ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

バイナリーオプションの低倍率ペイアウトでは稼げないのか?

バイナリーオプションの低倍率ペイアウトでは稼げないのか?

この記事に書かれている内容
  • 低ペイアウト率では稼げない。
  • 日本の業者ペイアウト率と外国の業者ペイアウト率を比較すると、外国の業者ペイアウト率の方が高い。

バイナリーオプションで稼ぐには、重要しなければいけないポイントがいくつかあります。中でもひとつ挙げられるのが、ペイアウト率です。

よく勝率が大切だと言われます。しかし、勝率のほかにこのペイアウト率も大切なのです。

高倍率の方が稼げるのか?低倍率でも稼げるのか?今回の記事ではペイアウト率について、フォーカスして解説したいと思います。

低倍率ペイアウトは国内バイナリーオプションでよく選ばれる

低倍率ペイアウトは国内バイナリーオプションでよく選ばれる

ペイアウト率が単純に高ければいいのか?それとも違うのか、どのように大切か疑問を抱きますよね?

結論から言うと「ペイアウト率の高さが重要な場合もあれば、逆に低い方が稼ぎやすい場合もある。」ということです。

つまり、日本の業者で取引をするのか、外国の業者で取引を行うのかで、ペイアウト率と稼ぎやすさの関係が変わってくるということになります。

まず日本の業者のペイアウト率と、稼ぎやすさの関係について解説していきましょう。

国内バイナリーオプション業者について

国内バイナリーオプション業者について

日本の業者のルールや特徴について抑えておきましょう。まず、基本ルールはこうなります。

「HIGH」「LOW」を選択してエントリー

②勝てば「購入した枚数」×「1,000円」が支払われ、負ければ投資金額全額没収。これが日本の業者のルールです。

そして、取引方法は大抵3種類あり、その取引方法の名前をそれぞれ「ラダー」「レンジ」「タッチ」といいます。

名前だけ書かれても具体的なイメージがわきにくいと思うので、それぞれどのような取引方法なのか、詳しく紹介しますね。

ラダー

ラダーの特徴は、判定時刻に目標レートよりも上か下かを予想してお金を掛ける取引方法です。

つまり一般的に知られている取引方法と同じものとして認識しておくと分かりやすいのではないでしょうか。初心者の方はこのラダーから始めるのがおすすめです。

レンジ

レンジの特徴は、単に上か下を予想するものではありません。

判定時刻にあらかじめ決められたレンジの範囲内に価格が収まっていれば勝ちとなる取引手法です。

レンジ相場で値動きが小さい時に有利に働く取引手法と言えますね。

タッチ

タッチの特徴は、判定時刻が来るまでに目標レートにタッチするか、それともタッチしないかを予想する取引方法です。

先ほどのレンジ取引とは逆で値動きが大きい時に有利に働く取引手法と言えますね。

日本の業者のペイアウト率について解説

ルールや取引方法の種類が分かったところで次は、ペイアウト率について解説します。

結論から言うと日本の業者の場合、ペイアウト率が低い方が稼ぎやすいです。

もちろん一回の取引に対する利益は少ないですが、その分勝ちやすいため儲けを積み重ねやすいメリットがあります。

また日本の業者の場合、目標レートによって払い戻しの金額が変動します。

なので、ペイアウト率が高い方が目標レートに達する確率も下がるということです。賭ける金額も数十円~数百円に設定されています。

それに枚数を重ねて購入するため、払戻金額が低いレートは枚数を多めに賭けて、払い戻しの金額が高いのは、枚数少なめに賭けるという取引も可能。

やり方次第では、大きく稼ぐことも可能なのが、日本の業者の特徴です。

もう少し具体的なイメージがつきやすいように、バイトレのラダー取引画面を使って解説します。

下の画像が取引画面の画像になるのですが、右側の赤枠に目標レートが確認できるでしょうか。

取引画面

現在の価格が108.855円なので、現在受け付けている目標レートの中でHIGHエントリーした場合、一番払戻金額が低いのは、すでに目標レートを大幅に超えている108.744円になります。

仮にこのままエントリーして判定時刻を迎えた場合、108.744円を超えていれば、購入金額が9,540円に対して払戻金額が、10,000円なので460円が儲けになるのです。

儲けの額からすれば確かに少ないですが、すでに目標レートを大きく超えています。

このまま判定時刻を迎える可能性が高い為、勝ちやすいと言えるのです。

このように、日本の業者で取引する場合は、現在の相場の流れを見ながら低ペイアウト率の取引をすれば、少ない利益ではあるものの手堅く勝っていくことが可能でしょう。

このほかにも先ほど紹介したように、レンジ相場に有利なレンジ取引や、判定時刻までに目標レートにタッチさえすれば、良い取引方法もあります。

相場の状況を考えながら取引方法を変えたり、複数のポジションを持つ戦法を取ることは、低リスクで利益を得ることも出来るのです。

海外のバイナリーオプションの低倍率は?

海外のバイナリーオプションの低倍率は?

