ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

月初と月末の為替特徴とバイナリーオプション取引の攻め方

月初と月末の為替特徴とバイナリーオプション取引の攻め方

バイナリーオプションをこれから始めようと思っている方はもちろん、初心者の方で1カ月の間相場にどのような特徴があるのかきちんと理解して取引を行っている方はどれくらいいるでしょうか?

中々きちんと理解している方はいないかもしれませんね。特に月初と月末の相場の特徴を理解しておくことはバイナリーオプションで成功するためにも必要不可欠な要素です。

今回は初心者の方に向けて月初と月末の為替相場の特徴を解説しながら、バイナリーオプションで取引する際はどのように取引すればいいのかの戦略についても詳しく解説します。

月初と月末の為替相場を理解しよう

月初と月末の為替相場を理解しよう

相場は生き物であるとよく言われます。それは動き方に統一性がなく急な動きも多い為、予想がしにくい特徴があるから、生き物と例えられるのです。

そんな予想がしにくい為替相場ですが、特に月初と月末は為替相場がいつも以上に不安定になりやすいと言われています。

月初の為替相場の特徴は

まず月初の為替相場の特徴について解説します。一言で月初の相場を表すなら「重要指標」が多いことでしょう。指標とは経済指標とも呼ばれ、各国の公的機関が発表する現在の経済状況を表す数値が発表されます。

代表的なものであれば第1週金曜日に発表されるアメリカの雇用統計です。

この経済指標が発表されると相場がどうなるかというと、指標の結果によって大きく一方向に動いたり、上下したりとテクニカル分析を無視した動きをしやすくなります。

よくFXの世界ではこの経済指標を使って大きく儲けようとする方がいますが、初心者がトレードする際は指標の結果と過去の動きも理解しないと大抵が大損します。

値幅で利益が決まるFXでは中級者上級者であっても、この日をきっかけに大損して破産してしまうトレーダーもいるくらいです。

そのくらい相場の動きが大きく変動するので、いつものようにMT4など分析ツールを使ったテクニカル分析で勝負しようとしてはいけません。

発表される経済指標の数値が予想より良好なら〇が上がる!数値が悪ければ〇が下がる!を理解し、結果数値で予想値との結果数値の幅なども加味して、立ち回ることが重要です。

月末の為替相場の特徴は

続いて月末の為替相場の特徴について解説します。月末特に20日以降は、経済指標が多い傾向にあるというよりは輸出業者が従業員や下請け会社に賃金の支払い等を行うため、ドルを売って円に変える動きが出ます。

そのためドル円に限って言えばドル売りが強くなる傾向があるでしょう。ある程度傾向は見えやすい為、月初よりは相場の動きが安定しておりテクニカル分析で一定の勝率は確保できると思います。

しかし侮ってはいけません。ドル売りが強くなるとはいえ、月末は値動きが激しくなりやすい傾向なので、予想がしにくいことには変わりありません。

さらに月によって月末の特徴も変わってきます。例えば3月や9月であれば決算時期が重なるため、円高になりやすかったり10月は11月のヘッジファンド決算に向け、マーケットが大きく動く可能性が高いでしょう。

また12月は米国企業の決算があるため円安になりやすく、さらにクリスマス休暇を挟むためマーケットが閑散としているところに大きなニュースがあれば、急激な動きをする傾向等月末は月によって相場の状況が変わってきます。

つまり月末は経済指標と言うよりも各国の企業の事情で相場が動くということを理解しておくとわかりやすいです。

バイナリーオプションにおいて月初・月末の取引は危険!?

バイナリーオプションにおいて月初・月末の取引は危険!?

それぞれの為替相場の特徴について解説しました。月初と月末は相場変動が起こりやすく、予想がしにくい傾向にあることが分かっていただけたと思います。

そこでバイナリーオプションの取引においてどのような影響があるのか考えてみましょう。

結論からお伝えするとしたらテクニカル分析に自信がない方は月初のファンダメンタルズ分析という経済指標などを狙った取引の方が初心者の方にはおすすめで、逆にテクニカル分析が必要となる月末は避けた方がいいでしょう。

次にテクニカル分析を勉強中で一定レベル行える初心者の方は月末のトレードも十分問題ないと思います。逆にテクニカル分析を無視した相場起こる月初は、取引を控えた方がいいです。

FX業界では、経済指標を狙った取引は基本初心者には不向きと言われていますが、バイナリーオプションはFXと違いポジションを保有しているわけではなく、ある限定した時間帯において取引をするためしっかりと対策を練れば勝率の高い取引は出来ます。

例えば、月初であれば重要経済指標が発表される数時間前からチャートの傾向を把握しておきます。

『まだチャートに伸び幅がある?』『まだ下落の限界ラインまでは幅がある?』など経済指標の発表後に何処まで影響(トレンド)が起き、また、どこでチャートが反発する可能性があるのか相場状況の確認です。

次に経済指標の数値が発表された瞬間に短期取引か中期取引で、予想値より良好なら「High」、悪ければ「LOW」とエントリーします。

なお「短期取引」か「中期間取引」のどちらを選択するかは、先ほど確認した値幅の限界幅や経済指標の過去のチャート動き、指標の重要度を考慮して使い分けます。

月末であればゴトー日と呼ばれる日(5日、10日、15日、20日、25日、30日もしくは31日)を狙うと良いでしょう。

ゴトー日は企業が給与の支払いをしたり締め日として設定することが多い為、これらの日は「米ドルが買われやすい」という事を念頭にトレードすることで、月末であろうがテクニカル分析を信じて取引が出来ます。

初心者の方は月初が勝ちやすいのか、月末が勝ちやすいのか自分の勝率を確認するためにもデモトレードもしくは本口座でいつもより投資額を抑えたり、取引回数を1回だけにするなど極力損をしてもメンタル面に影響しない程度に取引して攻略してみてください。

まとめ

以上が月初と月末の為替相場の特徴について解説しました。一言でまとめるとするならば、月初と月末は相場が大きく動きやすく、不安定な要素を持っています。

バイナリーオプションを始めたばかりで、まだファンダメンタルズやテクニカル分析なんてわからない!という方はこの時期に取引をしない選択も取るべきです。

特にバイナリーオプションの場合、短時間で取引出来るため、毎日取引したくなる気持ちが起きやすいです。しかし投資は増やすことも大切ですが、それよりも資産を守ることも考えなくてはなりません。

自信はないけど月初も月末も狙ってみたいという方に、当サイトでは初心者の方でも経済指標時にどのような結果が出たら、どのようなバイナリーオプション取引を行えばいいのか狙い目を定期的に更新しております。

そちらは参考になると思います。またテクニカル分析でも様々な手法を当サイトで紹介をしているので、月末にも対応できるように是非ご確認ください。

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/09/23

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
853件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
531件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
511件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  >  > 月初と月末の為替特徴とバイナリーオプション取引の攻め方