>  > 米国追加利上げの可能性大!?6月に注目の経済指標とは?
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】今後の為替予想と重要攻略ポイント

世界のニュースや経済指標から今後の為替の動きを予想して、攻略のポイントを紹介しています。ぜひバイナリーオプション取引の参考として役立ててください。

米国追加利上げの可能性大!?6月に注目の経済指標とは?

6月為替予想

6月に入り、そろそろ梅雨時期も近くなりじめじめと嫌な気候になるころですね。沖縄は既に梅雨入りをしているそうです。今年は6月8日頃にはもう梅雨入りする可能性も高いといわれています。

外に出る機会もあまりなくなるため少し退屈になってしまうかもしれませんが、家にいる時こそバイナリーオプションで利益を出すチャンスです。

しかも6月はアメリカが追加利上げを行う可能性が高いとしているため更に取引チャンスと言えるでしょう。ここでは追加利上げに関する情報や6月前半に発表される経済指標について紹介していきます。

アメリカが追加利上げを行う可能性が高い!?

6月為替予想

5月25日の午前3時にFOMC議事要旨が発表されましたが、その中でFRBが6月に追加利上げに踏み切る可能性が高いということを示唆しました。

今年は3月に1度利上げを行い、今後利上げを行うなら6月と9月と言われていましたが、今回の発言で6月に利上げを行う可能性が高くなったのです。

ただあくまでも利上げを行うのは今後発表される経済指標が想定通りであればという話。ただ現在のアメリカの経済は物価を除けばよい数値を出しています。

このことを考えるとアメリカが追加利上げを行う可能性は高いと言えるでしょう。そのためにもまずは6月2日に発表される雇用統計に注目しておく必要があります。

利上げをするかしないかはこの経済指標にかかっている!?
【重要】6月2日(金)米・雇用統計
【重要】6月14日(水)米・消費者物価指数

6月前半の注目すべき経済指標はコレ!

6月為替予想

それでは6月前半に注目するべき経済指標を紹介していきたいと思います。ここでは6月1日~6月16日までに発表される重要度の高い経済指標を紹介しているのでぜひチェックしておいてください。

6月前半注目の経済指標一覧
6月1日(木)豪・小売売上高
6月1日(木)米・ADP民間雇用者数
6月1日(木)米・新規失業保険申請件数
【重要】6月2日(金)米・雇用統計
6月6日(火)豪・豪中銀(RBA)政策金利発表
6月8日(木)EU・欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
6月8日(木)米・新規失業保険申請件数
6月13日(火)EU(独)・ZEW景況感指数
6月14日(水)英・失業率/失業保険申請件数
【重要】6月14日(水)米・消費者物価指数
6月14日(水)米・小売売上高
6月15日(木)米・FOMC政策金利発表
6月15日(木)豪・新規雇用者数/失業率
6月15日(木)英・小売売上高
6月15日(木)英・英中銀(BOE)政策金利発表
6月15日(木)米・新規失業保険申請件数
6月16日(金)米・建設許可件数

6月1日(木)豪・小売売上高

小売売上高とは小売業の売上高のことです。オーストラリアの小売売上高は統計局が毎月上旬に発表しています。小売売上高にはレストランやファーストフードなどの飲食店から百貨店、家具、家電、スポーツ用品、化粧品、書籍、日用品、娯楽品などあらゆるものが含まれます。

指標発表直後のAUDUSDの平均変動幅は16pipsとなっており、スプレッドのある取引でも勝てる可能性は高くなっています。為替レートが動くかどうかは事前の予想との差で決まるので予想に対して結果がどうなったのかをしっかりと確認するようにしましょう。

日本時間10:30発表 予想値:0.3%
予想<結果=AUDは上昇
予想>結果=AUDは下落

6月1日(木)米・ADP民間雇用者数

為替相場が最も大きく動く可能性がある指標はアメリカの雇用統計ですが、雇用統計にはもう一つADP雇用統計があります。ADP雇用統計はADP社という民間の給与アウトソーシング会社が発表している雇用調査です。

