>  > 4月前半の経済指標まとめ 取引前にチェック!
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

4月前半の経済指標まとめ 取引前にチェック!

4月経済指標

3月は米合同本会議後の為替の動きやトランプ大統領の議会演説、FOMCの利上げやオランダの総選挙など為替に影響を与えるイベントが多くありましたね。このイベントを見逃さずに取引をしたという方の中には多くの利益が出せたという人もいるでしょう。

それでは4月はどうなのかと気になる人もいるかもしれません。4月は今のところ為替に影響がありそうなイベントと言えばフランス大統領選です。その他にも経済指標は為替に大きな影響を与える可能性があります。今回は4月前半に発表される重要な経済指標について紹介するので参考にしてください。

トランプ大統領はどうなのか?

トランプ大統領の行方

まずはまだまだ注目されているトランプ大統領。先日ニュースで米医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案が撤回されましたね。要は「オバマケア廃止しようかと思ったけど、やっぱりナシで!」という風になってしまったわけですね。

オバマケアの代替案の撤回を受けて、減税やインフラ整備を柱とした景気刺激策への期待が後退してしまい、ドル円は一時的に100円台まで下がってしまいました。オバマケアの代替案撤回はトランプ政権に大きな打撃を与えてしまったので今後もゆっくりではありますが、ドルは売られていくと思われます。

4月23日のフランス大統領選の行方はどうなる!?

フランス大統領選挙

また、4月の23日にはフランスの大統領選がありますね。当初はフィヨン氏が最有力候補と言われていましたが、不正給与疑惑が浮上したため支持率は急降下してしまい、現在はマクロン氏が最有力候補となりました。

しかしもう一人「フランス第一」を訴えるルペン氏も支持率が高く、もし氏が大統領になれば「EUを離脱するかどうかの国民投票を行う」と言っています。現在フランスでは移民問題などにより、EU加盟に疑問を持っている国民が少なくありません。

そのため彼女が当選して国民投票を行った場合、フランスがEUから離脱する可能性が出てきます。オランダの総選挙とフランスの大統領選挙を見逃すな!でも記載していますが、フランスはEUの経済を担っている国のひとつでもあるのでフランスのEU離脱が決まればEURが大幅に下落することは避けられないでしょう。

現在はまだマクロン氏が最有力候補と言われていますが、彼にもスキャンダルが発覚したことでルペン氏が当選する可能性も出てきているので、今後のフランス大統領選の動向にも注目しておきましょう!

4月前半の重要な経済指標をチェック!

4月の経済指標をチェックしよう

バイナリーオプションで取引チャンスとなるのは経済指標が発表される時というのは多くの人が知っていることでしょう。経済指標は市場が開場している平日は毎日何かしらの指標が発表されています。重要な経済指標が発表されればレートが大きく動く可能性が高いのでぜひ注目しておいてください。

ここでは為替に大きな影響を与えるといわれている経済指標を紹介しています。4月1日~4月15日の間に発表される重要度の高い経済指標を紹介するので、チェックしておきましょう。バイナリーオプションで稼ぐためにも見逃せません。

4月3日(月)日・日銀短観

日銀短観とは日銀が発表している「全国企業短期経済観測調査」のことで、景気動向を計る指標となっています。発表は製造と非製造に分けて発表されます。

企業が自社の業績状況や今後の先行きについてどう見ているのかがベースとなっており、売上高、設備投資額、在庫、雇用人数などに分けて前回と比べて何%変動したかを発表するものです。

日銀短観(業況判断)
製造業と非製造業の業況判断です。現在の企業の業績が前回と比べて良くなっているのか悪くなっているのかを表す数字のことで、景気が悪くなると数字に即座に影響を与えます。

日銀短観(先行き)
製造業と非製造業の先行きを表した数字です。景気が良くなると思う企業が増えると、業況判断の数字は悪くても、先行きお数字はよくなります。

日本時間8:50発表 予想値:-
予想<結果=JPYは上昇
予想>結果=JPYは下落

4月3日(月)豪・小売売上高

小売売上高とは小売業の売上高のことです。オーストラリアの小売売上高は統計局が毎月上旬に発表しています。小売売上高にはレストランやファーストフードなどの飲食店から百貨店、家具、家電、スポーツ用品、化粧品、書籍、日用品、娯楽品などあらゆるものが含まれます。

