>  > 英国のEU離脱問題による今後の為替の動きに注目しよう
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

英国のEU離脱問題による今後の為替の動きに注目しよう

国民投票により決定!英国はEU離脱

イギリス

2016年6月24日、イギリスで歴史的な決定がなされました。それが国民投票による”イギリスのEU離脱”です。

今回の国民投票でイギリスはEUから離脱するということが決定しました。このことにより世界の為替にはどのような影響が出たのでしょうか?

ここではMT4のチャートを見ながらどのように動いていったのかを紹介しようと思います。

国民投票の開票日のチャートを見てみよう

今回は国民投票の開票が行われた日のMT4チャートを確認してみました。確認したのはGBPとペアの通貨で主要通貨ペアとも呼ばれている”GBP/USD”と”GBP/JPY”です。

その日のオープン価格やクローズ価格と高値や安値、そして昨年の6月とも比較してみたのでどのように動いたのかを参考にしてください。

GBP/USDのチャート

イギリス

まずは”GBP/USD”のMT4チャートです。緑色で囲んでいる部分が6月24日の投票開票日となっています。

24日に入って1時間たった後、大きく下落していっているのがわかります。ちなみに目で見てわかる範囲では1.5ドルから数時間で1.3ドルまで下落。

一気に0.2ドル下がるのは珍しいといえます。ではここでGBP/USDの値動きを見てみましょう。

6月24日のGBP/USDの値動き
Open(1.4902),Close(1.3639),High(1.5004),Low(1.3227)
2016年6月のGBP/USDの値動き
Open(1.4483),Close(1.3405),High(1.5018),Low(1.3231)
2015年6月のGBP/USDの値動き
Open(1.5291),Close(1.5710),High(1.5933),Low(1.5168)

2015年6月のGBP/USDの値動きを見てみると、1か月のうちにそこまで大きな値動きはありません。HighとLowを比べてみても0.0765という値動きになっています。

それに比べて2016年6月のHighとLowの差を比べてみると-0.2713と大幅に下落しているのがわかるでしょう。その後も一度レートを戻ろうとしていましたが、結局上昇しきれずに1日が終わってしまいました。

GBP/JPYのチャート

イギリス

そして”GBP/JPY”のMT4チャートです。こちらも投票の開票日である6月24日のチャートは緑色で囲んでいます。

GBP/JPYでも24日に入ってから1時間たった後に大きく下落していっています。目で見てわかる範囲としては30円近く下落。

経済指標が出たときなどは3円ほどの値動きが多いGBP/JPYですが、その10倍ほど下落しているということが言えますね。ここでもGBP/JPYの値動きをまとめてみました。

6月24日のGBP/JPYの値動き
Open(157.67),Close(139.45),High(160.06),Low(133.22)
2016年6月のGBP/JPYの値動き
Open(160.24),Close(136.94),High(160.66),Low(133.31)
2015年6月のGBP/JPYの値動き
Open(189.72),Close(192.44),High(196.10),Low(188.47)

GBP/JPYも2015年6月のHighとLowを比較してみました。比べてみた結果は7.63円とそこまで大きな値動きではありません。

しかし2016年の6月のHighとLowの差を比べてみると、27.35円と大きくなっています。しかもこれが1日のうちに発生したというのですから驚きです。

これらの結果を見ると今回のイギリスのEU離脱が多くの投資家に注目されていたことがすぐにわかりますね。

イギリスがEUを離脱したい理由とは

イギリス

そもそもなぜイギリスは経済的にもメリットのあるEUを抜けたいのか。その理由は難民受入れ問題でしょう。

イギリスは社会保障が手厚くしっかりと手続きをして難民として受け入れられることができれば様々な保障が受けられます。

例えば福祉手当として金銭を受け取ることができますし、無料で医療施設を利用できるなど難民や移民からすれば「素晴らしい国」なのです。

難民や移民がイギリスに増えるとどうなってしまうのか、予想ができた方もいるかもしれません。

イギリスの社会保障で必要となるお金は国の税金です。国の税金を納めているのはイギリスの国民ですが、難民や移民が増えれば増えるほど税金が必要になるのは理解できるでしょう。

税金が必要となってくればイギリス国民の負担は大きくなり、生活が苦しくなる人も。イギリスは裕福な国というわけではありません。

国民からしてみれば「自分たちが生きていくのがやっとなのに移民や難民に使うお金なんかない!」というわけです。

では難民の受入れを拒否すればいいじゃないか、という意見も出てくるでしょうがEUに残ったままでは受入れ拒否はできません。

その理由が「EUに加盟している国は難民受入れを拒否できない」という法律があるため。イギリスが移民や難民受入れを拒否するにはEUを離脱する必要があるのです。

また最近はシリアやイラクの難民に混じってイスラム国のテロリストによる治安の悪化も不安視されています。実際にフランスのパリでもテロが発生しました。

これらのことがあり、イギリスではEUを離脱しようという動きが高まったのです。

EUを離脱するとどうなる?

イギリス

上ではイギリスがEU離脱しようという動きが高まった理由を紹介しましたが、ここではEUを離脱することによるデメリットについてもお話ししします。

EUを離脱することによってメリットばかりが発生するわけではありません。もちろんデメリットもあるということを忘れないようにしましょう。

このままイギリスがEUを離脱するということになればイギリスに集まっている企業の金融機関のほとんどがドイツやフランスに拠点を移す可能性も。

そうなってしまうと多くのイギリス人が失業してしまいます。この影響によって生まれる失業者は95万人に上るともいわれています。

このことからイギリスやEUの通貨価値は下がってしまい、世界的に不況となってしまう恐れも。日本の輸出企業にも影響が出てきて日本経済全体の景気悪化にもつながるでしょう。

国民投票のやり直しを求める署名が集まっている!?

この国民投票の結果を受けてイギリスではやり直しを求める署名が集まっています。ただこのやり直しは実現する可能性は低いとのこと。

今後はこれらの動きを含めて為替相場の動向を確認していきましょう。今後も為替が大きく動く可能性はあるのでヨーロッパの動向をこまめにチェックしていくとよいですね。

カテゴリ:ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2017/07/24

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

オプションビット

オプションビット

サイトの特徴

オプションビットは独自のシグナルツールの「アルゴビット」が使える業者です。シンプルな操作方法で、しかも予想的中率も高いという便利な取引ツール。1日出金も可能という信頼性の高い業者でもあります。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
約1.75~5.50倍
評価された数
789件
口コミ件数
87件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
696件
口コミ件数
239件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
384件
口コミ件数
126件

高評価の理由を見る

登録はコチラ