次に外国の業者の特徴と、ペイアウト率が稼ぎやすさにどう関係するのかについて見ていきましょう。

まず、外国の業者のルールを紹介します。基本的なルールは、日本の業者と同じです。

次に取引方法ですが、大きく分けて4種類あり、「Turbo」「Turbo スプレッド」「HighLow」「HighLow スプレッド」に分けられます。

Turbo

Turboの特徴は、現在の価格が「30秒後」「1分後」「3分後」「5分後」に、上がるか下がるかを予想してエントリーする取引方法です。

短い時間で取引が完了するため、中々時間が取れないサラリーマンなどを中心に、人気のある取引方法となります。

しかし、1分程度の相場というのはノイズと言われ、分析するのが難しく勝ちにくいのも特徴です。

Turbo スプレッド

Turbo スプレッドの特徴は、Turboと同じですが、ただ上がるか下がるか予想するのではありません。

スプレッドと呼ばれる値幅を考慮した上で、上がるか下がるかを予想するものです。

なので、Turboよりも勝つのがより難しくなります。

HighLow

HighLowの特徴は、現在の価格が「15分後」「1時間後」「24時間後」に、上がるか下がるかを予想してエントリーする取引方法です。

取引時間は長いですが、しっかりとした手法や、相場分析が出来れば、勝率が安定しやすい傾向にあります。

同時に外国の業者で稼いでいるトレーダーの多くは、HighLow取引でエントリーしているのです。

HighLow スプレッド

HighLow スプレッドの特徴は、HighLowと同じですが、ただ上がるか下がるか予想するのではありません。

スプレッドと呼ばれる値幅を考慮した上で、上がるか下がるかを予想するものです。なので、HighLowよりも勝つのが難しくなります。

海外の業者のペイアウト率について解説

次にペイアウト率と稼ぎやすさの関係性ですが、正直低ペイアウト率では稼げません。

日本の業者は、低ペイアウト率の方が稼ぎやすいと紹介しましたが、外国の業者の場合は逆なのです。

理由は簡単で外国の業者の場合、目標レート呼ばれるものが存在しません。

そのため、全ての取引方法が現在の価格から、判定時刻時点で上がるか下がるかを予想するだけの、シンプルなものなのです。

ちなみに、外国の業者の平均的なペイアウト率は1.8倍程度と言われています。しかし、取引時間によっては1.8倍未満の業者もあるのです。

なので、ペイアウト率1.8倍を基準にして、それよりも低い場合は、取引しないようにすることをおすすめします。

海外バイナリーオプションの場合は低倍率でも稼げない可能性が高い!

低倍率でも稼げない可能性が高い!

先ほども説明しましたが、外国の業者で取引をする場合、ペイアウト率の高さは非常に重要な要素になります。

なぜか?それはどの取引方法も、平等なのが外国の業者だからです。

業者によって、払い戻しの金額に差があったとしても、1分取引であれば、どちらを選んでも勝ちや差は一緒になります。

もう少し踏み込んだ言い方をすれば、現在のレートから0.1pipsでも、予想した方向に動きさえすれば、勝てるのが最大の特徴です。

しかし、ギャンブル性が非常に高いとも言えますので、1.6倍の業者よりも、1.9倍の業者の方が稼ぎやすいことになります。

そのため、外国の業者を使って稼ごうと考えているのであれば、同じ取引時間に対して、少しでも高いペイアウト率を設定している業者を選ぶようにしましょう。

それが外国の業者で稼ぐ近道です。ただし、日本の業者と違って外国の業者の場合、取引時間が非常に短く設定されています。

全体的に勝ちにくくなりますので、その点については十分理解した上で臨んでください。

しっかり相場分析をすれば高倍率でも利益が出せる!

しっかり相場分析をすれば高倍率でも利益が出せる!

日本の業者と、外国の業者におけるペイアウト率と、稼ぎやすさの関係性について解説しました。

もう一度結論を言うと、日本の業者はペイアウト率が低い方が稼ぎやすく、外国の業者はペイアウト率が高い方が、稼ぎやすいということです。

ただし、日本の業者よりも外国の業者は、ルールがシンプルであるため、安定した勝率を出し続けるのが難しい部分があります。

稼げないわけではありません。むしろ外国の業者でしっかりと利益を出せるようになれば、日本の業者でも利益を出せるようになります。

外国の業者で稼ぎ続けるには、それなりのテクニカル分析技術が必要です。

それさえ身に付けてしまえば、安定した勝率を出せるようになります。テクニカル分析の技術や、相場観を磨いて外国の業者でも勝てるようになりましょう。

テクニカル分析などを磨くなら、ツールを参考にするものおすすめです。自分でインジケーターを選択し、様々な手法が試せてその手法が使えるか分かる「逆張りチェッカー」は無料なので、気になる方はチェックしてみてください。

ただし、ツールを使ったからと言って必ず勝てるものではありません。あくまでも参考程度のものと認識しておきましょう!

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/11/12

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
856件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
533件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
514件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  > バイナリーオプションの低倍率ペイアウトでは稼げないのか?