指標発表直後のAUDUSDの平均変動幅は16pipsとなっており、スプレッドのある取引でも勝てる可能性は高くなっています。為替レートが動くかどうかは事前の予想との差で決まるので予想に対して結果がどうなったのかをしっかりと確認するようにしましょう。

日本時間10:30発表 予想値:-
予想<結果=AUDは上昇
予想>結果=AUDは下落

4月3日(月)EU・生産者物価指数

生産者物価指数とは生産者物価の変動に関するデータのことです。ユーロ圏の生産者物価指数は欧州委員会が毎月上旬に発表しています。

商品やサービスが消費者の手に渡ることを消費者物価指数と言いますが、生産者物価指数はメーカーなどの生産者が商品を売る時の価格です。

指標発表後の為替レートの平均変動幅は6pipsと小さいですが、スプレッドのある取引を攻略するには十分な値動きです。

日本時間18:00発表 予想値:-
予想<結果=EUR上昇
予想>予想>結果=EUR下落

4月3日(月)EU・失業率

失業率とは働く意思がある人のうち仕事がない人の割合を表したものです。ユーロ圏の失業率は欧州委員会が毎月作成し、翌々月の上旬に発表しています。ユーロ圏の失業率は景気の良い時で7%前後、悪い時で12%前後です。

指標発表直後の為替相場の平均変動幅はEURJPYで8pipsとなっています。ユーロ圏では失業率が10%を上回るか下回るかで景気状況を判断する材料となりますが、2012年以降は10%を上回ることが多くなっているのです。

失業率が上がればユーロが売られ、失業率が下がればユーロ買いに繋がりますが、指標発表直後の為替変動については予想値と結果の差で決まるので数値が良いからと言って必ずしもユーロ高になるわけではないということに気を付けましょう。

日本時間18:00発表 予想値:-
予想<結果=EUR下落
予想>結果=EUR上昇

4月4日(火)豪・豪中銀(RBA)政策金利発表

政策金利とは中央銀行が銀行に融資する際の金利のことです。オーストラリアの政策金利は毎月第一火曜日にRBA(オーストラリア準備銀行)が発表しています。RBAは年率2~3%のインフレ目標を設定しており、インフレ率が高い場合には利上げし、インフレ率が低い場合には利下げするのです。

政策金利は為替相場に与える影響が大きいため、注目の指標となっています。指標発表時のAUDJPYの平均変動幅は27pipsと大きく動く可能性があることがわかるでしょう。注目度が高い重要な指標ですので、変動幅も大きくなります。特に事前の予想に反し、利上げや利下げが行われたときには一瞬で1円以上動くこともあります。

日本時間13:30発表 予想値:-
利上げについての発言があった=AUD上昇
利下げについての発言があった=AUD下落

4月4日(水)米・ADP民間雇用統計

為替相場が最も大きく動く可能性がある指標はアメリカの雇用統計ですが、雇用統計にはもう一つADP雇用統計があります。ADP雇用統計はADP社という民間の給与アウトソーシング会社が発表している雇用調査です。

雇用統計の2日前の水曜日に発表される指標で、労働省が発表する非農業部門雇用者数雇用統計の先行指標として注目されています。ただし、ADP雇用統計の数字が良くても雇用統計の数字が悪い時もあるため注意してください。

発表直後の為替相場の平均変動幅はUSDJPYで12pipsとなっており、それなりに注目されている指標です。ADP雇用統計と雇用統計のインパクトは全く違うので、ADP雇用統計の結果を見て雇用統計の動きを予測するのは難しいので参考する程度にすると良いでしょう。

日本時間21:15発表 予想値:-
予想<結果=USD上昇
予想>結果=USD下落

4月6日(木)米・FOMC議事録公表

FOMC議事録公表は年8回あるFOMCの議事録の公表です。FOMCでは政策金利発表や為替レートの誘導目標などの方針が議論されますが、委員会が開かれた3週間後に議事録が発表されます。FRBが政策金利を決定した背景やアメリカの経済状態をどう見ているか、先行きはどうなのかなどの議論の結果を公表します。

今後のアメリカの経済を占う重要な発表なので、内容によっては為替相場が大きく動く可能性がありますが、FOMC議事録発表前は売買を控える投資家が多く、為替相場が動かない時も多いので注意が必要です。

議事録公表後の為替相場の平均変動幅はUSDJPYで18pipsです。FOMC政策金利発表と比べると動かないこともあります。発表時間が日本時間の朝4時~3時なので寝ている人も多いでしょう。取引ができない業者もあるので注意してください。

