ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

ジェットオプションの攻略に使える戦略とは

ジェットオプション_登録

シンプルな取引方法で始めてでも投資のできる海外バイナリーオプション。今回はその海外業者の中でもペイアウト率が高く、一口1000円から始められるというジェットオプション。

この業者を利用して管理人がどのような戦略で取引を行ったのかを紹介したいと思います。

まず、戦略を立てるために相場の分析が必要となりますが、バイナリーオプションで使える分析ツールと言えばMT4ですね。

今回は管理人がMT4で分析するために使ったインジケーターとそれを使ってどのような戦略を立てたのかを紹介します。

MT4で使ったインジケーターと戦略の立て方

MT4で表示させるインジケーター

0

上の画像は今回ジェットオプションを攻略するために使ったMT4の画面です。このツールで分析するのに使った主なインジケーターは以下の通り。

分析に利用したインジケーター
  • 一目均衡表…トレンドの方向性・上昇(下落)するタイミングが分かる
  • MACD…上昇(下降)トレンドが分かる・相場の傾向が分かる
  • ストキャスティクス…相場の過熱感が分かる

一目均衡表は「トレンドの方向性」や「上昇・下降するタイミング」を判断することができます。これはトレンドが発生している時に使うのがオススメです。

MACDはトレンド相場で使うことがほとんどで、レンジ相場で利用する際はMACDが0LINEより上にあるか下にあるかを基準に考えるようにしましょう。

ストキャスティクスはレンジ相場で使うのがオススメで、相場の過熱感を表しており「売られすぎ」「買われすぎ」を判断できるようになっています。

またストキャスティクスではライン同士のクロスしたことで相場の転換点を見ることも可能です。

それぞれの設定方法やシグナルの見方については以下のページで解説しているので、興味があるという方はぜひ参考にしてください。

インジケーターを使ってどのように戦略を立てるか?

今回は上述したインジケーターを相場の状況に応じて使っていくことにします。例えばトレンド相場が発生している時は一目均衡表やMACDのシグナルを確認。

そしてレートの動きがないレンジ相場ではストキャスティクスやMACDと0ラインの関係を見ながら取引を行います。

それぞれのインジケーターの分析方法は取引の詳細を説明する際に一緒に解説していくので、参考にしてください。

今回は5回の取引を行い、3勝1敗1分けという結果になりました。その全ての取引の詳細を解説していきましょう。

ジェットオプションの取引結果を紹介!

今回ジェットオプションで取引を行った結果は上にも書きました。それでは早速どのような取引をしていったのかを見ていきましょう。

USDJPYで上昇すると予想

1-1

まずはMT4のチャートを観察することに。10分ほど前にレートが大きく上昇した後に上下を繰り返しながら進んできています。

一目均衡表では特にシグナルが出ていないため今回はMACDとストキャスティクスを見て判断することに。MACDは0ラインよりも上にあり、しかもシグナル線は上昇しているのが分かりますね。

またMACDがシグナル線を下から上に突き上げているということはこれはこのインジケーターでの買いシグナルです。

そしてストキャスティクスですが、青い線が赤い線を下から上に突き上げているのが分かりますね。これもこのインジケーターでの回シグナルとなっており、2つのインジケーターで回シグナルが出ているということは、上昇する可能性が高いですね。

1-2

そこでジェットオプションの取引画面にうつって、取引をする準備を行いましょう。まずはハイかローを選択しますが、今回は上昇すると予想するので「High」を選択。

次にどのくらいの金額を投資するかを決めますが今回は全ての取引でも10,000円を選択することにします。

そして最後に「規約に同意して購入」にチェックを入れて自分が選択した取引情報で間違っていないかを確認。間違いがなければ購入ボタンを押して取引開始です。

1-3

取引が始まってしばらくは順調に上昇していました。しかし最後の10数秒のところでレートが大きく下落。

一度だけ開始レートよりも下にいってしまいましたが、何とか引き分けに。引き分けですので今回は投資金額の10,000円が戻ってきました。

GBPJPYで下落すると予想

2-1

次は上記のチャートが気になったので分析してみることに。ローソク足は雲の上にあるので強気の相場と言えますが、基準線も転換線も特にこれといった動きを見せていないので上昇するか下落するかはわかりません。

そこでMACDを見てみると強気の相場で、買いシグナルが出ていますが、シグナル線は今までで最も上値にあるので、このあとはレートが下がる可能性も。

次にストキャスティクスを見てみると青い線が赤い線を受けから下に突き抜けようとしており、これは「売りシグナル」と言えます。

ただ一目均衡表を見る限りローソク足は雲の上にあるので、一時的な下落の可能性もあるので、早めに取引を始めましょう。

2-2

ジェットオプションの取引画面にうつり「Low」を選択して10,000円のボタンを選択。チェックボックスにチェックが入っていることを確認して購入ボタンをクリック。

2-3

取引を始めた最初の方は下落していましたが、10秒ほど経った頃に上昇を始めてしまいました。今回は負けてしまうと思っていましたが、最後に大きく相場が下落して取引は終了。8,600円の利益を獲得です。

