>  > 安全に仮想通貨で投資するためにウォレットについて知ろう!
 
ハイローオーストラリア

【Pickup】オススメ仮想通貨取引所

今、イチ推しの仮想通貨取引所を紹介です!貴方は安全性をとりますか?多様性をとりますか?

安全に仮想通貨で投資するためにウォレットについて知ろう!

仮想通貨ウォレットについて

2018年1月26日に仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)で580億円相当のNEMがハッキングされる事件がありました。

2014年のマウントゴックス事件を超える被害額だったということもあり、仮想通貨の取引に不安を抱いた方も多かったのではないでしょうか?

そこで安全に仮想通貨の投資をするために取引所に預ける場合のリスクやウォレットに保管管理とその種類、各ウォレットのメリットデメリットを解説していきたいと思います。

取引所に預けるのはリスキー!

取引所って実はリスキー

今回のコインチェックのNEM流出事件で取引所に預けっぱなしにしておくのは危険だと感じた方もいるかもしれません。ここでは取引所に預ける際の注意点などを解説していきます。

取引所は銀行ではない

顧客に対する仮想通貨取引所のサービスとしては、仮想通貨の販売所もしくは取引所、そして顧客の仮想通貨の保管、送金などがあります。

一見銀行のような役割があるように感じますが、基本的には販売所や取引所としての機能が主であり、金庫番と言えるほど強固なセキュリティ体制ではないところが多いです。

従ってあくまでも顧客自身がウォレットに保管するなど、自己責任において管理しなければならないことが銀行と異なる点と言えます。

基本的に保証はしてくれない

仮想通貨取引所は銀行ではないため、顧客から預かった仮想通貨の保証は基本的にしてくれないと考えた方が良いでしょう。

コインチェックの事件ではたまたまこの取引所が潤沢なキャッシュを持っていたため返金に応じることとなりますが、元々そのお金は補償のために用意していたものではありません。

現在はNEM流出事件を受けて保険会社と提携して保証をするという動きもあるので今後は安心できる可能性は十分にあります。

ウォレットで管理すればリスクは減る

リスク減退!

仮想通貨を安全に保有するためにもどうすれば良いかを見ていきたいと思います。ここではウォレットで管理することについてみていきましょう。

仮想通貨の入ったお財布に鍵をかける

ウォレットに自分の仮想通貨を保管しておけば取引所に預けておくよりもずっと安全です。ウォレットは仮想通貨を入れるお財布のようなものでウォレット自身に鍵をかけておくということになります。

すぐに出し入れが必要な少額を取引所に保管し、残りをウォレットに保管しておけば、万が一取引所がハッキングにあったとしても被害を最小限に抑えることができるというわけです。

仮想通貨自体に鍵をするわけではない

後述しますが、ウォレットにはいくつかの種類があります。ただそれぞれのウォレットに共通していることはウォレットに鍵をかけるのであり、仮想通貨自体に鍵をかけるわけではないということです。

ウォレットは全部で5種類ある!

それではウォレットの種類を紹介していきたいと思います。それぞれのウォレットの特徴とメリット・デメリットを理解して自分に合ったウォレットを利用しましょう。

WEBウォレット

WEBウォレットとは

仮想通貨取引所などのサイト運営者のサーバー内で管理しているものがWEBウォレット(ウェブウォレット)です。

基本的には仮想通貨の管理はサイト運営者任せになるので管理の手間はかかりませんし、PCやスマホからいつでもどこでもウォレットを操作することができるので出し入れが容易であるという点がメリットとなります。

その分運営者のサーバーに何かあった場合は持っている仮想通貨を動かすことができないのがデメリットです。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレット

仮想通貨専用のソフトウェアをダウンロードし、そこに仮想通貨を保管するものがソフトウェアウォレットです

PCに保管されるタイプなのでネットワークに接続されていなければ安全ですし、セキュリティに優れている点がメリットとなります。

ただネットワーク接続状態だとハッキングのリスクが発生しますし、容量が大きいため、PCのハードディスクに余裕がない場合、処理が重くなるなどのデメリットがあるのでご注意ください。

