>  > 仮想通貨とはきっても切れない関係のブロックチェーンって何?
 
Zaifなら安全・安心な仮想通貨取引が可能!

【Pickup】オススメ仮想通貨取引所

今、イチ推しの仮想通貨取引所を紹介です!貴方は安全性をとりますか?多様性をとりますか?

仮想通貨とはきっても切れない関係のブロックチェーンって何?

ブロックチェーンとは何か?

仮想通貨の認知度が高まるにつれてその基盤技術として使われている「ブロックチェーン」と言うキーワードを耳にする機会が増えました。

特にビットコインを支える技術として発明されたことで、ビットコイン=ブロックチェーンと誤認識している人も少なくありません。

そこで仮想通貨とは切っても切れない関係であるブロックチェーンについて、正しく理解するための解説をします。

ビットコインから始まったブロックチェーンとは?

ブロックチェーンはビットコインから始まった!

現在までの金融機関は「中央集権」と呼ばれる情報や決裁権が一極に集中している組織体系が基本の在り方でした。

すなわち世界にある数行の巨大金融機関が独占的に動かしていたと言えます。しかし2008年のリーマン・ショックでは世界経済で大きなパニックが起こりました。

そしてその後に誕生した仮想通貨「ビットコイン」は「非中央集権型」モデルとして権力を持つ中央集権によるお金の価値に左右されない新しい仕組みになります。

非中央集権とは

上述のように「中央集権」の場合は一つの組織や人によって容易に微調整を行い動かせることと同時に、もし信用を失うようなことが起こると一気に崩壊へと向いてしまうのです。

しかし「非中央集権」では一人の力や一つの組織では何もできない状況を作り出します。コミュニティが強くなることで簡単には崩れない仕組みとなるのです。

ブロックとチェーンについて

ビットコインは非中央集権による仕組みでその技術基盤はブロックチェーンであるということ。ではブロックチェーンとはどのようなものなのでしょうか。

ブロックチェーンはインターネットなどのオープンネットワーク上において信頼性を求められる金融取引や重要なデータのやり取りを実現できる「分散型台帳」の技術であるということです。

台帳に記載された取引の塊になっている1ページを一つのブロックとして、それをチェーンでつないでいるイメージとなっています。

ブロックチェーンでは改ざんができない!

ハッキング・改ざんは不可能!

ブロックチェーン技術はセキュリティ的に「改ざんされにくい」と言う最大の強みがあります。改善されにくい理由としては複数の取引情報の履歴データを時系列に並べ、ブロック形成を行うから。

更にブロックチェーン上では基本的にデータを引き出す際は公開鍵と秘密鍵の2つの鍵が必要です。銀行情報で例えると公開鍵が「口座情報」で秘密鍵が「パスワード」になります。

2018年1月に発生したコインチェック者の仮想通貨「NEM」不正流出事件では、580億円相当のNEMが不正に流出されました。

どのようにして不正流出が起きてしまったのかの理由を知らない場合「改ざんされないはずのブロックチェーンでも、改ざんされてしまうのなら危ない」と思ってしまうかもしれません。

この事件はブロックチェーンの改ざんが原因ではなく、マルウェアウイルス感染によって秘密鍵が盗まれたことが原因ではないかと言われています。

アルトコインでも応用されている

ビットコインから始まったブロックチェーンは現在あらゆるアルトコインの技術基盤として使われています。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと。

アルトコインはビットコインで言われる欠点を改善し、決済以外の目的で使われるサービスのために応用開発されています。

イーサリアムプロジェクトTOP

例えばビットコインに続く人気のイーサリアムはブロックチェーンのスマートコントラクトを実装したサービス開発のために作られているプラットフォームになります。

イーサリアムについて詳しく知りたい方はコチラ
仮想通貨時価総額第2位!イーサリアム(Ethereum)とは?
イーサリアムが購入できるオススメの取引所はコチラ
bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細情報

リップルTOP

その他人気急上昇したリップルは独自通貨としてXRPがありブリッジ通貨として送金速度や送金手数料を早く安く行えるものとしてブロックチェーン技術を応用しています。

リップルについて詳しく知りたい方はコチラ
仮想通貨「リップル」を買う!特徴・将来性・国内取引所まで完全網羅
リップルが購入できるオススメの取引所はコチラ
Bit Trade(ビットトレード)の詳細情報

ブロックチェーンを応用している企業もある!

