>  >  > coincheck(コインチェック)の詳細情報をチェックしよう!
 
Zaifなら安全・安心な仮想通貨取引が可能!

【Pickup】オススメ仮想通貨取引所

今、イチ推しの仮想通貨取引所を紹介です!貴方は安全性をとりますか?多様性をとりますか?

coincheck(コインチェック)の詳細情報をチェックしよう!

コインチェック

2014年頃から少しずつ話題になっている仮想通貨ですが、現在ビットコインは100万円に近づくのではないかと言われるほどです。

多くの企業デモ仮想通貨での支払いができるようにと整備をする目ていることで今後も注目度は高まってくると予想されます。

ビットコインを含めた仮想通貨を購入するには取引所に登録する必要がありますが、取引所は日本国内でも多くあるためどこに登録すればよいか分からないという方は多くいるはず。

今回は取引所の一つである「coincheck(コインチェック)」について調べた結果を紹介していくのでどの取引所に登録しようか迷っているという方はぜひ参考にしてください。

coincheck(コインチェック)の会社概要を確認しよう

コインチェックについて

■会社名(商号) コインチェック株式会社 (Coincheck,inc.) ■所在地 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F ■事業内容 仮想通貨交換事業 ■URL https://coincheck.com/ja/

コインチェックは2017年5月~8月の間でビットコイン取引高1位となり、2017年9月にはアプリ利用者数1位にもなった取引所です。

金融庁への登録はまだ完了していないため投資家の中にはそれを問題視する声もあります。しかしこれはコインチェックが怪しい取引所だからというわけではありません。

後述しますがコインチェックは日本国内でも最多の通貨を取り扱っている取引所ということで審査に時間がかかっているとのこと。

その証拠に、2017年10月にはコインチェックが金融庁に登録される見通しであるということが発表されたことを考えると安心感も増すのではないでしょうか。

コインチェックに興味があるという方や一度サイトを見てみたいという方はURLをクリックして公式サイトを確認してみてください。

取扱い仮想通貨は?

コインチェックの取扱い仮想通貨

コインチェックは仮想通貨交換事業を行っているためもちろんのこと仮想通貨を取り扱っています。仮想通貨にも様々ありますが、どのような仮想通貨を取り扱っているのかを知っておきましょう。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ゼム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュコイン(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

コインチェックの公式サイトに記載されている取扱い仮想通貨はビットコインを含めて13種類ですが、今後も仮想通貨が分裂すれば増えていく可能性は高くなります。

多くの仮想通貨があるため初めて取引をする方にとっては迷ってしまうかもしれませんが、慣れてくれば自分の取引したい通貨を利用できるため長期間使える取引所と言えるでしょう。

手数料は何にどのくらいかかるの?

仮想通貨で取引を行う場合、手数料もしっかりチェックしておかなければ利益が少なくなってしまう可能性があります。ここではコインチェックのサイトを参考にしながら入出金や取引などにかかる手数料を確認してみました。

▼入出金手数料

入出金手数料

まずは入出金手数料です。コインチェックでは銀行振込やコンビニ入金、クイック入金を利用することが出来ます。しかも銀行振込の場合は米ドルでの入出金も可能です。

今のところ日本円での銀行振込での入出金が安く済むかもしれませんね。米ドルでの入出金は入出金共に2,500円相当の手数料が必要になるので注意してください。

ビットコイン入金手数料

またコインチェックに入金する際は仮想通貨でも入金することが出来ます。既に仮想通貨を持っていて、ウォレットなどからコインチェックに入金する際には基本的に手数料は無料です。

またビットコインのみの取り扱いになりますが高速入金と言うものがあります。これには0.002BTC必要ですが、1BTC=80万円の場合1,600円の手数料が必要です。

あまり手数料を取られたくないという方はできれば高速送金などは使わず仮想通貨で送金した方が良さそうですね。

▼取引所手数料

取引手数料

現在コインチェックは手数料無料のキャンペーンを行っています。Takerとは板に並んでいる注文を取る事で、Makerは板を新たに作る事です。

「テイク=注文を取る」「メイク=注文を作る」と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。この注文を取る際と作る際の手数料が現在は無料となっているのです。

キャンペーン期間の終了は告知されていませんが終了の2週間前には告知すると記載しているので、いきなり手数料が発生したという風にはならないので安心できるでしょう。

スワップ手数料

またコインチェックでは仮想通貨でレバレッジ取引を行うことが出来ます。手数料についてはポジションごとに計算されるのでしっかりと手数料を確認しながら取引してください。

▼送金手数料

仮想通貨送金手数料

コインチェックでは仮想通貨での送金にも対応しているため海外に仮想通貨を送金したいという場合にも使えます。送金する場合はしっかりと手数料を確認して送金するようにしてください。

ちなみにコインチェックユーザー間の送金手数料は無料です。親族などにコインチェックユーザーがいれば手軽に安く送金できますね。

コインチェックの嬉しいサービス

コインチェックは仮想通貨を売買したりレバレッジ取引をすることが出来ますが、実はそれ以外にも仮想通貨で様々な使い方ができるのです。

電気料金をビットコインで支払い可能!