雇用統計の2日前の水曜日に発表される指標で、労働省が発表する非農業部門雇用者数雇用統計の先行指標として注目されています。ただし、ADP雇用統計の数字が良くても本番の雇用統計の数字が悪い時もあるため注意してください。

発表直後の為替相場の平均変動幅はUSDJPYで12pipsとなっており、それなりに注目されている指標です。ADP雇用統計と雇用統計のインパクトは全く違うので、ADP雇用統計の結果を見て雇用統計の動きを予測するのは難しいので参考にする程度にすると良いでしょう。

日本時間21:15発表 予想値:18.0万人
予想<結果=AUDは上昇
予想>結果=AUDは下落

6月1日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカの労働省が発表しています。新規失業保険申請件数も雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場の変動を見るとADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

新規失業保険申請件数は失業者のうちどれくらいの人が失業保険を受け取り、どれくらいの人が再就職できたのかを見極める指標です。雇用統計やADP雇用統計は月に1度の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの冷え金変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されていますが、7月は工場が修理点検のために閉鎖され、その関係で件数が増えるなど季節要因も考えられます。

日本時間21;30発表 予想値:23.9万人
予想<結果=USDは下落
予想>結果=USDは上昇

【重要】6月2日(金)米・雇用統計

雇用統計とはアメリカの雇用に関する指標のことで、景気動向を計るうえで最も重要な指標です。毎月第一金曜日の夜にアメリカ労働省が発表思案す。FX取引をしている人であれば絶対に聞いたことのある雇用統計ですが、雇用統計と言う指標があるわけではありません。

非農業部門雇用者数や建設業就業者数、製造業部門雇用者数など10数項目の指標をまとめて雇用統計と呼び、この中でも特に重要視されるのがこの日に発表される「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。

雇用統計発表直後の為替相場の平均変動幅はUSDJPYで42pipsと大きく変動します。最も為替相場に大きな影響を与える指標なので平均値でもかなり大きな数字になり、極端に予想との数値が離れていたり、前月分の修正幅が大きいと一瞬でドル円が1円以上動くこともあるのです。

数値が15万人を超える景気が良いとされてますが、相場変動幅は予想とどれくらい離れているかで決まります。FXやバイナリーオプションで取引をしているトレーダーにとっては毎月のイベントですので第一金曜日の夜は注目しておきましょう。

日本時間21:30発表 予想値:18.5万人/4.4%
予想<結果=USDは上昇
予想>結果=USDは下落

※雇用統計の結果が景気の良いものと判断された場合、利上げをする可能性はあがります。そうなると投資家たちの期待感が高まってドルが多く買われる可能性も出てくるので景気が良ければUSDJPYなどで積極的に「HIGH」を狙って取引をしてみてください。

6月6日(火)豪・豪中銀(RBA)政策金利発表

政策金利とは中央銀行が銀行に融資する際の金利のことです。オーストラリアの政策金利は毎月第一火曜日にRBA(オーストラリア準備銀行)が発表しています。RBAは年率2~3%のインフレ目標を設定しており、インフレ率が高い場合には利上げし、インフレ率が低い場合には利下げするのです。

政策金利は為替相場に与える影響が大きいため、注目の指標となっています。指標発表時のAUDJPYの平均変動幅は27pipsと大きく動く可能性があることが分かるでしょう。注目度が高い重要な指標ですので、変動幅も大きくなります。特に事前の予想に反し、利上げや利下げが行われたときには一瞬で1円以上動くこともあります。

