ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

株と為替の違いは?投資初心者がやるならやっぱりバイナリープション!

株と為替のどちらがいい?

初めて投資をするという方は「投資」と言われるとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

投資と言っても株式やFX、バイナリーオプションのように通貨を取引して利益を狙うものもあります。

バイナリーオプションについてもっと知りたいと言う方
アンケートから読み取るバイナリーオプションとは?

これから投資をしようと思っている人はどの投資の方が自分に向いているのか分からず悩んでいるかもしれませんね。

株取引と為替取引、この違いをポイントを絞って紹介するので資産運用の方法で悩んでいる人は参考にしてみてください。

株式のレートの動きの特徴と注意点

まずは株式のレートの動きの特徴について見ていきたいと思います。基本的に株式投資は株価が上がったり下がったりすることで利益を出したり、損失を出すというような投資です。

株式を購入して株主になれば配当金や株主優待を受けることができるという企業もあります。株式投資をしている人の中には株主優待が目当てで下部を長期保有しているという人もいるほど。

株価が変動する要因としては単純に企業の業績悪化や関連会社の株価にも影響を受けることがあるので十分に注意しなければなりません。

また株式投資の場合は企業が倒産してしまうと株式は価値がなくなってしまうので、今までの投資が水の泡になる可能性もあります。

為替のレートの動きの特徴と注意点

次は為替のレートの動きの特徴について見ていきましょう。為替での取引は基本的にFXなどを思い浮かべる人が多いと思います。

為替取引は通貨が投資対象となり、主な通貨は米ドル(USD)、日本円(JPY)、ユーロ(EUR)、豪ドル(AUD)、英ポンド(GBP)などです。

為替は通貨国の経済や金融状況に左右されることが多く、その他にも地政学リスクなどによっても売買が発生することがあります。

また為替の場合は国の状況によって価値が下がることはありますが、国がなくならない限り価値がなくなってしまうということがないので投資をするにはピッタリと言えるでしょう。

株式と為替の違いを見てみよう!

株式と為替の特徴については分かって頂けたと思います。株式も為替も価格の値動きによって利益になるか損失になるかが変わってくるという点については同じです。

しかしそれぞれの投資にはもちろん違う点があります。ここでは株式投資と為替投資との違いについて紹介していくので参考にしてください。

 

株式投資

為替投資

投資対象

企業(3,600社以上)

国の通貨(50種類以上)

分析に必要な知識

企業・業界、財務・会計のチェック

世界経済、為替、通貨のチェック

初期費用

数万円~

数千円~

取引可能時間

平日9~11時半、12~15時まで

平日24時間

1日の値幅

1~30%

0.5~2%

株式投資と為替投資の違いは上記の通りですね。それではそれぞれの違いについて詳しく解説していきたいと思います。

投資対象について

投資対象についてですが、これには大きな違いがあります。まず株式投資ですが、日本にある3,600以上もの企業が対象となっているので、多すぎて悩んでしまうという方も多いかもしれませんね。

しかもその3,600以上の企業の中から今後業績がアップするかもしれないという企業を見つけて投資しなければならないので初めて投資をする人にとっては難しいと言えるでしょう。

それに対して為替投資の場合は100種類以上ある通貨同士の価格を見るので、実質的には50種類程度しかありません。

しかも証券口座によっては取引量の多い通貨ペア以外に取り扱っていると言えば、カナダドルやトルコリラ、南アフリカランドなど本当にいくつかの通貨しか取り扱っていないところも多くあります。

しかも初心者が投資をするのであれば、米ドルや日本円、ユーロなどの本当にメジャーな通貨しか選択しないでしょうから投資対象については数の少ない為替投資を選択すると良いでしょう。

分析に必要な知識について

次に分析に必要な知識についてですが、まず両方の投資で必要となるのはテクニカル分析の知識です。テクニカル分析の知識については初心者にも分かりやすいものがあります。

初心者でも使えるテクニカル分析について
テクニカル分析の攻略法

その他にもそれぞれで分析に必要な知識が異なってきます。株式投資では基本的に企業の業績や業界の盛り上がり方、財務や会計をチェックしておくと良いでしょう。

とはいえ業績が良く、業界が盛り上がっている上に悪いニュースが何もないという状況なのに下がってしまうということもあります。

しかも株式投資をするとなると投資している企業の数だけ情報を集めなければならないので投資に慣れていないという方は分析だけで疲れて損失を出してしまうということにもなりかねません。

為替投資の場合は世界経済や為替、通貨のことを把握しておく必要がありますが、その国の悪いニュースが流れればその国の通貨が下がると覚えておけば問題ないのです。

通貨によっても特徴があるので、特徴さえ覚えておけば取引は問題なくできるという部分もあるのであとはニュースなどで情報を集めれば分析も楽にできるでしょう。

初期費用について

初期費用は初めて投資をする人にとって重要なポイントとなるのではないでしょうか?

