>  > 【為替予想】7月後半に注目すべき経済指標をチェック!
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

【為替予想】7月後半に注目すべき経済指標をチェック!

7月為替予想

7月も半ばに入ればほとんどの地域で梅雨明けとなるでしょう。梅雨が明ければ本格的に夏が到来しますが、イベントごとが多い夏ではお金を使い果たしてしまうという人も多いかもしれませんね。

お金を使い果たしてしまう前にバイナリーオプションでうまく取引をして資産を残せるようにしておきましょう。そのためにも注目度の高い経済指標をチェックして予想しやすい相場で取引をしてみてください。

7月後半の注目すべき経済指標はコレ!

それでは7月前半に注目するべき経済指標を紹介していきたいと思います。ここでは7月17日~31日までに発表される重要度の高い経済指標を紹介しているのでぜひチェックしておいてください。

7月18日(火)EU(独)・ZEW景況感調査

ZEW景況指数とは民間調査会社ZEWが発表している景気に関する統計のことで、ZEWはドイツの欧州経済研究センターです。ZEWは毎月中旬にユーロ圏を対象にした景況指数とドイツを対象にした景況感指数を発表しています。

機関投資家や金融機関に「6か月先の景気」に関する質問を行い、全体の景況感を調べています。主にドイツの景況感ですが、ユーロはドイツの影響が大きいため注目されます。

指標発表後の為替変動幅はEURJPYで平均10pipsです。景気が良くなる見通しが上がれば消費も上がり実際に景気も良くなってくるので、景況感指数は景気の先行きを占うために重要な指標になります。

日本時間18:00発表 予想値:-
予想<結果=EUR上昇
予想>結果=EUR下落

7月19日(水)米・住宅着工件数/建設許可件数

住宅着工件数とは該当月に新たに建設い着工した新築住宅のことです。公共住宅は含まれませんが、集合住宅は含まれます。また建設許可件数とは自治体などへの申請が必要な地域の建設許可のこと。

アメリカでは住宅を建てる際に自治体などへ許可申請を出さなければいけない地域があり、該当月に許可が出た件数が建設許可件数です。

景気動向や個人消費動向への影響が大きい指標で、建設許可件数と同時に発表され、中古住宅販売件数よりも発表時期が早く毎月第3週に発表されるため注目度が高くなっています。

日本時間21:30発表 予想値:119.0万件/120.5万件
予想<結果=USD上昇
予想>結果=EUR下落

7月20日(木)日・黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

黒田東彦日銀総裁の定例記者会見は日銀金融政策決定会合でどのような内容を離したのかを記者会見で発表する場です。

政策金利発表の時間が速い時は現状維持、遅い時はサプライズがあるといわれていますが、あくまでもそのような傾向にあるというだけなので取引をする際はしっかりと相場を確認してください。

日本時間15:30発表
※事前に開かれた日銀金融政策決定会合にも注目しておきましょう。

7月20日(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計に代表されるように雇用関係の指標は為替相場に大きなインパクトを与えることが多く、投資家が注目している指標の一つです。新規雇用者数と失業率はオーストラリアでの雇用統計と言っても過言ではなく、統計局が毎月中旬に発表しています。

新規雇用者数とは該当の月に新たに雇用された人の数で、失業率は働く意思があるのに仕事がない人の割合のことです。雇用統計は個人消費に直結し、雇用者数が少なかったり失業率が大きいと個人消費が冷え込み景気が後退します。そのため為替レートに大きな影響を与えるのです。

指標発表直後のAUDJPYの平均変動幅は34pipsとなっています。数値が良ければAUDは買われ、悪ければ売られますが指標発表後の値動きは予想と結果との乖離が激しい時に大きく動くので指標が発表される際に取引をするときは注目しておきましょう。

日本時間10:30発表 予想値:-
新規雇用者数
予想<結果=AUD上昇
予想>結果=AUD下落
失業率
予想<結果=AUD下落
予想>結果=AUD上昇

7月20日(木)EU・欧州中央銀行(ECB)政策金利

政策金利とは中央銀行が銀行にお金を貸し出すときの金利のことでユーロ圏の政策金利はECBが決定しています。金利は為替に与える影響が大きいので注目の指標です。

指標発表著p供御の為替レートの平均変動幅はEURJPYで16pipsですが、特に重要な発表がなければ全く反応しないこともあるので注意してください。

日本時間20:45発表
政策金利について重要な発表があれば大きく動く可能性があるのでチャートはしっかりと確認しておいてください。

7月20日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とpは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で毎週発表されます。雇用統計程ではないものの発表後の為替相場の変動はADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されますが時期的な要因などで件数が増えることもあります。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD下落
予想>結果=USD上昇

7月24日(月)米・中古住宅販売件数

中古住宅販売件数とはその月に所有者移転が完了利他中古住宅の販売件数のことで、景気変動に対する先行性が高いため注目されている指標の一つです。

中古物件は季節的な影響が少なく、景気が良ければ件数が多く悪ければ少なくなります。過去数ヶ月の数字が悪ければ先行きに不安が出てきます。

日本時間23:00発表 予想値:-
予想<結果=USD上昇
予想>結果=USD下落

7月26日(水)英・四半期国内GDP(速報値)

GDPとはその国で新たに生み出された商品やサービスの価格の合計のことで、国の経済活動を広範囲に把握することが出来る指標で、その国の経済力を測る最も重要な指標といえるので為替に与える影響も大きくなります。

