>  > 上海株・中国株が下落している理由まとめ【日経】
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

上海株・中国株が下落している理由まとめ【日経】

近頃、中国株についてのニュースをよく目にしますね。3週間で30%を超える下げ幅をみせ、なんと最近の株式市場で消えた資金は「中国の経済総額」の3ヶ月分とも言われています。

28日前場の日経平均は3日連続での下落。これは中国株の急落が欧米株へ、そしてさらに日本株へも影響を及ぼしているからでしょう。

なぜ中国株はさがっているのか

不動産市場の不調と株式市場への資金流入

上海株・中国株が下落している理由

なぜ中国株価が下落しているのかといえば、考えられる主な原因は下記のようなもの。

恐らく最大の原因と言われているのが「不動産市場の不調」です。頭打ち状態になってしまった不動産投資の次に中国の人々が投資先として選んだのが株式投資。大量の投資が流れたのです。

中国の人口は非常に多いわけですから、かなりの数の投資家が株式市場へと流れこむこととなり、それによってA株市場の株価は一気に上昇。なんと1年ほどで平均2.5倍にも上昇したとの説も。勢いに押されるかたちで更に多くのお金が流れこみ、だるま式に株価が高くなったと考えられます。

また中国本土には株式市場が上海証券取引所(人民元建ての取引)と深セン証券取引所(外貨建ての取引)の2つに分かれており、もともと中国本土の投資家はA株で売買し、外国人投資家はB株での取引というように別けられていたのですが、中国政府が国内の経済発展を目指して香港経由で外国人もA株式市場への投資ができるように許可を出しました。

しかし実際には多くの資金が“海外投資基金”だったため、株式市場が下がり始めると一斉にリスク回避の動きがでてきて中国国内から海外へと資金が逃げてしまうのです。

A株(エーかぶ)とは、中華人民共和国(中国)の上海・深セン(土へんに川)の株式市場に上場している同国企業を対象とした市場の種別で人民元で取引される。A株はもともと中国本土の国内投資家専用であったが、2002年に適格外国機関投資家制度が導入され、海外機関投資家による限定的な投資が認められている。
(※wikipediaより)

知識や経験の乏しい投資家がハイリスクな取引へ走った

ハイレバレッジの危険性

2つ目の理由は「経験の浅い個人投資家の存在」。

日本のように金融機関が主な投資家というわけではなく、中国の株式市場の約8割が個人投資家と言われています。その数およそ2億人。

なかにはもちろん経験豊富なトレーダーもいるのでしょうが多くは初心者と考えられ、仮に2億人の株主が一斉に売却へと走ればその影響は甚大なものとなるでしょう。

これらの投資家が1つ目の理由にあったように「実態の伴わない株価上昇」に踊らされ、高いレバレッジをかけた無謀な投資をしていたとすると非常に危険ですよね。日本もバブル崩壊を経験した国なので分かるかと思いますが、ふとしたきっかけで市場に不安が広がると一気にバブルが弾けて売りの嵐が起こるリスクがあったのです。

未熟なトレーダーが「株価は上がる」と信じこみ、リスクを考えずに借金をしてまで大きな金額で取引したことが今回のパニックを引き起こした理由の一つといえるでしょう。

一部の投資家は大学生であり、乏しい資金のなかでもハイリターンを狙おうと「信用取引」を行うケースもあるとのこと。株式市場が暴落すると大学生のような年若いトレーダーはリスクから逃げることを第一としてしまい、結果的に株式市場へ大きな混乱を招いてしまうのです。

※信用取引とは簡単に言えば持っているお金以上の売買ができるというもの。証券会社に現金や株式を担保として預けることで約3倍もの金額で取引できるようになるかわりに追証がでるリスクもある。

信用取引のリスクについて

今回話にあがった「信用取引」は、自己資金の何倍もの金額で取引できる代わりに市場が暴落暴騰してしまうと一気に損失が膨らみ「上限のない損失がでる」危険を秘めています。

信用取引であれば確かに少ない資金でも大きな金額を動かせますが、追証が発生してしまうと追加の担保を要求されることを忘れず、リスク管理を徹底しなければなりません。中国人トレーダーの多くが初心者ということは、恐らくリスク管理についてあまり意識せずにハイリターンばかりを狙い取引してしまったのかもしれませんね。

スイスフランの暴騰でわかるFXの危険性

FXでもレバレッジといって自己資金の何倍もの金額で取引できますが、スイスフランの暴騰で何千万円もの追証が出てしまった人がいることを考えると、よほど資金に余裕がない限り初心者にはあまりオススメできないと言わざるを得ません。

・投資した金額以上の損失がでない(=取引する前にリスクがわかる)
・投資は自己資金でのみ行う(=レバレッジがないため追証の危険がない)
・取引時間が決まっている(=損切りできずに損失が膨らむことがない)
・200%などのハイリターンもあり(=レバレッジをかけなくともハイリターンが狙える)

上記はバイナリーオプションの特徴をあげたものですが、このような投資方法であれば初心者でもリスク管理をしやすいのではないでしょうか。

基本的に「為替レートがこれから60秒後に上がるか下がるかを予想する」投資のため、単純に計算すると当たる確率は5割。たとえば下記は管理人のトレードを公開している記事ですが、このように戦略を練って取引することで勝率を上げられる可能性もあります。

ハイローオーストラリアで120秒16,000円の利益を出した攻略法

どの投資方法で取引するのかは今後の損益額にも大きく関わってくる重要な部分。中国の事例を参考にしながら後悔のない選択をしたいものですね。

カテゴリ:ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2018/02/18

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
757件
口コミ件数
247件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
436件
口コミ件数
143件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
362件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はコチラ