ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアでセブン銀行は利用できないのか

ハイローオーストラリアでセブン銀行は利用できないのか

この記事に書かれている内容
  • ハイローオーストラリアはセブン銀行を利用できる。
  • SWIFTコードを持ってなくても国内にある全ての銀行に対応

海外バイナリーオプション業者ナンバー1と言っても過言ではない程、人気と知名度のあるハイローオーストラリア。

人気の秘密は、他業者の追随を許さないペイアウト率の高さや海外業者にも関わらず、出金手数料0で出金出来ることなどが挙げられるでしょう。

このほかにもハイローオーストラリアが人気である理由は多々ありますが、やはり稼ぎやすさが人気の最大の理由です。

そんなハイローオーストラリアですが、セブン銀行による入出金が出来ないという噂があります。

ハイローオーストラリアは多くの国内銀行に対応していますが、なぜセブン銀行には対応していないという噂が出ているのでしょうか。

今回はハイローオーストラリアでセブン銀行が利用できない噂について解説します。

セブン銀行が利用できない?

セブン銀行が利用できない?

セブン銀行と言えば、セブンイレブンをはじめとした、セブン&アイホールディングスのお店に設置されているATMを想像する人が多いと思います。

始めに言っておきますが、そのATMで入金や出金が出来ないということではありません。

セブン銀行の口座からハイローオーストラリアの口座へ入金したり、ハイローオーストラリアの口座から、セブン銀行の口座へ出金することが出来ないという噂が拡がっているのです。

ATM利用であれば入出金出来ますのでご安心ください。しかし、この噂はデマです。

セブン銀行でも普通に利用可能です。ではなぜ大手であるセブン銀行の利用が出来ないとういう噂が流れたのでしょうか。

それは、セブン銀行が「SWIFTコード」のある銀行ではないためです。

「SWIFTコードって何?」と思った人も多いと思いますので、その部分も踏まえながら解説していきます。

SWIFTコードとは

SWIFTコードと言われても始めて聞く人が多いかもしれません。

日常的に耳にするような言葉ではありませんからね。ではSWIFTコードとは何なのでしょうか。

簡単に言ってしまえば「海外送金する際に銀行を特定するための番号」というイメージを持つと分かりやすいと思います。

さらにもっと詳しく説明しましょう。SWIFTとは、国際銀行間金融通信協会の略であり、国際送金システム上で送金した銀行や、受け取る銀行を特定するために使用する金融機関識別コードのことをSWIFTコードといいます。

他には、「SWIFTアドレス」や「BICコード」とも呼ばれたりします。このコードはISO(国際標準化機構)によって認証された識別っコードであるため、世界共通で8ケタもしくは11ケタのアルファベットと数字で構成されています。

以上がSWIFTコードの解説でした。しかし、ハイローオーストラリアは海外業者ではあるものの、国内送金に対応しています。

つまり、入金先や出金先になる銀行が特定できるSWIFTコードがある銀行でない場合でも、国内送金によって入出金手続きをしているので、例えSWIFTコードを取得していないセブン銀行でも利用できるのです。

SWIFTコードを取得していない銀行はセブンだけではない

利用できない銀行はセブンだけではない

ではSWIFTコードを取得していない銀行は、セブン銀行だけなのでしょうか。実はSWIFTコードを取得していない銀行は他にも存在します。

「ジャパンネット銀行」「富山銀行」「静岡中央銀行」「大正銀行」です。

なのでこのあたりの銀行も、ハイローオーストラリアでは使えないことになってしまいますが、ハイローオーストラリアでは国内に存在する全銀行に対応しているのでもちろん使えます。

しかし、それらの銀行が使えるとはいえ、心配という人はSWIFTコードを取得している銀行を選ぶことをおすすめします。

国内にある全ての銀行に対応

ここで今一度、ハイローオーストラリアで利用できる銀行を紹介します。

国内にある全ての銀行に対応しています。なので、正直SWIFTコードの有無は関係ありません。

ハイローオーストラリアは海外のバイナリーオプション業者ですが、国内送金に対応していてハイローオーストラリアの口座もイオン銀行の口座であるため、海外の口座に送金する必要がないのです。

つまり国内業者の入金方法と同じような感じと考えていただいて問題ありません。

ハイローオーストラリアにおける銀行振り込みの方法

すでに分かっている人もいると思いますが、ハイローオーストラリアの銀行振り込み方法をおさらいしておきましょう。

銀行振り込みと言っても、直接銀行へ行って入金する人もいると思いますし、ネットで入金手続きをする人もいると思います。

どちらにせよ一つ注意することがありますのでまずはそれについて解説しましょう。

入金する際に依頼人の名前を記入すると思いますが、その際名前の後に管理番号を必ず追加で入れてください。

そうしないと入金の反映に時間が掛ってしまったり、入金されなかったりとトラブルになりかねません。忘れずに必ず追加で入力するようにしましょう。

それから最低入金額もクレジットカード入金と金額が違います。

クレジットカードで入金する場合、最低入金額は5,000円ですが、銀行振り込みの場合は最低入金額が10,000円になるため、クレジットカードと同じように5,000円での入金はできません。金額を確認してから入金するようにしましょう。

それから反映時間もクレジット入金と銀行振り込みではかなり違います。

クレジット入金の場合は、即時反映されますが、銀行振り込みだと反映されるまでに時間が掛るのです。

月~金のお昼12時までに入金すれば、その日の14時から16時の間に反映されますが、お昼を過ぎてしまうと翌営業日の反映になってしまいます。

つまり金曜日のお昼以降に入金してしまうと、翌週の月曜日の朝まで待たなければなりません。

祝日や大型連休前だと、それ明けになってしまうため、かなり反映までに時間が掛ってしまいます。

もしすぐに取引したいのであれば、クレジットカード入金がおすすめです。

クレジット入金ではなく、銀行振り込みで入金したいのであれば時間に余裕を持って入金するようにしましょう。

まとめると

まとめ

いかがでしたでしょうか。セブン銀行が利用できないという噂は嘘であり、ハイローオーストラリアは国内銀行であれば、どこでも利用可能であることが分かっていただけたと思います。

ですが、万が一のトラブルを避けたいというのであれば、海外送金に対応しているSWIFTコードを持つ銀行を利用することをおすすめしますが、あまり神経質になる必要はありませんので安心してください。

ハイローオーストラリアの公式サイト
https://jp.highlow.com/

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2020/12/01

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
862件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
536件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
519件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  > ハイローオーストラリアでセブン銀行は利用できないのか