ブロックチェーンは仮想通貨以外にも使える技術として企業が応用していることも多々あります。ここではブロックチェーンを応用したサービスをいくつか紹介します。

ダイヤモンド採掘管理「エバーレジャー」

エバーレジャー

地球上で希少価値が高く価格も高いことで犯罪も付きまとう「ダイヤモンド市場」へ一手を投じたのが、ロンドンのスタートアップ企業「エバーレジャー」。

エバーレジャーはブロックチェーン基盤としてダイヤモンド市場に分散型台帳の考え方を起用し、ダイヤモンド取引を透明なものとするサービスの開発を行っています。

スタートアップから約1年で100万個のダイヤモンドをブロックチェーンにてデータベースが実現化しているのです。

日本発のブロックチェーンソーシャルメディア「ALIS」

ALIS

2017年に海外で既にサービス展開されているソーシャルメディア「STEEM」に感銘を受け、日本向けにサービスローンチを行うためにICOを実施し資金調達に成功、2018年春にリリース予定の「ALIS」。

これまでは発進した者への評価やそれの対価は支払われる場合があったとしても、発信者や発信した内容についてアクションを起こした者が評価されることや更には対価を支払われることはほぼないことでした。

ALISではブロックチェーンの技術を使って、そう言った課題を解決するプロジェクトとして注目されています。

ブロックチェーンで音楽著作権を管理する「Ujo Music」

Ujo MUSICについて

ブロックチェーンは著作権分野で応用できる技術的特性を持っているのです。音楽著作権管理のサービスとして「Ujo Music」があります。

音楽のダウンロードやアーティストへの直接送金など、イーサリアムのスマートコントラクトを起用した仕組みとなるのです。従来型の著作権管理ではコストが非常にかかりかつ手間もかかっていました。

ブロックチェーン技術を起用したUjo Musicの考え方は仲介組織を排除することで公平性と透明性の確保を狙っており、音楽業界のあらゆる課題解決を一挙に行えるということで世界的に注目されています。

ブロックチェーンの今後に注目!

ブロックチェーンは2017年の仮想通貨の盛り上がりによって改めて注目された技術ですが、まだまだ黎明期の時代です。

2018年はブロックチェーンを応用したサービスが次々にローンチされることで、実サービスへの昇華が期待できます。

ブロックチェーンは今後も多くの企業から注目が集まる可能性があり、活用されればその仮想通貨も騰がる可能性があるため注目しておくと良いでしょう。

カテゴリ:仮想通貨ニュース 

更新情報

 
無料でデモ取引ができる業者一覧

管理人オススメ!項目別ランキング

高評価ランキング

更新日:2018/04/22

ここでは高評価ランキングTOP3の業者を比較しています。他の業者を比較したい場合は「他の業者を比較する」を選択してください。ここに表示されている項目以外の項目も比較したい場合は「もっと詳しく比較する」を選択してください。気になる業者を比較してあなたにピッタリの海外業者を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア

サイトの特徴

ハイローオーストラリアはスピーディーな出金が可能な海外業者です。銀行送金でも最短翌日に出金することができ、2chでも出金報告が多いことがポイント。またペイアウト率2倍の取引もあるのでハイリターンを狙うことができます。

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
1.80~2.00倍
評価された数
781件
口コミ件数
250件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

トレード200

トレード200

サイトの特徴

トレード200の最大の目玉は「RETURN200」というペイアウト率2倍固定の取引です。取引画面にローソク足があり解説もチェック可能。しかも銀行送金でも最短2日で出金できます。初心者にもオススメの業者です。

初回入金額
¥10000
最小取引金額
¥200
ペイアウト率
約1.73倍~2.0倍
評価された数
459件
口コミ件数
143件

高評価の理由を見る

登録はコチラ

ザオプション

ザオプション

サイトの特徴

ザオプションは独自の分析ツールのある海外業者です。しかもツール上で取引ができるためわざわざ画面を変える手間がいりません!出金もスピーディーで最短即日に出金ができるため安心して取引がしたいという方にもオススメ!

初回入金額
¥5000
最小取引金額
¥1000
ペイアウト率
最大200%
評価された数
373件
口コミ件数
10件

高評価の理由を見る

登録はコチラ