ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

大学生でもハイローオーストラリアで稼ぐと税金がかかる?

大学生でもハイローオーストラリアで稼ぐと税金がかかる?

この記事に書かれている内容
  • 大学生でも他の収入がなくて利益が38万円を超えた場合に課税されます。
  • 確定申告が必要になりますので、申告忘れがないように注意!

ハイローオーストラリアは、高いペイアウト率を誇っているので大変人気があり、利益を残している方は多いです。

ただ、稼ぎすぎると税金が発生します。大学生でもバイナリーをしている方も多いと思いますが、アルバイトと違って自分で申告しなければなりません。

そこで今回はハイローオーストラリアの税金について見ていきましょう。

大学生でいくら利益が出たら税金がかかるのか?

大学生はいくら利益が出たら税金がかかる?

アルバイトをしていたり、在籍していながら会社で働いている方の場合は、20万円以上稼いだ場合に税金が発生します。

特に他の収入が無い場合には、38万円を超えた場合に課税されるので、必ず今年の利益を確認しておいて下さい。

どのバイナリーオプション会社も必ず、年間利益が確認できるようになっているので、確定申告の時期には目を通しておきましょう。

多少名称が異なる場合もありますが、多くの場合ログインした後に「年間収支表」が確認できます。

20万円、もしくは38万円以下の稼ぎしかない場合は、バイナリーオプションについての確定申告は必要ありません。

税金がかかった場合、確定申告はどうしたらいい?

確定申告の方法は?

ハイローオーストラリアは、海外バイナリーオプションなので総合課税に分類されます。

同じく総合課税に分類される収益と合計し、その額に応じた税率が算出されるので、バイナリーの収益だけではなく他の稼ぎも計算しなければなりません。

総合課税に属しているものは色々ありますが、アルバイトや会社員の給料・インターネットを使って得た利益などがこれにあたります。

具体的な税金計算

今年度の総合課税に属するものを全て合わせ、控除を計算しましょう。

アルバイトの場合は、所得控除額が最低でも65万円、基礎控除が38万円であり、計算式は次のようになります。

計算式

    アルバイトの給料65万+ハイローオーストラリアやインターネットなどで得た利益・経費-基礎控除の38万円=各控除

以上のような計算式で、最終的な答えである金額に課税される形となります。その主な税率は次の通りです。

税金画像

引用:海外FXのトリセツ

これに加え、復興特別税を合わせたものが納税額となります。では次に、具体例について見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの利益が38万円以下の場合

この場合は納税額は0円なのですが、一応確定申告しておきましょう。というのも、脱税をしたという扱いにされてしまうリスクがあるためです。

例えば、ハイローオーストラリアで40万円の利益を出して、22万円の経費を使ったので、20万円以下になり申告しなくてもいいのではないか?

と思うようなケースでも、申告しなければ税務署は経費の存在を知らないので、40万円の利益を出していると扱われてしまう恐れがあるのです。よって、脱税だと思われないように確定申告をした方がいいでしょう。

ハイローオーストラリアで38万円を超えている場合

この場合は確定申告で納税する必要があります。(利益−各控除−経費=38万円を超えている場合)

そこで、一般レベルの大学生の場合の具体例を見ていきましょう。ここでは次のような状況になったとします。

一般レベルの大学生(具体例)
  • アルバイト収入が70万円
  • ハイローオーストラリアでの利益が70万円
  • 経費が10万円

この場合は、アルバイト収入に対する課税額は「70万円−65万(給与控除)=5万円」、ハイローオーストラリアの課税額は「70万円−10万円−38万円=32万円」となり、合計37万円に対して課税される形となります。

そして、37万円の税率は15%なので5万5500円が納税額額です

これに加え、2037年までは復興特別税として2.1%(この場合7700円)更に上乗せされます。このため、6万2700円が真の納税額となるのです。

ハイローオーストラリアを利用する際の注意点

注意点

大学生でも利用が出来るハイローオーストラリアですが、利用する際に税金以外にも注意する点があります。

知らなければ、損してしまうことが多いので、それぞれ確認していきましょう。

適当なトレードでは勝てない

ハイローオーストラリアは、1.95倍のペイアウト率が頻繁に出るので、他のあらゆる口座と比べて勝ちやすいのは事実です。

中にはハイローオーストラリアで、利益を重ねる方の動画を見て惹かれた方も多いでしょう。

しかし現実はそれほど甘くなく、優位性のあるトレード手法が無ければ中々利益を残せません。

というのも、ペイアウト率は2倍あって初めて期待値がゼロになります。このため、1.95倍では勝率が2分の1だとすると期待値がマイナスになるのです。

このため、計算上ではトレードをすればするほど、お金が減ってしまいます。勝率を上げる努力をしなければなりません。

口座凍結されないように注意

ハイローオーストラリアに限らず、どの口座も禁止事項に触れると口座が凍結されます。

こうなると、今までに得た利益を出金することができなくなったり、取引制限させられてしまうので大変面倒です。

普通に使っていれば、口座凍結の問題に触れることはまずありませんが、悪事を行っていなくても凍結されてしまうことがあります。

具体的には、複数の口座を作ったり自動売買ツールを使用するなどです。また、短期間の間に700万円~1000万円稼ぐと、ツールの使用した疑いがかけられて、一時的に凍結されるなどの例もあります。

まとめると

まとめ

ハイローオーストラリアで利益を出すと税金が発生します。大学生でも確定申告しなければなりません。

基本的には38万円を超えた場合にかかるのですが、当サイトでは0円もしくはマイナスではないのであれば、確定申告することを推奨します。

また、海外バイナリーオプションの税金計算方法は少し独特なので必ず覚えておきましょう。

アルバイトは大概会社が確定申告を代行してくれるはずなので、あまり経験がないと思いますが、これを覚えておけばかなり便利です。

また、投資初心者の方は適当なトレードでは勝てないことや、口座凍結の危険についても知っておきましょう。

トレード手法や勝率アップするために、ハイローオーストラリアにあるデモ取引がおすすめです。デモ取引なので、実際にお金が減ることもありませんし、何度でも手法を試すことができます。

デモ取引方法はコチラを参考にご覧ください。
【登録不要!】ハイローオーストラリアでデモ取引をする方法
ハイローオーストラリアの公式サイト
https://jp.highlow.com/

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/12/07

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
857件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
533件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
515件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  > 大学生でもハイローオーストラリアで稼ぐと税金がかかる?