日本時間3:00発表 予想値:-
FOMC政策金利発表では利上げを行いましたが、今後の利上げの回数は少ないため上がる可能性は少ないですが、経済状態が良いと判断されれば上がる可能性もあるでしょう。

4月6日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表しています。新規失業保険申請件数も雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場の変動を見るとADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

新規失業保険申請件数は失業者のうちどれくらいの人が失業保険を受け取り、どれくらいの人が再就職できたのかを見極める指標です。雇用統計やADP雇用統計は月に1度の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されていますが、7月は工場が修理点検のために閉鎖され、その関係で件数が増えるなど季節要因も考えられます。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD下落
予想>結果=USD上昇

4月7日(金)米・雇用統計

雇用統計とはアメリカの雇用に関する指標のことで、景気動向を計るうえで最も重要な指標です。毎月第一金曜日の夜にアメリカ労働省が発表します。この時はFXトレーダーも固唾をのんでパソコン画面を注視しているという方も多いでしょう。

FX取引をしている人であれば絶対に聞いたことのある雇用統計ですが、雇用統計という指標があるわけではありません。非農業部門雇用者数や建設業就業者数、製造業部門雇用者数など10数項目の指標をまとめて雇用統計と呼び、この中でも特に重要視されるのが「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。

雇用統計発表直後の為替相場の平均変動幅はUSDJPYで42pipsと大きく変動します。最も為替相場に大きな影響を与える指標ですので平均値でもかなり大きな数字になり、極端に予想との数値が乖離していたり、前月分の修正幅が大きいと、一瞬でドル円が1円以上動くこともあるのです。

数値が15万人を超えると景気が良いとされますが、相場変動幅は予想との乖離で決まります。FXやバイナリーオプションで取引しているトレーダーにとっては毎月のイベントですので第一金曜日の夜は注目しておきましょう。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD上昇
予想>結果=USD下落

4月11日(火)EU(独)・ZEW景況指数

ZEW景況指数とは民間調査会社ZEWが発表している景気に関する統計のことで、ZEWはドイツの欧州経済研究センターです。ZEWは毎月中旬にユーロ圏を対象にした景況指数とドイツを対象にした景況感指数を発表しています。

機関投資家や金融機関に「6か月先の景気」に関する質問を行い、全体の景況感を調べています。主にドイツの景況感ですが、ユーロはドイツの影響が大きいため注目されます。

指標発表後の為替変動幅はEURJPYで平均10pipsです。景気が良くなる見通しが上がれば消費も上がり実際に景気も良くなってくるので、景況感指数は景気の先行きを占うために重要な指標になります。

日本時間18:00発表 予想値:-
予想<結果=EUR上昇
予想>結果=EUR下落

4月12日(水)英・失業率/失業保険申請件数

失業率とは働く意思があるのに仕事が見つからない人の割合のことで、イギリスの失業率は国家統計局が毎月中旬に発表しており「失業者÷労働人口×100」で表されます。失業率と同時に失業保険申請件数も発表されており、アメリカの雇用統計などと同じように雇用関係の指標は相場への影響が大きいのです。

失業率が高かったり失業保険申請件数が多ければその国の通貨が売られますが、指標発表直後の動きは数値の良し悪しではなく、事前の予想と結果との差で決まるので事前にポジションを持つ人は予想が実際より高いのか低いのかで判断する必要があります。

指標発表直後のGBPJPYの平均変動幅は35pipsです。失業率と失業保険申請件数の両方の数字が反映された結果なので変動幅は大きくなることを覚えておきましょう。

日本時間17:30発表 予想値:-
予想<結果=GBP下落
予想>結果=GBP上昇

4月13日(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計に代表されるように雇用関係の指標は為替相場に大きなインパクトを与えることが多く、投資家が注目している指標のひとつです。新規雇用者数と失業率はオーストラリアでの雇用統計と言っても過言ではなく、統計局が毎月中旬に発表しています。

新規雇用者数とは該当の月に新たに雇用された人の数で、失業率は働く意思があるのに仕事がない人の割合のことです。雇用統計は個人消費に直結し、雇用者数が少なかったり失業率が大きいと個人消費が冷え込み景気が後退します。そのため為替レートに大きな影響を与えるのです。

指標発表後のAUDJPYの平均変動幅は34pipsとなっています。数値の良ければAUDは買われ、悪ければAUDは売られますが、指標発表後の値動きは予想と結果との乖離が激しい時に大きく動くので指標が発表される際に取引をするときは注目しておきましょう。

