ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

【為替予想】1月14日~1月25日までの経済指標をチェック!

1月の経済指標

2019年に入り、早速アップルショックがあるなど株相場や為替相場では突然のサプライズがあり年始から慌てたという人も多いのではないでしょうか。

為替相場もドル円などは売買が拮抗していて、昨日は下がったけど今日は上がっているということもよくあります。そのため相場が読みにくいと感じている方もいるかも知れません。

そのような時は経済指標をチェックするのもオススメです。経済指標が発表されれば短時間でも大きなトレンドが発生する可能性が高くなるのでバイナリーオプションを攻略するチャンス。

ここでは1月14日~1月25日までに発表される経済指標を紹介するので、ぜひ参考にしてください!

1月16日(水)米・小売売上高

小売売上高はデパートやスーパーなどの売上高のことで、個人消費に直結し、GDPに大きな影響を与えるので重要な指標の一つです。

前月比や前年比の数字がプラスになっていれば景気が良くなっている証拠。小売売上高は季節要因や天候の良し悪しによって数値が変動することがあります。

しかし指標発表直後は大きくレートが動く可能性が高いので、30秒~1分の取引がオススメです。その後も緩やかなトレンドが発生する可能性が高くなっているので、5分の取引を行えば勝率も上がるでしょう。

日本時間22:30発表 予想値:0.3%
予想値より結果の数値が高いとドル高になるのでUSDJPYでは「High」
予想値より結果の数値が低いとドル安になるのでUSDJPYでは「Low」

1月17日(木)米・住宅着工件数/建設許可件数

住宅着工件数とは該当付きに新たに建設着工した新築住宅のことです。公共住宅は含まれませんが、集合住宅は含まれます。また建設許可件数とは自治体などへの申請が必要な地域の建設許可のこと。

景気動向や個人消費動向への影響が大きい指標で全体的に大きなレートの動きが発生するということはありませんが、発表直後には大きな値動きが発生することもあるので大きな値動きが出たら短期で取引をするのがオススメです。

日本時間22:30発表 予想値:124.4万件/128.0万件
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSDJPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSDJPYでは「Low」

1月17日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカの労働省が発表しています。

ADP雇用者数や雇用統計は月に1回の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルな景気動向がつかめます。

指標が発表される数分間はトレンドが続きますが、その後は反転して逆の方へとトレンドが続く可能性が高い為、3分取引の後に同じように反転したところを狙って3分以上の取引がオススメです。

日本時間22:30発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル安になるのでUSDJPYでは「Low」
予想より結果の数値が低いとドル高になるのでUSDJPYでは「High」

1月18日(金)英・小売売上高指数

小売売上高はデパートやスーパーなどの売上高のこと。小売売上高は個人消費に直結し、GDPに大きな影響を与える重要な指標の一つです。前月比や前年比の数字がプラスになっていれば景気が良くなっています。

この指標が発表されると最初の1分間は大きくレートが動きますが、その後は相場が反転して緩やかなトレンドが発生するので3分~5分で取引をするのがオススメです。

日本時間18:30発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとポンド高になるのでGBPJPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとポンド安になるのでGBPJPYでは「Low」

1月22日(火)英・失業率/失業保険申請件数

失業率とは働く意志があるのに仕事が見つからない人の割合のことで、失業保険申請件数も同時に発表されており、イギリスの国家統計局が毎月中旬に発表しています。

雇用関係の指標は相場への影響が大きいので注目です。指標発表直後は短いトレンドが発生しますが、その後すぐに反転するという特徴もあります。

他にも相場の動きが不安定になることもあるようなので、予測しづらい相場の時は取引をしないほうが良いかもしれませんね。

日本時間18:30発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとポンド安になるのでGBPJPYでは「Low」
予想より結果の数値が低いとポンド高になるのでGBPJPYでは「High」

1月22日(火)EU・ZEW景況感調査

ZEW景況感指数とは民間調査会社ZEWが発表している景気に関する統計のことで、ZEWはドイツの欧州経済研究センターです。

ZEWは毎月中旬にユーロ圏を対象にした景況指数とドイツを対象にした景況感指数を発表しており、機関投資家や金融機関に6ヶ月先の景気に関する質問を行い、全体の景況感を調べています。

指標が発表されると暫くの間はトレンドが発生するので、3分取引や5分取引を行うのが良いでしょう。その後は相場が不安定になるので取引をするなら指標発表後の3分~5分がチャンスです。

日本時間19:00発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとユーロ高になるのでEURUSDでは「High」
予想より結果の数値が低いとユーロ安になるのでEURUSDでは「Low」

1月22日(火)米・中古住宅販売件数

中古住宅販売件数とはその月に所有者移転が完了した中古住宅の販売件数のことで、景気変動に対する先行性が高いため、注目されている指標の一つです。

中古物件は季節的な影響がなく、景気が良ければ件数が多く、悪ければ件数も少なくなります。指標が発表されればトレンドが発生する可能性が高くなるでしょう。

しかしトレンドが突然反転することもあるので、ポジションを長時間保有するのはおすすめできません。1分~3分の取引を行っても良いと思いますが、大きな値動きであれば30秒や1分などの取引で挑戦してみても良いでしょう。

日本時間24:00発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSDJPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSDJPYでは「Low」