日本時間13:30発表 予想値:1.5%
利上げについての発言があった=AUDは上昇
利下げについての発言があった=AUDは下落

6月8日(木)EU・欧州中央銀行(ECB)政策金利発表

政策金利とは中央銀行が銀行にお金を貸し出すときの金利のことでユーロ圏の政策金利はECBが決定しています。金利は為替に与える影響が大きいので注目の指標です。

指標発表直後の為替レートの平均変動幅はEURJPYで16pipsですが特に重要な発表がなければ全く反応しないこともあるので注意してください。

日本時間20:45発表
政策金利について重要な発表があれば大きく動く可能性があるのでチャートはしっかりと確認しておいてください。

6月8日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカの労働省が発表しています。新規失業保険申請件数も雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場の変動を見るとADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

新規失業保険申請件数は失業者のうちどれくらいの人が失業保険を受け取り、どれくらいの人が再就職できたのかを見極める指標です。雇用統計やADP雇用統計は月に1度の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの冷え金変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されていますが、7月は工場が修理点検のために閉鎖され、その関係で件数が増えるなど季節要因も考えられます。

日本時間21;30発表 予想値:23.9万人
予想<結果=USDは下落
予想>結果=USDは上昇

6月13日(火)EU(独)・ZEW景況感指数

ZEW景況指数とは民間調査会社ZEWが発表している景気に関する統計のことで、ZEWはドイツの欧州経済研究センターです。ZEWは毎月中旬にユーロ圏を対象にした景況指数とドイツを対象にした景況感指数を発表しています。

機関投資家や金融機関に「6か月先の景気」に関する質問を行い、全体の景況感を調べています。主にドイツの景況感ですが、ユーロはドイツの影響が大きいため注目されます。

指標発表後の為替変動幅はEURJPYで平気10pipsです。景気が良くなる見通しが上がれば消費も上がり実際に景気も良くなってくるので、景況感指数は景気の先行きを占うために重要な指標になります。

日本時間18:00発表 予想値:-
予想<結果=EURは上昇
予想>結果=EURは下落

6月14日(水)英・失業率/失業保険申請件数

失業率とは働く意思があるのに仕事が見つからない人の割合のことで、イギリスの失業率は国家統計局が毎月中旬に発表しており「失業者÷労働人口×100」で表されます。失業率と同時に失業保険申請件数も発表されており、アメリカの雇用統計などと同じように雇用関係の指標は相場への影響が大きいのです。

失業率が高かったり失業保険申請件数が多ければその国の通貨が売られますが、指標発表直後の動きは数値の良し悪しではなく、事前の予想と結果との差で決まるので事前にポジションを持つ人は予想が実際より高いのか低いのかで判断する必要があります。

指標発表直後のGBPJPYの平均変動幅は35pipsです。失業率と失業保険申請件数の両方の数字が反映された結果なので変動幅は大きくなることを覚えておきましょう。

日本時間17:30発表 予想値:-
予想<結果=GBPは下落
予想>結果=GBPは上昇

【重要】6月14日(水)米・消費者物価指数

消費者物価指数(CPI)は消費者物価の変動を表す指標で、インフレに関する重要な指標で毎月15日頃にアメリカの労働省が発表しています。CPIにはCPIとCPIコアがあり、CPIコアは食品やエネルギーを除いた指数です。CPIは実際に消費者が物を買う段階での指標なので景気動向を探る最重要指標とも言えます。

アメリカはインフレ目標を設定しており、CPIが低ければ購買意欲を刺激する多面い利下げを行う可能性があります。逆に数値が良ければ利上げを行う可能性があるのです。CPIは各国でも発表されている数値で、どの通貨でも影響を受けるので覚えておくと良いでしょう。

発表後の為替相場変動幅は平均で11pipsとなっており、それなりに影響が大きい指標と言えます。数値は前月比と前年比が発表されますが、前年比でマイナスになった場合はインフレではなくデフレになったことを意味し、経済状況が悪いということなのでUSDは売られる可能性が高くなるでしょう。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USDは上昇
予想>結果=USDは下落