日本時間10:30発表 予想値:-
新規雇用者数
予想<結果=AUD上昇
予想>結果=AUD下落
失業率
予想<結果=AUD下落
予想>結果=AUD上昇

4月13日(木)独・消費者物価指数(確報値)[前月比/前年比]

消費者物価指数(CPI)とは一般消費者がものを買ったりサービスを受けたりする時の価格変動を前月比や前年比で表した指数です。ドイツのCPIは連邦統計局が毎月上旬に発表しています。国全体の指標の他にドイツの主要都市のデータが発表されています。

CPIはインフレ率を測る指標として注目されています。ユーロ圏では2%のインフレ目標が設定されており、ドイツはユーロ圏のGDP全体の30%を占めるほどの経済国なのでドイツのGDPや物価指数が重要となってくるのです。

指標発表直後のユーロ円の平均変動幅は7pips。CPIが高ければ利下げ、低ければ利上げ方向に動きますがドイツのCPIの数字がユーロ圏の政策金利に直結するわけではないことを覚えておきましょう。予想よりも極端に良い数字や悪い数字になった時は為替が大きく動くので注目しておくと良いですね。

日本時間15:00発表 予想値:-
予想<結果=EUR上昇
予想>結果=EUR下落

4月13日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカ労働省が発表しています。新規失業保険申請件数も雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場の変動を見るとADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

新規失業保険申請件数は失業者のうちどれくらいの人が失業保険を受け取り、どれくらいの人が再就職できたのかを見極める指標です。雇用統計やADP雇用統計は月に1度の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されていますが、7月は工場が修理点検のために閉鎖され、その関係で件数が増えるなど季節要因も考えられます。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD下落
予想>結果=USD上昇

4月14日(金)米・消費者物価指数

消費者物価指数(CPI)は消費者物価の変動を表す指数で、インフレに関する重要な指標で毎月15日頃にアメリカの労働省が発表しています。CPIにはCPIとCPIコアがあり、CPIコアは食品やエネルギーを除いた指数です。CPIは実際に消費者が物を買う段階での指標なので景気動向を探る最重要指標とも言えます。

アメリカはインフレ目標を設定しており、CPIが低ければ購買意欲を刺激するために利下げを行う可能性があります。逆に数値が良ければ利上げを行う可能性があるのです。CPIは各国でも発表されている数値で、どの通貨でも影響を受けるので覚えておくと良いでしょう。

発表後の為替相場変動幅は平均で11pipsとなっており、それなりに影響が大きい指標と言えます。数値は前月比と前年比が発表されます。前年比でマイナスになった場合はインフレではなくデフレになったことを意味し、経済状況が悪いということなのでUSDは売られる可能性が高くなるでしょう。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD上昇
予想>結果=USD下落

経済指標を狙って取引をするなら海外バイナリーオプションがオススメ!

今回は4月前半の経済指標について紹介してきました。4月前半は経済指標を狙って取引をしていきながら、4月後半に行われるフランス大統領選に備えておくと良いでしょう。

ここでは管理人オススメの海外バイナリーオプション業者を紹介するのでぜひ登録してチャンスを自分のものにしてください!

オプションビット

オプションビット

オプションビットは独自のシグナルツールである「アルゴビット」が使える業者です。シンプルな操作方法で予想的中率も高く、初めて取引をする方にオススメ。
アルゴビットの他に高機能チャートもあるので初心者だけでなく分析しながら取引したい人にも良いでしょう。出金の際は銀行送金であれば1日出金も可能という信頼性の高い業者です。

オプションビットに無料登録

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。2chでも出金報告が多いので、多くの方が出金できることが証明済み。
ペイアウト率2倍の取引もあり、ハイリターンを狙って一気に利益を出すことも可能。オーストラリア金融庁にも認可を受けて運営しているので安心して利用できる業者です。

ハイローオーストラリアに無料登録

カテゴリ:ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2017/10/17

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

オプションビット

オプションビット

サイトの特徴

オプションビットは自動取引ができるフォロートレード相場を予想してくれるアルゴビットなどの便利な取引ツールが使える業者です。お得なクーポンコードを使えば初回入金ボーナスもアップするのでぜひチェックしてください!

初回入金額
¥27500
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
約1.75~5.50倍
評価された数
810件
口コミ件数
94件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
717件
口コミ件数
239件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
396件
口コミ件数
126件

高評価の理由を見る

登録はコチラ