まず株式投資ですが株式投資の場合は最低取引単位が企業毎に異なります。そのため銘柄によって大幅に異なりますが、少なくても数万円以上の資金が必要となるのです。

例えば日本で最も時価総額の高いトヨタ自動車は1株当りの金額が6,384円ですが、株式投資では100株以上からしか投資できないという決まりもあるので、トヨタ自動車に投資をするという場合は60万円以上の資金が必要となります。

もちろん株価の低い企業に投資をするという方法もありますが、有名ではない企業だったりすると情報を集めるのが大変ですので初心者には難しいでしょう。

現在では少額から株式投資ができるというところもありますが、少額から投資をする場合は損益額が小さくて投資をしているという感覚にはならないとのことですのでしっかりと投資をしたいのであれば数万円の資金が必要となります。

一方為替投資の場合は数千円の初期費用から始めることができて、取引をするのにも数百円からできるというところもあるので初期費用を抑えながらしっかり取引をしたいという方にオススメ。

FXであればレバレッジがかけられるため資金額以上の取引ができますし、当サイトでもおすすめしているバイナリーオプションであれば1.8倍~2倍のペイアウト率となるので、勝てばしっかりと利益を出すこともできます。

取引可能時間について

取引可能時間も株式投資と為替投資とで大きく変わってくるのです。株式投資は証券会社を通した証券取引所取引となるので、証券取引所が開場している時間帯でしか取引をすることができません。

日本の場合は平日の前場9:00~11:30と後場12:30~15:00までとなっており、それ以外に取引をすることはできないのです。

この時間帯は基本的にサラリーマンの始業時間と被っていますし、15時はまだ仕事をしているという人もほとんどでしょう。

主婦の場合も上記の時間帯は家事に育児にと働いている人が多いかもしれませんね。ちょっとお昼の休憩時間にちょっと取引をすることができれば良いですが時間が足りないという可能性もあるでしょう。

一方為替投資の場合は平日は24時間取引ができるので、自分の都合の良い時間で取引ができるのです。

サラリーマンの場合は通勤時間や仕事が終わって寝るまでの間、主婦であればちょっとした家事の合間に取引ができるので、まとまって投資をする時間が取れないという方にオススメ。

1日の値幅について

この値幅というのは損益額に大きな影響を与えるので、必ず注目しておいてほしいポイントです。値幅が大きくなるとハイリスクハイリターンな取引になる可能性があります。

逆に値幅が小さければローリスクローリターンになるので、これはどちらが良いかは人それぞれになるでしょう。

株の場合は銘柄によって大きな差がありますが、大企業であれば1%ほどの値幅になります。しかしベンチャー企業などの場合は最大で30%ほどの値幅があるのです。

そのため株式投資ではハイリスクハイリターンな取引が可能ですが、30%以上の値幅が起きた場合は大きな利益になる可能性もありますが、大きな損失を出してしまうこともあり、最悪の場合借金を抱えてしまう可能性もあります。

その点FXの場合はよほどのことがない限りそこまで大きな値幅があるわけではないので、しっかりとこまめに利確や損切りを行って、高いレバレッジで取引をしていなければ大きな損失を出すことはありません。

とは言えFXの場合も何かあれば大きく値動きすることがあります。それが2015年に発生した「スイスフランショック」でしょう。

このことがあり、FXで多額の借金を抱えてしまったという方もいます。このようにFXでも何か大きなことがあれば借金を背負うことがあるということを覚えておくと良いですね。

ただバイナリーオプションの場合は価格が上がるか下がるかを予想する取引で、しかもレバレッジがあるわけではありません。

バイナリーオプションで投資したとしても損失するのは投資した金額分だけですので、損失を大きくしたくないという方はバイナリーオプションを選択するのも良いでしょう。

まずはバイナリーオプションで投資を始めてみては?

今回は株式投資と為替投資の違いについて紹介してきました。違いについては大体覚えて頂けたと思いますが、どちらが投資しやすいと感じたでしょうか?

もちろん、株式投資のほうが良いと感じた方もいるでしょうし、為替投資の方が始めやすそうだと思った方もいるでしょう。

どちらに投資をするかはユーザー次第ですが、管理人個人としてはバイナリーオプションでの取引がオススメ。

バイナリーオプションであればFXのデメリットをカバーしている部分が多いので、初心者でも安心して始められるのです。

もしどちらが良いか迷ったという方はバイナリーオプションで為替と株の両方の取引をするのが良いでしょう。一部の海外業者には株式の予想をするものもあります。

どちらにも興味があるという方はまず低資金で始められて、レバレッジがなく損失が限定されているバイナリーオプションから始められてみてはいかがでしょうか。

「ファイブスターズマーケッツ」という海外業者では為替や株式だけでなく、先物商品や仮想通貨など多彩な銘柄があるのでぜひ利用してみてください。

ファイブスターズマーケッツを試してみよう

キャンペーン特典

入金額に応じて(※要確認)

これまで出金拒否はゼロの実績!そして最短1日のクイック出金に対応済みの安心感!
取引方法の種類、通貨ペアだけでない銘柄の豊富さ、そして100円から最短30秒の投資ができるバイナリーオプション業者。これほどまでに充実した取引ができる業者は滅多にないでしょう。

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/11/23

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
857件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
533件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
515件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  > 株と為替の違いは?投資初心者がやるならやっぱりバイナリープション!