GDPには速報値・改定値・確報値の3つがありますが最も注目されるのは速報値です。指標発表直後のGBPJPYの平均変動幅は45pipsと大きくなっているので注目しておきましょう。

日本時間17:30発表 予想値:-
予想<結果=GBP上昇
予想>結果=GBP下落

7月26日(水)米・新築住宅販売件数

新築住宅販売件数は毎月商務省が発表している全米の新築住宅の販売件数や販売価格に関する指標で、新築住宅の売買契約が行われた移転の件数を表しています。

一戸建て、コンドミニアム、集合住宅を含む数ですが既に保有している土地に新築を立てた場合は含まれません。指標発表直後の為替レートの変動幅は平均で6pipsと大きくありません。

しかし中古住宅販売件数と共に景気動向の指標として注目されています。新築住宅販売件数は売買契約完了時点の指標なので新築住宅販売件の方が先行性が高いといわれています。

日本時間23:00発表 予想値:-
予想<結果=USD上昇
予想>結果=USD下落

7月27日(木)米・FOMC政策金利発表

FOMC政策金利発表とは金融政策の最高意思決定機関の連邦公開市場委員会で決定された公開市場操作の基本方針がNY連銀に向けて指令されるのです。

年に8回、約6週間ごとにワシントンの理事会議室で開催され、1日または2日開催され最終日に結果を発表します。

日本時間3:00発表 予想値:-
政策金利について重要な発表があれば大きく動く可能性があるのでチャートはしっかりと確認しておいてください。

7月27日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とpは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で毎週発表されます。雇用統計程ではないものの発表後の為替相場の変動はADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

指標発表後の為替レートの平均変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されますが時期的な要因などで件数が増えることもあります。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD下落
予想>結果=USD上昇

7月28日(金)日・失業率/有効求人倍率

アメリカの雇用統計や失業率に代表されるように雇用が為替に与える影響は大きく、数少ない日本の経済指標の中でも重要度の高い指標のひとつです。

完全失業率は全く仕事をしなかった人や仕事があればすぐに働ける人がどれくらいいたのかを表しており、有効求人倍率とはハローワークにおける求人と就職の状況をためとめて発表するものとなっています。

日本時間8:30発表 予想値:-
失業率
予想<結果=JPY下落
予想>結果=JPY上昇
有効求人倍率
予想<結果=JPY上昇
予想>結果=JPY下落

7月28日(金)米・GDP国内総生産(速報値)

GDPとはその国で新たに生み出された商品やサービスの価格のことで3か月に1回アメリカの商務省が発表しています。雇用統計などと並びとても重要な指標のひとつで速報値の注目度は最も高くなっています。

GDP速報値が発表された直後の為替相場の平均変動幅は13pipsですが、予想よりも大きく上下すれば30pips以上動くこともあります。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USD上昇
予想>結果=USD下落

7月31日(月)EU・失業率

失業率とは働く意思がある人のうち仕事がない人の割合を表したものです。ユーロの失業率は欧州委員会が毎月作成し、翌々月の上旬に発表しています。ユーロ圏の失業率は景気の良い時で7%前後、悪い時で12%前後です。

指標発表直後の為替相場の平均変動幅はEURJPYで8pipsとなっています。ユーロ圏では失業率が10%を上回るか下回るかで景気状況を判断する材料となりますが、2012年以降は10%を上回ることが多くなっています。

失業率が上がればユーロが売られ、失業率が下がればユーロ買いに繋がりますが、指標発表直後の為替変動については予想値と結果の差で決まるので数値が良いからと言って必ずしもユーロ高になるわけではないということに気を付けましょう。

日本時間18:00発表 予想値:-
予想<結果=EUR下落
予想>結果=EUR上昇

経済指標を狙って取引すれば勝てる可能性あり!

今回は7月前半に発表されるオススメの経済指標について紹介しました。本格的に夏になるとお祭りなども増えると思うので、今のうちに資産運用してお金がない!というようなことにならないようにしましょう。

初めて取引をするという方は今回紹介した経済指標が発表されるタイミングで取引を行うのがベストです。なぜなら経済指標が発表される時は相場が上か下かの一方向にしか動かないので分かりやすいため。

ここでは管理人オススメの海外業者を紹介しているので、資産運用でバイナリーオプションをやってみようかなと思っている方はぜひ登録して利用してみてください。

オプションビット

オプションビット

オプションビットは独自のシグナルツールであるアルゴビットや自動取引ツールのフォロートレードが使える業者です。シンプルな操作方法で予想的中率も高く、初めて取引をする方にオススメ。
アルゴビットの他に高機能チャートもあるので初心者だけでなく分析しながら取引したい人にもピッタリ。出金の際は銀行送金であれば1日出金も可能という信頼性の高い業者です。

オプションビットの登録・公式サイトはコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。2chでも出金報告が多いので、多くの方が出金できることが証明済み。
ペイアウト率2倍の取引もあり、ハイリターンを狙って一気に利益を出すことも可能。オーストラリア金融当局にも認可を受けて運営しているので安心して利用できる業者です。

ハイローオーストアリアの登録・公式サイトはコチラ

カテゴリ:ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2017/09/24

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

オプションビット

オプションビット

サイトの特徴

オプションビットは自動取引ができるフォロートレード相場を予想してくれるアルゴビットなどの便利な取引ツールが使える業者です。お得なクーポンコードを使えば初回入金ボーナスもアップするのでぜひチェックしてください!

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
約1.75~5.50倍
評価された数
802件
口コミ件数
94件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
710件
口コミ件数
239件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
392件
口コミ件数
126件

高評価の理由を見る

登録はコチラ