても有名な通貨ペアです。GBPはかつての基軸通貨であり、EURが導入されるまでは勢いのある動きをする通貨ペアでもありました。

1日でもかなりの値動きがあり、初心者にはハードルの高い通貨ペアです。GBPの値動きが激しい理由としては、海外よりも国内での取引が主なので市場での流動性が低いため値動きが荒くなるのが特徴。

そのためこの激しい値動きを好んで取引をするという投資家もいます。GBPはイギリスの政策金利の発表に敏感で経済指標における発表次第で大きく値動きが発生することも。

また現在はイギリスのEU離脱問題のニュースが流れる事によっても大きな値動きが発生するので、イギリスのニュースにも注目しながらバイナリーオプション取引を行いましょう。

AUDUSD(豪ドル/米ドル)の特徴

豪ドル米ドルの特徴

AUDUSDはAUDと組み合わせ通貨ペアの中では最も取引量の多い通貨ペアです。EURUSDやGBPUSDに比べると値動きは緩やかですが、中期的な下降トレンドに陥ることもあるので注意が必要。

AUDは中国tの資源貿易関係が深いという理由で人民元に成り代わって取り上げられるケースが多くなっているので上海市場が急落という状況になると人民元を売る代わりにAUDUSDが売り込まれるという反応を見せることがあります。

そのため日頃から経済指標や中国経済の状況などを掴んでおけば十分に対応できる通貨ペアとも言えるでしょう。

AUDJPY(豪ドル/日本円)の特徴

豪ドル円の特徴

AUDJPYは日本人のFXトレーダーに意外な人気を誇ります。その理由はかつては高金利で、資源が豊富でニュースなどのメディア情報の影響を受けやすく、分析しやすいという特徴があるためでしょう。

また政治的にも安定しており、オーストラリアの資源が豊富であるため原油の上昇などの影響を受けにくいという特徴もあります。

他にもAUDは市場の規模が小さいということもあり、相場が急激に動くという傾向もあるためバイナリーオプションの短期取引で利益を得ることもできるでしょう。

通貨ペアの特徴を知って取引を有利にしよう!

今回は通貨の特徴や通貨ペアの特徴について解説してきました。一口に通貨ペアと言ってもそれぞれの通貨に特徴があるということは分かっていただけたと思います。

世界情勢は常に変化しているのでここで記載している特徴とはまた変わってくる可能性は十分にありますが、どの通貨ペアで取引するかを選ぶ時に特徴を知っておけばより自分に合った銘柄で取引ができます。

自分に合った銘柄を選ぶことができれば初心者でもバイナリーオプションでの攻略もよりシンプルになるでしょうから、まずは通貨ペアの特徴を知っておくのもオススメです。

ハイローオーストラリアで実際に取引をしてみよう!

ハイローオーストラリア

「バイナリーオプションに興味を持っているけどまだどの業者を使おうか迷っているし、稼げるかどうか不安だ」という方もいるでしょう。

そんな方は登録不要でデモ取引ができるハイローオーストラリアで通貨ペアの特徴を考えながら取引をしてみてはいかがでしょうか?

登録不要な上に無料で実際の取引と同じ様に取引ができるので、いきなり取引をするのが怖いという人にオススメです。

またハイローオーストラリアは最低5,000円という低価格から始めることができますし、1回の取引は1,000円からと低価格で損失を抑えながら取引ができます。

しかも初回入金の際には入金額にかかわらず出金条件なしの5,000円のキャッシュバックを受け取れるのです。

出金も平日に出金申請すれば最短翌日には出金できるので、安心して取引をしたいという人にもオススメ。公式サイトは以下のボタンから移動することができますよ!

ハイローオーストラリアの公式サイトはコチラ

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/03/19

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
839件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
508件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

THE BINARY

THE BINARY

サイトの特徴

ザ・バイナリーは最短30秒で2.05倍の取引ができるレンジ取引のあるので、一気に利益を出すことができる業者となっています。また最低入金額10,000円で最低投資額100円という少額で投資ができるのでオススメです!

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥100
ペイアウト率
1.8倍~2.1倍
評価された数
179件
口コミ件数
18件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

 >  >  > 通貨ペアの特徴を知ってバイナリーオプションの攻略に役立てよう!