ビットコインで電気料金支払い

コインチェックでは電気料金をコインチェックで支払えばお得に節約できる可能性があります。現在コインチェックにある電気料金の支払いプランは「ビットコイン付与プラン」「ビットコイン決済プラン」です。

ビットコイン付与プランは今までと同じように現金で電気料金を支払うものですが、電気料金の1~7%がビットコインとしてコインチェックのウォレットに毎月貯まっていきます。

ビットコイン決済プランは電気料金をビットコインで決済するというプランです。このプランを利用した場合は電気料金が1~7%割引された価格になります。

現在は北陸電力、四国電力、沖縄電力、その他離島以外のほぼ全国の電力会社で提携しているため、コインチェックにウォレットがあるという方はぜひ利用してみてください。

割引率・付与率 ■北海道電力 30A:1% 40A:4% 50A:6% 60A:7% ■東北電力 40A:3% 50A:4% 60A:5% ■東京電力 従量電灯B 40A:4% 従量電灯B 50A:5% 従量電灯B 60A:6% 6従量電灯C:6% ■関西電力、中国電力 平均使用量350kWh以上:5% ■九州電力 40A:3% 50A:4% 60A:5%

コインチェックで電気料金を支払うには「Coincheckでんき」に登録する必要があります。コインチェックに登録している人は誰でも利用できるのでまずはコインチェックに登録しましょう。

またCoincheckでんきを利用するためには「スマートメーター」と言うものが必要になりますが、これはコインチェックに依頼すれば無料で交換してくれるとのことです。

お得に電気料金を支払いたいという方はぜひCoincheckでんきを利用してみてください。

ビットコインで寄付ができる!

ビットコインで寄付

コインチェックではビットコインで寄付を行うことが出来ます。このサービスを利用すればコインチェックがユーザーから寄付されたビットコインを日本円にして寄付を行ってくれるというサービスです。

また海外への寄付の場合は送金手数料が安いという利点を使ってビットコインで寄付をするとのこと。2017年11月時点で51.44832551BTCが寄付されています。これは日本円にすると4,000万円相当です。

現在は青森県弘前市にある弘前公園の桜を守るための寄付や台湾や熊本、イタリアで起こった地震の被災者支援の寄付も行っているようです。

コインチェックに問い合わせれば寄付を主催することもできるようなので「こういうことをしたいから寄付を募りたい!」という方は問い合わせてみても良いかもしれませんね。

ビットコインで取引する前に注意すること

注意しないと痛い目見るよ

ビットコインだけでなく仮想通貨で取引をする際にはいくつか注意することがあります。まずは仮想通貨を売買する際にはなるべく損にならないように取引をしていくということ。

しかし問題はレバレッジ取引。コインチェックでは仮想通貨でレバレッジ取引が可能ですが、レバレッジの大きさに注意しなければなりません。

レバレッジがあると一気に利益が出ることもありますが、逆に一気に損失になる可能性もあるのです。購入する分には問題ないでしょうが、投資をする際には相場や仮想通貨関連のニュースをチェックしておきましょう。

また購入する際には最低購入単位の確認も必要です。コインチェックではビットコインは0.001BTCから購入できます。

その時のビットコインの価格にもよりますが、1,000円未満から購入できるので資金が少なくてもビットコインを購入できるのは嬉しいですね。

まとめ

今回はコインチェックについて調べた結果を紹介してきました。コインチェックは取引所だけでなく、電気料金の支払いができることや寄付を行っているなど仮想通貨を使って様々な事業に取り組んでいます。

利用するメリットやデメリットはあるでしょうから、しっかりと公式サイトをチェックしてコインチェックを利用するかどうかを決めましょう。

仮想通貨は注目度も高いですし、今後もビットコインは100万円を超える可能性が出てくるので保有するだけでも利用価値はあります。

仮想通貨に興味があるという方や仮想塚で投資をしたいという方はコインチェックに登録してみてくださいね。

※現在、調査中

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2018/05/21

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
792件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
465件
口コミ件数
143件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
380件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はコチラ