※消費者物価指数が良ければ6月での利上げはほぼ確実と言っても良いかもしれません。雇用統計の時と同じように投資家の期待感は高まるはず。良い結果が出たらUSDJPYでは上昇する可能性が高いのでぜひ狙ってみてください。

6月14日(水)米・小売売上高

小売売上高はデパートやスーパーなどの売上高のこと。小売売上高は個人消費に直結し、GDPに大きな影響を与えるので重要な指標のひとつです。前月比や前年比の数字がプラスになっていれば景気が良くなっている証拠。

発表時の平均変動幅はUSDJPYで14pipsほどとなっています。小売売上高は季節要因や天候の良し悪しによって前月比、全日共に大きく上下する可能性があるので要注意です。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想<結果=USDは上昇
予想>結果=USDは下落

6月15日(木)米・FOMC政策金利発表

FOMC政策金利発表とは金融政策の最高意思決定機関の連邦公開市場委員会で決定された公開市場操作の基本方針がNY連銀に向けて指令されます。

年に8回、約6週間ごとにワシントンの理事会議室で開催され、1日または2日開催され最終日に結果を発表します。

日本時間3:00発表 予想値:1.00%~1.25%
利上げについて前向きな発言がされた=USDは上昇
利上げについての発言が特になかった=USDは下落

※事前に発表されていた雇用統計と物価指数の結果次第で利上げをするかどうかが決まるので、雇用統計の結果が良かったかどうか、物価指数は高いかどうかをチェックしておきましょう。

利上げを行えばUSDJPYは大きく上昇するでしょうし、利上げを行わなければ投資家の期待感は弱まりUSDは売られ、USDJPYは大きく下落する可能性があります。

6月15日(木)豪・新規雇用者数/失業率

アメリカの雇用統計に代表されるように雇用関係の指標は為替相場に大きなインパクトを与えることが多く、投資家が注目している指標の一つです。新規雇用者数と失業率はオーストラリアでの雇用統計と言っても過言ではなく、統計局が毎月中旬に発表しています。

新規雇用者数とは該当の月に新たに雇用された人の数で、失業率は働く意思があるのに仕事がない人の割合のことです。雇用統計は個人消費に直結し、雇用者数が少なったり失業率が大きいと個人消費が冷え込み景気が後退します。そのため為替レートに大きな影響を与えるのです。

指標発表後のAUDJPYの平均変動幅は34pipsとなっています。数値が良ければAUDは買われ、悪ければAUDは売られますが、指標発表後の値動きは予想と結果との差が激しい時に大きく動くので指標が発表される際に取引をするときは注目しておきましょう。

日本時間10:30発表 予想値:-
新規雇用者数
予想<結果=AUDは上昇
予想>結果=AUDは下落
失業率
予想<結果=AUDは下落
予想>結果=AUDは上昇

6月15日(木)英・小売売上高

小売売上高はデパートやスーパーなどの売上高のこと。小売売上高は個人消費に直結し、GDPに大きな影響を与えるので重要な指標の一つです。前月比や前年比の数字がプラスになっていれば景気が良くなっています。

指標発表直後のGBPJPYの平均変動幅は24pipsとなっており、小売売上高は季節要因や天候の良し悪しによって前月比、全日共に大きく上下する可能性があるので要注意。

日本時間17:30発表 予想値:-
予想<結果=GBPは上昇
予想>結果=GBPは下落

6月15日(木)英・英中銀(BOE)政策金利発表

イギリスの政策金利はBOE(イングランド銀行)が毎月上旬に発表しています。BOE総裁と2名の副総裁、6名の委員の計9名によって決められています。

日本、アメリカ、ユーロ圏の国は低金利が続いている国が多いですが、景気がよくなれば金利も上がっていきます。金利が上がれば為替が上昇方向へと大きく動くの注目しておいて損はありません。

