ハイローオーストラリア

【為替予想】3月17日~3月25日までの経済指標をチェック!

3月の経済指標

新型コロナウイルスの感染拡大により、「コロナショック」が金融市場に広がっています。

この影響により、投資家心理が異常に悪化、不安定な状況が続き、市場ではリスク回避傾向が強く、世界景気減速への懸念が高まっている状態です。

経済指標ともに経済ニュースから一般的なニュースにも注目しておきましょう。

ここでは3月17日~3月25日までに発表される注目度の高い経済指標を紹介していくので、是非参考にしてください。

3月17日(火)アメリカ・小売売上高 2月

デパートやスーパーなどの小売業の売上をベースとした値を指標として公表しており、個人消費の数値をより具体的に把握する事が出来ます。

個人消費の増大は好景気の証であり、労働局の発表値よりも過敏に相場への影響が大きくなっています。

月ごとのブレが大きいこともあり、自動車を除いたコア部分の注目度が高いです。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSD/JPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSD/JPYでは「Low」

3月19日(木)アメリカ・FRB政策金利(FOMC) 3月

FRB政策金利は、年8回の定例会合のうち4回の会合で参加メンバーによる、今後数年間の年末時点での経済成長率から失業率、物価・政策金利水準の見通しが発表されます。

米国の政策金利はフェンデラル・ファンド金利誘導目標、0.25%のレン時で目標が示されます。

しかし、金融市場の動揺を抑えるため緊急値下げに踏み切っており、円高ドル安が加速しています。

今後もコロナの影響で円高ドル安が続く可能性が高いので、経済指標をチェックしておきましょう。

日本時間03:00発表 予想値:0.75%
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSD/JPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSD/JPYでは「Low」

3月20日(金)アメリカ・中古住宅販売件数 2月

中古住宅販売件数は、所有権の移転が完了した段階で、月ごとに集計した指標です。

新築住宅に比べ、市場規模がはるかに大きく、指標が発表されればトレンドが発生する可能性が高いと言えます。

景気が良ければ件数が多くなり、景気が悪ければ件数も少なくなりますので、指標が発表されてすぐに取引するという、トレーダーは予想と数値の差に注目した方がいいでしょう。

日本時間23:00発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSD/JPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSD/JPYでは「Low」

3月24日(火)アメリカ・新築住宅販売件数 2月

新築住宅販売件数は毎月商務省が発表している全米の新築住宅の販売件数や販売価格に関する指標で、新築住宅の売買契約が行われた移転の数を表しています。

一戸建て、コンドミニアム、集合住宅を含む数ですが、既に保有している土地に新築を建てた場合は含まれません。

この指標が発表されると、トレンドが発生することもありますが、もみ合い相場になることもあります。

相場を見て予測が難しいと感じたら取引を行わないのがベストです。

日本時間23:00発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSD/JPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSD/JPYでは「Low」

3月25日(水)アメリカ・耐久財受注(速報値) 2月

耐久財受注は、耐久年数が3年以上あると定義された耐久財(自動車、家具)の新規受注額を、米商務省経済分析局が米国内の製造業約4000社を対象に集計した指標です。

数値が上昇している場合、設備投資などが進んでいることから、景気向上と判断され、ドルが買われやすくなります。

最近は予想が下回り、コロナの影響もあるので大きな動きはあまり期待できないかもしれません。

日本時間21:30発表 予想値:-
予想より結果の数値が高いとドル高になるのでUSD/JPYでは「High」
予想より結果の数値が低いとドル安になるのでUSD/JPYでは「Low」

経済指標を狙って取引すれば勝てる可能性あり!

今回は3月17日~3月25日までに発表される注目度の高い経済指標について紹介してきました。

新型肺炎による感染が、未だに広がり続けるだけでなく経済にも大きく影響を及ぼしています。

トランプ大統領はコロナ感染の拡大を抑えるため、イギリスを除くヨーロッパからの入国を停止することを明らかにしました。

この発表をきっかけに経済活動の停滞を懸念してドルを売る動きが強まり、1ドル103円台まで円高が進みましたね。

一時的な円高ドル安ではなく、しばらくはこの状態が続くでしょう。今後もトランプ大統領の発言をはじめ、経済指標、経済ニュースを要チェックしておいてください。

ここでは管理人オススメの海外業者を紹介しているので、バイナリーオプションに興味がある人はぜひ登録してください。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはスピーディな出金が可能な海外業者です。
5chでも出金報告が多いので、多くの方が出金できることが証明済み。
ペイアウト率2倍の取引もあり、ハイリターンを狙って一気に利益を出すことも可能。
信頼度の高い業者を探しているという方はこの業者です!

ハイローオーストラリアの公式サイト・登録はコチラ

トレード200

トレード200_トップ

トレード200はペイアウト率2倍固定のRETURN200があります。
最低取引額が200円ですので、普段は低額で取引を行い、経済指標が発表される時に高額でハイリターンを狙うことも可能。
取引画面でローソク足チャートの確認ができるので、簡単な相場分析を行いながら取引をすることができます。
もちろんシュッ気もスピーディですので安心です。

トレード200の公式サイト・登録はコチラ

当サイトから口座開設した方限定のシグナルツール

経済指標が発表されていないときもバイナリーオプション取引で利益を出していきたいという方は当サイトから海外業者の口座を開設したという方限定にプレゼントしている「逆張りチェッカー」がオススメです。

MT4 逆張りチェッカーのシグナル表示の見方

このツールはMT4で使える様々なインジケーターを選択するだけで簡単にオリジナルの手法を作成することが出来るシグナルツールです。

上記画像のように「予告シグナル」「確定シグナル」「予測結果」の3つがチャート上に表示されます。

MT4 逆張りチェッカーの取引検証結果の見方

またシグナルの発生数や勝率、該当手法で得られる利益も記載されているので、自分が作成した手法が利益を出せるかどうかまで確認できるのです。

対象となる海外業者は
・ハイローオーストラリア
・トレード200
・theoption
・ソニックオプション
・ザバイナリー
・ジェットオプション
・ファイブスターズマーケッツ
です。

忙しくて中々取引ができないという方やまだまだ相場分析に慣れていないという方はぜひ「逆張りチェッカー」をご利用ください。

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込
theoption(ザオプション)のキャンペーンを見逃すな!

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2020/09/22

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
861件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はこちら

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
536件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はこちら

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
518件
口コミ件数
146件

高評価の理由を見る

登録はこちら

 >  > 【為替予想】3月17日~3月25日までの経済指標をチェック!