AUDJPYで上昇すると予想

3-1

次はAUDJPYで上昇する可能性の高いチャートを発見しました。ボリンジャーバンドに触れた後に一旦下落したものの、その後は再び上昇しようとする動きが見えたのでまずは観察してみることに。

すると一目均衡表の基準線が上を向いています。実際にローソク足も上昇していたのでこれは信頼できるのではないでしょうか。

またMACDも0ラインよりも上にあり、ストキャスティクスも2本のラインが上を向いていたので、今回は上昇する可能性が高いと判断しました。

3-2

ジェットオプションの取引画面で「High」を選択して、10,000円のボタンを選択。チェックボックスを確認して購入ボタンをクリックして取引を開始しましょう。

3-3

取引を開始した直後から予想とは違う動きをして相場は下落を続けました。あと20秒というところで徐々に上昇していきましたが、結局開始レートに届くこと無く取引は終了。今回は10,000円の損失になってしまいました。

AUDUSDで下落すると予想

4-1

次はAUDUSDで下落する可能性が高いチャートを見つけました。一目均衡表では特に目立ったシグナルはありませんでしたが、MACDとストキャスティクスで売りシグナルを発見。

MACDは0ラインよりも上にありますが、シグナル線が段々と下がってきています。これは上昇する可能性が低いことを示唆しているものです。

またストキャスティクスでは青い線が赤い線を上から下に突き抜けているので「売りシグナル」が発生しています。この2つのことから今後レートは下落する可能性が高いと判断しました。

4-2

そこでジェットオプションの取引画面にうつり、「Low」にポジションをとって10,000円の取引を行ってみることに。しっかりと自分が選択した項目が間違っていないかを確認したら購入ボタンをクリック。

4-3

今回は大きく下落するということはありませんでしたが、相場は開始レートよりも上に行くということはなくそのまま取引は終了。今回は8,300円の利益を獲得することができました。

GBPUSDで下落すると予想

5-1

最後はGBPUSDのチャートを見て取引をすることを決めました。あまり値動きがないように見えますが、ローソク足は陰線が多く、若干下降トレンドが発生しているかもしれないという感じでした。

そこで一目均衡表を見てみると基準線と転換線が下を向いています。またMACDを確認すると0ラインよりも下にあり、しかもMACDがシグナル線を突き抜けているのが分かるでしょう。下落する可能性が高いと予想。

5-2

ジェットオプションの取引画面で「Low」にポジションを取って、10,000円の取引を行うことに。チェックを入れて購入ボタンをクリック。

5-3

取引を行った時間がイギリスのロンドン市場・アメリカのNY市場が開場している時間ではなかったのでそこまで大きな値動きではありませんでした。しかし開始レートよりも上昇すること無く今回は8,400円の利益を獲得しました。

今回は3勝1敗1分けで払戻金額は65,300円となり、最終的に15,300円の利益を獲得することに成功です。

インジケーターの特徴を掴んで相場に合わせて分析しよう

今回は相場に合わせて使うインジケーターを使い分けてみました。テクニカル指標にはトレンド系指標とオシレーター系指標の2種類があり、特徴を知っていればどのような時にどのインジケーターを使えば良いかが分かるのです。

トレンド系指標とオシレーター系指標の違い
  • トレンド系指標…トレンド相場の時に使えば分析精度アップ
  • オシレーター系指標…レンジ相場の時に使えば分析精度アップ

トレンド系指標には今回使った一目均衡表やローソク足、移動平均線などがあります。オシレーター系指標にはMACDやストキャスティクス、RSIなどがあるのでまずは自分にあうと思ったものを使ってみると良いでしょう。

しっかりとインジケーターを使って相場分析ができるようになれば、勝率の上がる戦略を立てられるようになる可能性もあります。

ジェットオプションはショートでも高いペイアウト率で取引ができるので、勝率アップを目指して自分の得意なインジケーターを使えるようにしましょう!

ジェットオプションを攻略した様子の記事まとめ
ジェットオプションの攻略法

逆張りチェッカー無料特典申込

このページで紹介した業者

  • ペイアウト率最大2.1倍での取引が可能!
  • 出金条件はボーナス額×20倍と達成しやすい!
  • 一口100円から取引可能なのでリスクも抑えられる!
  • 業界最速の出金対応を歌う海外バイナリー業者
  • パソコン、スマホ、タブレットでもアプリなしで取引可能

もっと詳しい情報を見る

無料登録はこちら

ジェットオプションの攻略法

ジェットオプションの利用方法

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/10/23

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
854件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
531件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
513件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  >  > ジェットオプションの攻略に使える戦略とは