指標発表直後のnGBPJPYの平均変動幅は28pipsと大きくなっています。金利の変更が行われていないとは言え、平均でここまで大きく動いているということはバイナリーオプションでも利益を出すチャンスでしょう。

日本時間20:00発表 予想値:-
景気が良いという発言があった=GBPは上昇
景気が悪いという発言があった=GBPは下落

6月15日(木)米・新規失業保険申請件数

新規失業保険申請件数とは失業した人が初めて失業保険給付を申請した件数で、毎週アメリカの労働省が発表しています。新規失業保険申請件数も雇用統計程ではないものの、発表後の為替相場の変動を見るとADP雇用統計と同等のインパクトがあります。

新規失業保険申請件数は失業者のうちどれくらいの人が失業保険を受け取り、どれくらいの人が再就職できたのかを見極める指標です。雇用統計やADP雇用統計は月に1度の発表ですが、失業保険申請件数は週に1回発表されるためリアルタイムな景気動向がつかめます。

指標発表後の為替レートの冷え金変動幅はUSDJPYで15pipsと大きな値動きです。この指標は景気の動向に影響されるため先行指標として注目されていますが、7月は工場が修理点検のために閉鎖され、その関係で件数が増えるなど季節要因も考えられます。

日本時間21;30発表 予想値:23.9万人
予想<結果=USDは下落
予想>結果=USDは上昇

6月16日(金)米・建設許可件数

建設許可件数とは自治体などへの申請が必要な地域の建設許可件数のことで、住宅着工件数と共に発表されています。

指標発表時はUSDJPYで10pips程動き、極端に良い数字、悪い数字が出たときは大きく動く可能性もあるので住宅着工件数と合わせてしっかりと注目しておきましょう。

日本時間21:30発表
予想<結果=USDは上昇
予想>結果=USDは下落

経済指標を狙って取引すれば勝てる可能性はある!

今回は6月前半に発表されるオススメの経済指標について紹介しました。また6月の15日の早朝にはFOMC政策金利発表が行われます。

6月前半のバイナリーオプションの攻略法としてはFOMCが発表されるまでは経済指標を狙ってコツコツと取引を行い、FOMCが発表されてから利上げが行われるかどうかでどちらに投資をすればいいのかを絞りましょう。

FOMCで利上げが行われると発表があればUSDJPYは上昇していきますが、利上げについては早いと言われたり特に触れなければUSDJPYは下落していく可能性が高いです。

まずは雇用統計と物価指数をしっかりとチェックして利上げが行われるかどうかをしっかりと予想してみましょう。もし利上げが行われればしばらくは上昇相場が続くと思うので管理人オススメの海外業者で取引をしてみてください。

オプションビット

オプションビット

オプションビットは独自のシグナルツールであるアルゴビットや自動取引ツールのフォロートレードが使える業者です。シンプルな操作方法で予想的中率も高く、初めて取引をする方にオススメ。
アルゴビットの他に高機能チャートもあるので初心者だけでなく分析しながら取引したい人にもピッタリ。出金の際は銀行送金であれば1日出金も可能という信頼性の高い業者です。

オプションビットの公式サイト

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。2chでも出金報告が多いので、多くの方が出金できることが証明済み。
ペイアウト率2倍の取引もあり、ハイリターンを狙って一気に利益を出すことも可能。オーストラリア金融庁にも認可を受けて運営しているので安心して利用できる業者です。

ハイローオーストラリアの公式サイト

カテゴリ:ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2017/08/21

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

オプションビット

オプションビット

サイトの特徴

オプションビットは独自のシグナルツールの「アルゴビット」が使える業者です。シンプルな操作方法で、しかも予想的中率も高いという便利な取引ツール。1日出金も可能という信頼性の高い業者でもあります。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
約1.75~5.50倍
評価された数
793件
口コミ件数
87件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
700件
口コミ件数
239件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
387件
口コミ件数
126件

高評価の理由を見る

登録はコチラ