モバイルウォレット

モバイルウォレット

スマートフォン用のアプリで、スマートフォン内で管理される秘密鍵によって仮想通貨を保管するのがモバイルウォレットです。

スマートフォンなので持ち運びに優れているというメリットがありますが、こちらもウェブウォレットやソフトウェアウォレット同様ネットワークの接続状態にあるとハッキングされる可能性があります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレット

コンパクトなボディに特殊なチップが内蔵されたウォレットです。ここには仮想通貨にアクセスするための暗号化された秘密鍵が入っています。

良く誤解されがちなのが、ハードウェアウォレットには仮想通貨は入っていません。あくまでも秘密鍵を保管する場所という認識が正しいです。

ハードウェアウォレットは厳重なセキュリティで管理されるため、ウィルスにも強いというメリットがありますが、デメリットとしてハードウェアウォレットを購入するための金額が高いという点でしょう。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレット

その名の通り仮想通貨にアクセスするための秘密鍵をプリントアウトして紙で保管する方法です。神なのでハッキングされる可能性はなく、最も安全な方法であると言えます。

しかし紙での保管になるため紙の劣化や紛失してしまうという点がデメリットとして挙げられるのでご注意ください。

コールドウォレットとホットウォレットの違いは?

違いが分かりません!

先ほど5つのウォレットを紹介してきましたが、ウォレットは大きく分けてコールドウォレットかホットウォレットの2つに分けられます。

ここではコールドウォレットとホットウォレットの違いについて解説していくので参考にしてください。

オンラインかオフラインか

コールドウォレットはオフライン、つまりインターネットに受持接続されておらず、仮想通貨を送受信する時以外は外部からのハッキングが起こり得ないものと言えるでしょう。

コールドウォレットは先ほど紹介した中でもハードウェアウォレットとペーパーウォレットが挙げられます。またインターネットに接続していなければソフトウェアウォレットもこちらに含まれるのです。

一方ホットウォレットは常時インターネット接続状態になっており、いつでも仮想通貨を出し入れすることができる状態のものをいいます。

WEBウォレットやモバイルウォレット、インターネットに接続している時のソフトウェアウォレットもホットウォレットとなるのです。

それぞれのメリットとデメリット

コールドウォレットの一番のメリットはオフラインなのでハッキングされる可能性が低いことですが、仮想通貨を出し入れする際はオンラインにする必要があるのですぐに出し入れできないというデメリットもあります。

逆にホットウォレットは仮想通貨をすぐに出し入れできる点がメリットであり、同時に通常ハッキングの危険が付きまとっている点がデメリットであると言えるでしょう。

したがってコールドウォレットとホットウォレットは仮想通貨の出し入れのスピードを重視するか、ハッキングの危険性を下げるかのトレードオフであると言えます。

しかしデイトレードのように頻繁に仮想通貨を売買して利益を得るというようなことをしない限りは安全性の観点からコールドウォレットにするべきではないでしょうか。

折角増やした仮想通貨もハッキングされてしまえばゼロになる可能性があるので長期で保有する場合はコールドウォレットがオススメです。

まとめ

仮想通貨に投資するうえで取引所に預けていることがとてもリスキーであるということがお分かりいただけたでしょうか?

仮想通貨はビットコインに代表されるように非中央集権的な通貨なので一括で管理する期間がなく、個人による安全な管理保管が必要です。その手段としてウォレットを使うことがリスクを抑えることに繋がります。

ウォレットについてもどんなタイプでも良いということではなく、それぞれの投資スタイルや環境に合ったウォレットをえらぶことが大事であると言えるでしょう。

また各ウォレットのメリット、デメリットも良く理解した上で限りなく安全な環境のもと、仮想通貨の投資を行っていくようにしたいですね。

ザイフ

ザイフ

ザイフではウォレットアプリを提供しています。インストールは無料で利用できますし、取引もできるので大変便利です。 ただザイフのアプリとザイフの取引所のアドレスは別ですので他の取引所へ送金する際は注意しましょう。

Zaifの公式サイト

カテゴリ:仮想通貨ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧
逆張りチェッカー無料特典申込

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2018/05/26

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
793件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
466件
口コミ件数
143件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
380件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はコチラ