1月23日(水)日・黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

黒田東彦日銀総裁の定例記者会見は日銀金融政策決定会合でどのような内容を話したのかを記者会見で発表する場です。

政策金利発表の時間が早い時は現状維持、遅い時はサプライズがあると言われていますが、あくまでもそのような傾向にあるというだけなので、取引をする際はしっかりと相場を確認してください。

日本時間15:30発表
※事前に開かれた日銀金融政策決定会合にも注目しておきましょう。

1月24日(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計に代表されるように雇用関係の指標は為替相場に大きなインパクトを与えることが多く、投資家が注目している指標の一つで統計局が毎月中旬に発表しています。

雇用統計が為替レートに大きな影響を与える理由は雇用が個人消費に直結するためと言われており、結果と予測の数値が大きく離れていれば変動pipsも大きくなるので予想と結果の数値はしっかり見ておきましょう。

最初は大きくレートが動くので30秒や1分で取引を行い、その後は3分などで取引を行うことをオススメしますが、トレンドはあまり長く続かないので相場が読みにくくなったら取引を控えると良いかもしれません。

日本時間9:30発表 予想値:-
新規雇用者数が高く、失業率が低ければ豪ドル高になるのでAUDJPYでは「High」
新規雇用者数が低く、失業率が高ければ豪ドル安になるのでAUDJPYでは「Low」

1月24日(木)EU・ECB政策金利

政策金利とは中央銀行が銀行にお金を貸し出す時の金利のことで、ユーロ圏の政策金利はECBが決定しています。金利は為替に与える影響が大きいので注目の指標です。

金利を下げたりすることは頻繁にしないので、ユーロ圏の経済状況をチェックしてください。発表直後は大きな値動きとなることが多いですが、その後はもみ合い相場になることもあるため注意しましょう。

日本時間21:45発表 予想値:-
金利を上げるor経済状況が良いとユーロ高になるのでEURUSDでは「High」
金利を下げるor経済状況が悪いとユーロ安になるのでEURUSDでは「Low」

1月24日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカの労働省が発表しています。

ADP雇用者数や雇用統計は月に1回の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルな景気動向がつかめます。

指標が発表される数分間はトレンドが落ち着きますが、その後は反転して逆の方へとトレンドが続く可能性が高いため、3分取引の後に同じように反転したところを狙って3分以上の取引がオススメです。

日本時間22:30発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル安になるのでUSDJPYでは「Low」
予想より結果の数値が低いとドル高になるのでUSDJPYでは「High」

経済指標を狙って取引すれば勝てる可能性アリ!

今回は1月14日~1月26日までに発表される注目度の高い経済指標について紹介してきました。初めて取引をするという方は今回紹介した経済指標が発表されるタイミングで取引を行うのがベストです。

なぜなら経済指標が発表されるときは相場が植替したかの一方向にしか動かないことが多いのでわかりやすいから。ここでは管理人オススメの海外業者を紹介しているので、バイナリーオプションに興味がある人はぜひ登録してください。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはスピーディな出金が可能な海外業者です。5chでも出金報告が多いので、多くの方が出金できることが証明済み。
ペイアウト率2倍の取引もあり、ハイリターンを狙って一気に利益を出すことも可能。オーストラリア金融当局にも認可を受けて運営しているので安心して利用できる業者です。

ハイローオーストラリアの公式サイト・登録はコチラ

トレード200

トレード200_トップ

トレード200はペイアウト率2倍固定のRETURN200があります。最低取引額が200円ですので普段は低額で取引を行い、経済指標が発表されるときに高額でハイリターンを狙うことも可能。
取引画面でローソク足チャートの確認ができるので、簡単な相場分析を行いながら取引をすることができます。もちろん出金もスピーディですので安心です。

トレード200の公式サイト・登録はコチラ

当サイトから口座開設した方限定のシグナルツール

指標が発表されていないというときもバイナリーオプション取引で利益を出していきたいという方は当サイトから海外業者の口座を開設したという方限定にプレゼントしている「逆張りチェッカー」がオススメです。

MT4 逆張りチェッカーのシグナル表示の見方

このツールはMT4で使える様々なインジケーターを選択するだけで簡単にオリジナルの手法を作成することができるシグナルツールです。

上記画像の様に「予告シグナル」「確定シグナル」「予測結果」の3つがチャート上に表示されます。

MT4 逆張りチェッカーの取引検証結果の見方

またシグナルの発生数や勝率、該当手法で得られる利益額も記載されているので、自分が作成した手法が利益を出せるかどうかまで確認できるので。

対象となる海外業者は「ハイローオーストラリア」「トレード200」「theoption」「ソニックオプション」「ザ・バイナリー」「ジェットオプション」「ファイブスターズマーケッツ」です。

忙しくて中々取引ができないという方やまだまだ相場分析に慣れていないという方はぜひ「逆張りチェッカー」をご利用ください!

カテゴリ:バイナリーオプション ニュース 
2019年01月11日 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2019/01/22

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
837件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
502件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

THE BINARY

THE BINARY

サイトの特徴

ザ・バイナリーは最短30秒で2.05倍の取引ができるレンジ取引のあるので、一気に利益を出すことができる業者となっています。また最低入金額10,000円で最低投資額100円という少額で投資ができるのでオススメです!

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥100
ペイアウト率
1.8倍~2.1倍
評価された数
177件
口コミ件数
18件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

 >  > 【為替予想】1月14日~1月25日までの経済指標をチェック!